ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高重力ブロックヘッド試合エントリー
今回の更新はカルポの大会関連

高重力ブロックヘッド試合にエントリーした
今回の大会はレギュレーションが大変だ
ブロックヘッド限定でPGは7×7以内
高重力ブロックで180メートル60秒バリケード無しのエスケープ5秒
自作の機体同志で試してみたけど凄く乱戦になりやすい上にエスケープが続出する
一番武装は大抵のチームがビームを選択すると予想されるので熱暴走必死
こうなるとPGの優劣よりもハード面の選択のセンスが重要になる気がする

今回2チームまでエントリー出来るということなので2チームエントリーしてみた
一つ目のチーム名は、ぽん吉
150mm耐熱 ビーム カラカラ ECMというハード構成だ
デススフィアを積むかカラカラにするか迷ったがデスは味方が踏んだり自分で踏んだりすると痛いのでカラカラにした

ブロックヘッドをいじるのはプロローグ以来なのでたいした戦法を思いつかなかったので他の機体のPGを流用して作ることにした
PGは以前何かの大会に出した(いろいろ大会に出すぎてどの大会にどの機体出したか忘れてしまってる)6×6のPGメタルス2のものをベースに調整した
戦闘開始とともにカラカラを放出前進射撃しながら回避はジャンプ射撃で行う

今回フィールドが狭いので場外にならないようにするのが難しい
おまけに味方にジャンプでぶつかるは誤射するはまともに戦えるのか不安だ

もうひとつのチームは ぽん助
150mm耐熱 ビーム ソニック 冷却というハード構成
ソニックは重量の関係で4発しか積んでない
ブロックヘッドはミサイルもロケットもたいした数は積めないので4発あれば十分だ
このチームは防御力重視
ぽん吉同士で戦わせた時熱暴走ばかりしまくっていたため冷却OPは必須かもしれないと考え冷却装備
そうすると今度は開幕タイフーンが怖い
高重力フィールドでもタイフーンなら100メートル前後は飛ぶ
つまり開幕タイフーンを狙うチームもいるかもしれない
ということでソニック装備
このチームはジャンプ射撃を多用するため60秒でもガス欠の危険がある
重量軽減のためソニックは4発に減らしてある
フィールドが180メートルということでフォレストファイアが有効かもって思ったんだけど高重力地帯では機雷はポトポト落ちてしまうのね
無念・・・。

今回ケシカランエンブレムは割と時間がとれたために4種類用意できた

う~むカルポばっかりやってるから3DCGがすすまねぇ
しかしカルポはやめられない
やめられない止まらない、かるぽ~かるぽえびせん
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。