ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
パンツの中身はスッカスカ&何故か突然ハニービー!
現在の進行状況

現在このくらい出来ている
まったくこの娘の膝関節は困ったちゃんだ
いや正確には設定画が困ったちゃんなのだ
このロボッ娘、膝を曲げたところの設定画がない
そのため膝がどういう関節構造になっているのかわからないしどう曲がるのかも判らない
膝の部分だけゴムみたいな軟質材で出来ているのかとも考えたけど準備稿とか絵コンテ集のイラストとか見てると硬質な材料で出来てるように思えてくる
ということで膝は硬い材質で出来てるという仮定のもとに作ってみた
横から見たとこ

股関節を可動させるためにはクリアランスが必要だ
股関節にクリアランスをとるとパンツ部分の隙間から内部が覗くことになる
後ろ、膝裏が変!

でもパンツの中にメカとか人工筋肉とか詰め込むと大腿部と干渉して足が動かせなくなる
パンツの中身はスッカスカ、でも中身をつめると腿が干渉して動かせなくなる

ということでこのぐらいしか内部メカを詰め込めなかった
内部メカも設定画がないのでかなり適当
もうな~んかスッカスカ!
膝、可動のためのクリアランスを保ちつつシルエットを強引に似せてみた

膝関節だけど可動のためのクリアランスを保ちつつ強引にシルエットを設定にあわせたため膝裏がかなり変なことになってしまった
膝裏のカタチに無理が出ているがこうしないと膝を曲げた時に干渉してしまう

二重間接はあまり好きじゃないのだけれど劇中の柔軟な動きを見ると膝を二重間接にせざるを得ない
二重間接はあまり好きではないけど劇中の柔軟な動きを考えると泣く泣く二重間接にせざるを得なかった

二重間接にしないとこのぐらいしか可動しない


二重間接にしないとこのぐらいしか曲がらない
さもなくば大幅に間接のデザインをアレンジするしかない
あ、これもかなりアレンジしまくってるか・・・。

さて、続きを読むのなかにはここの所俺を夢中にさせている玩具、ハニービーのことを少し書いておく
ハニービーってのは赤外線コントロールのラジコンヘリだ
赤外線コントロールなのにラジコンて言うのはおかしいって?
ラジオコントロールのラジオには放射って意味がある
赤外線も放射されるものなので広義の意味では間違いはない
ええっとラジコンは増田屋コーポレーションの登録商標だっけ?

で俺はハニービーのアパッチとハイパータンデムとリッジセイバーを持っている
あとハニービーではないが京商のロボホッパーも持っている
今回はこの四機のレビューみたいなものを書いてみる

ハニービー アパッチ AH64ハニービー アパッチ AH64
(2007/08/05)
不明

商品詳細を見る

アパッチ

これがハニービーのアパッチ
2Chコントロールの手の平サイズのヘリだ

3ch ハイパータンデムヘリコプター ブルー3ch ハイパータンデムヘリコプター ブルー
(2008/04/26)
不明

商品詳細を見る

ハイパータンデム

これがハイパータンデム
3Chで前進、左右旋回が出来る

ハニービー リッジセイバー ブルーハニービー リッジセイバー ブルー
(2008/04/26)
不明

商品詳細を見る

リッジセイバー

これがリッジセイバー

2ch ヘリコプター ロボホッパー2ch ヘリコプター ロボホッパー
(2007/12/10)
不明

商品詳細を見る
ロボホッパー、このデザインは何とかならんかったのか?

これがロボホッパー
デザインがかっこ悪すぎるぞ!


俺は去年の暮れにタカラトミーからへりQって言うのが出てるのを知って面白そうだと思ってネットで調べてみたらヘリQはローターが折れやすいとかまともに飛ばないとかすこぶる評判が悪かった
それで評判のよかったハニービーのアパッチを買ってみたのだがこれがまた面白いの何の!
何がそんなに面白いのかっていうと操縦感覚が車やバイクなんかとはまったく違う、エースコンバットなんかで戦闘機を飛ばすのともまったく違う未体験の操縦感覚だからだ
それと小さいから部屋の中で気軽に飛ばせるというのもある
車や飛行機のラジコンだと結構広い場所が必要なのでいつでも遊べるわけではないがハニービーなら八畳程度の俺の部屋での飛ばせてしまう

ではアパッチのレビューいってみよう
これは三十分充電すると五分ほど飛ばせる
操作は非常に簡単、スロットルとラダーしかない
飛ばすのは非常に簡単だが初めて飛ばす時はチョット練習が必要だと思う
これは2Ch機なので前進はできないが実際には旋回する時に少し前進しながら旋回するのしテールローターを少しひねって調整すると鼻息前進するようになる
壁にぶつかりそうになったりするとき車やバイクならスロットルを閉じてブレーキをかけるのだがヘリだとそうはいかない
スロットルはそのままにラダー操作で回避しなければならない
これが慣れるまではなかなか難しくてついついスロットルを絞ってしまい墜落させてしまう
墜落させても心配無用
機体が軽い上に機体が発泡ポリプロピレンで出来ているためそう簡単に壊れることはない
俺は少し下手糞なせいか充電五回分ぐらい飛ばせてやっと慣れた
アパッチのラダーは旋回が速く、くるっくるっと回る
そのせいで思った方向を向かせるには当て舵を取る必要がある

次はハイパータンデム
ハイパータンデムは流石に手のひらサイズというわけにはいかない

メインローターが二つついてるためチョット大きめ
タンデムは結構操縦が難しい
スロットル操作が非常にデリケートで微妙な操作が必要な上、反応が
2テンポほど遅れるため常に機体の動きを先読みしたスロットル操作を必要とするからだ
俺はアパッチで慣れているはずなのに上手く飛ばせるまでに充電7回分ぐらいかかってしまった
しかし上手く飛ばせるようになると前進が出来るせいでかなり自由に飛ばせるためこれが一番面白い

ちなみにタンデムのモーター音はヒュイーンって感じでガスタービンエンジンに似ていてカッコイイ

旋回速度はアパッチよりも遅いためコントロールが容易だ

このタンデムは前進できるのだが俺の狭い部屋では前進にレバーを入れることはめったにない
前進に入れるとスピードが出すぎてすぐに壁にぶつかってしまう
ローターが傾いているのが判るかな?

前進に入れなくてもトリムで微速前進できるためそっちで前進させている
タンデムは飛行可能時間がかなり長く感じる
アパッチの1.5倍くらい飛行可能時間が長く感じる
飛ばしてるこっちが疲れるくらいだ


次はリッジセイバー
手のひらにのる


これはとにかく飛ばしやすい
飛行の安定感はピカイチだ
初めてこの手のラジコンヘリを飛ばすならこのリッジセイバーがお勧めだ
それとメインローターが薄くなったせいか音がやたら静か
蜂の羽音程度の音しかしない
ただ欠点がひとつ
飛行可能時間が極端に短い
計ったわけではなく体感でだがタンデムの三分の一の時間も飛べないのではなかろうか?



最後にロボホッパー
これは赤外線コントロールではなくて2.4Ghz帯の電波を使うちゃんとしたラジコン

値段が高いだけあって飛行の安定感は一番高い
旋回速度が遅く思った方向に簡単に向けられる
しかし旋回が遅すぎて緊急回避がやりにくい
それと壁際では自らのキャリブレーションで旋回が出来なくなることがある
俺はそれで何度も壁にぶつけてしまった
壁際50センチぐらいには近づけない方がいいだろう
ロボホッパーには致命的な欠点がある
カッコ悪い!
もう少し何とかならなかったのかこのデザイン!
カトキとか河森とか大河原とかにデザインさせろとか贅沢は言わないがせめてもう少し今風のデザインに出来なかったんだろうか?
いつの時代のロボだよこれは・・・。
大きさ比較

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/01(日) 04:53:44 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック