ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燃料電池車の将来性を考える&次何作るか決まったけど進まねぇ~っ!
うにゃ~ご!

あう~っ、頭の悪い爺さんと仕事するのは疲れるぜ・・・

とまあ、そんなことはどうでもいいとして


先日、保険を別の会社に移るために保険契約したんだけど最近の保険ってタブレットで契約するんだな
その時、署名をタブレットのタッチパネルにしたんだけど、保険屋が持ってたスタイラスペンが使いにくいのなんのって、ペン先がふにゃふにゃのゴムで滑りが悪くて、そのくせ強く押し付けないと反応しなくてまともに書けやしなかったんだ
結局指でタブレットに名前を書いたんだけどスタイラスペンよりはマシなものの書きにくくて何回も書きなおしてしまった
でもこれたしかに自筆のサインなんだけど、筆跡が普段ペンで紙に書くときのものと違うような?

そして・・・

その時知ってしまった衝撃の事実!
俺は自分の名前に使われてる漢字の一つを今までほんの少し間違って覚えていたのだったΣ( ̄□ ̄;)
あ~っはっはっは、イイ男は細かいこと気にしないのだっ!(笑)


とまあ、そんなことはどうでもいいとして



ISILに後藤健二さんが殺害されたけど本当は後藤健二さんは死んでないのかもしれない、というよりも後藤健二さんの殺害画像はフェイクの可能性が強いのだそうだ
ここ(グロ注意!)に詳しく書いてある
ジェームズ・フォーリー氏の殺害画像と後藤健二氏の殺害画像が乗っけられた首以外はまったく同じなのだそうだ
後藤健二さんの生死は別として、あの殺害画像はフェイクと見てほぼ間違いないのかもしれない
これは湯川さんの方も怪しいな


とまあ、そんなことはどうでもいいとして(どうでも良くないけど)オープニング行ってみよ~!




俺は考える

俺は時々、考えなくてもいいようなしょ~もないことを考えこんで思い悩んでしまう

今回は燃料電池車の将来性とかを考えてみた


ある日のことだ、母が日産が水で走る車を作ったというニュースがあったと俺に教えてくれた

水で走る車!?

俺は即座にスタンリー・メイヤーの水で走る車を思い浮かべた
二十年くらい前に月刊ムーに載っていたのを覚えている
スタンリー・メイヤーの水で走る車ってのは水をパルス電流で電気分解すると通常の電気分解よりも少ない電力で電気分解出来て、それで発生する水素でエンジンを動かす車なのだそうだ


これが本当だとするとエネルギー保存の法則に反してしまう、エントロピーの減少だ
そして石油メジャーは困ってしまう
そのためなのかスタンリー・メイヤー氏は謎の死を遂げている

日産の水で走る車はスタンリー・メイヤー氏の水で走る車と同じものなのかと思って調べてみたらぜんぜん違うものだった
日産・ルノーが開発したのは空気アルミニウム電池で動く電気自動車だったのだ
水と空気で走れる電気自動車が2017年頃にルノー・日産から実用化の見通し

空気アルミニウム電池ってのは聞き慣れない電池だけど一度放電してしまうと再充電の効かない一次電池で現在実用化されてる電池の中でもっともエネルギー密度が高いのが特徴なのだ
そして日産・ルノーが開発したこの車が水で走るというのは空気アルミニウム電池の電解液として1ヶ月~2ヶ月ごとに電解液としての水を補給する必要があるというのを母が勘違いしたらしい

俺は、この空気アルミニウム電池のシステムにかなり興味を持ってしまった
トヨタとホンダは麺料理・・・違った、燃料電池車を実用化させている
日産・ルノーの空気アルミニウム電池車とトヨタやホンダの燃料電池車、どっちがこれからの主流になっていくのだろう?

燃料電池車が普及していく問題点として水素を充填するスタンドが今はまだほんの僅かしかないということだろう
ガソリンスタンドの設置が数千万円で済むのに対して、水素ステーションは約6億円かかるらしい
これじゃあ水素ステーションの普及は絶望的かもしれない
俺がガソリンスタンドの経営者なら普及するかシないかわからない水素ステーションの設置にそんな金絶対に出さないぜ
もし設置しても維持管理がガソリンスタンドよりもかかるのではないだろうか?

水素というと爆発の危険が一番に思い浮かぶ人も多いと思うのだけど水素というのはそれほど爆発しやすいものではないのだ
水素の爆発というと飛行船ヒンデンブルグ号の事故が有名だ



だが、しかしっ!
ヒンデンブルグ号の爆発は水素によるものではない
ヒンデンブルグ号の爆発は船体外皮の酸化鉄・アルミニウム混合塗料(テルミットと同じ成分)が炎上したせいなのだ
ヒンデンブルグ号に水素ではなくヘリウムガスが詰められてたとしてもあの事故は起こったらしいのだ

でも燃料電池車にも、まったく危険がないわけではない
燃料電池車が水素を燃料タンクに貯めておく方法は3種類くらいある

ひとつは液化させて液体水素タンクに貯めておく方法、これは断熱とか燃料漏れを防ぐのが難しかったりとか結構大変らしい

もうひとつは水素吸蔵合金に吸収させて貯めておく方法
これが一番安全性が高いのだが重量がかさむし水素吸蔵合金の値段が高いし水素を吐き出させるのに加熱が必要で寒い時など始動に時間がかかりそうだ
安全だが実用には一番遠い

最後の一つは水素を液化させずに高圧ガスとして高圧タンクに貯蔵するというもの
これはトヨタとホンダの燃料電池車も採用している
水素貯蔵用の高圧タンクはトヨタのものはカーボンファイバー製、ホンダはちょっとわからなかったけど同じようなものだろう
水素貯蔵用のタンクがカーボンファイバー製なのは水素は分子が小さいため金属に浸透して脆くさせる水素脆化という現象が起こるため金属は使えないのだ
この高圧タンクだけどトヨタのものは700気圧というかなりの高圧で貯蔵してある
水素は漏れても空気より軽いから上に逃げて爆発の危険は少ないけど高圧タンクの700気圧はなんとなく破裂が怖い
爆発じゃなくて風船が割れるような破裂の危険があるような気がする
でも、カーボンファイバー製の高圧タンクは銃で撃っても大丈夫なくらいの強度があるらしい
でも感覚的にちょっと怖いな・・・


対する日産・ルノーの空気アルミニウム電池車はまったく危険がない

当たり前だ

電池に使うのは単なるアルミニウム、爆発や炎上など起こるはずもない
危険性が全くないから空気アルミニウム電池のカートリッジを売るのにガソリンスタンドのような設備はまったく必要ない
乾電池を交換する感覚で空気アルミニウム電池のカートリッジを交換できる
極端な話スーパーやコンビニでも売ることが出来るのだ
もっとも使用済みの空気アルミニウム電池カートリッジをリサイクル業者に引き取ってもらう手間がいるだろうからコンビニでは売らないかもしれないが


環境対策はどうだろうか?
燃料電池車も空気アルミニウム電池車も排気ガスをまったく出さないからエコだと思う人も多いだろうけどそんなことはない
燃料電池車は水素を作るのに水を電気分解する必要がある
空気アルミニウム電池車もアルミニウムを精製するのには電気炉が必要なのだ

燃料電池車も空気アルミニウム電池車も車からは排ガスを出さないけど水素やアルミを作るときに電力が要る
電力は発電所で作らなければいけない
要は車から二酸化炭素を出すか発電所から二酸化炭素を出すかの違いしかないのだ
俺は炭酸ガスによる温室効果には懐疑論者だが炭酸ガスはなるべく出さないに越したことはない
ならば炭酸ガスを出さない原子力発電所ってのは余計に悪い
安全性の問題は置いといても炭酸ガスは出さないが、よりタチの悪い放射性廃棄物を出してしまう

やっぱり普及しやすいのは空気アルミニウム電池車の方かなぁ
日産・ルノーは2017年までに実用化したいらしいからちょっと期待してみたい



とまあオープニング燃料電池車の将来性を考えるはこの辺にして本題に入ろう



何を作るかおもいっきり悩んだんだけど結局、士郎正宗の描く女の娘を作ることにした
どの女の子を作るのかだって?
IMG_0230.jpg
この士郎正宗の18禁画集に出てくる紫苑ちゃんという女の娘を作ることにしたのだ

IMG_0231.jpg
紫苑ちゃんはイロイロな格好をしてるのだがこのページのコスチュームでつくろうと思う

で、作り始めたのだけど何を作るか悩みすぎて時間がかかったせいで、まだこのくらいしかできていない
WS002222.jpg


WS002221.jpg
士郎正宗は正面顔を描くのが苦手なのか正面顔を探したのだけど見つからなかった
それで正面顔のテンプレを作らずに作り始めたのだけど似るのかこれ?
似せられるのか?
似せられるのかちょっと不安だったりする



ってなわけで今回はこのへんで。
コメント
この記事へのコメント
>Baby pink amyさん

冗談ですよぉ~、わかってて貼ったんでありますのですよぉ(笑)
ちょっとだけ冗談が過ぎたでありますのですm(_ _)m
2015/02/23(月) 17:53:11 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
>おっしーさん

燃料電池車はこれからの主流になれるのか?
はたまた空気アルミニウム電池車が天下を取るのか?
それともまだまだガソリン車が頑張るのか?
考えてると楽しくなるでありますのです

新しい作品の方は、なんか全然似てこないので挫けそうでありますのです。
2015/02/23(月) 17:48:10 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
ロケットカー、見ました!早いッ早すぎるッ
(°◇°;)
amyが想像していたのは、なんか、エコな感じのふつ~に走る車であります!
ああッまたぬかぼけたことを言ってしまったあ!!(>◇<)!!
2015/02/23(月) 08:49:21 | URL | Baby pink amy #[ 編集]
こんばんは(#^^#)

とても考察がしっかりしていて、燃料電池車について考えていらっしゃるな…と思いました!
すごいですね~(^◇^)

新しい作品、完成までわくわくしながら過程を見届けさせていただきます(*^^*)
無理をせず、ゆっくり作成していってください☆
2015/02/22(日) 23:06:57 | URL | おっしー #[ 編集]
>ダメ子さん

あのサイトの管理人さんは日本でもアメリカ並みに銃を一般人に持てるようにした方がいいとか言ってるトンデモナイ過激なお方ですが時々面白い情報が載ってる時があるのでバカに出来ないでありますのです
動画の方も首を切る直前で映像が切れてるとか不審な点があったりするので眉唾ものではないかと思うでありますのです

私的には空気アルミニウム電池車が普及して欲しいのですが燃料電池車も日産、ホンダ、トヨタが水素スタンドを普及させようと頑張ってるみたいでありますのです。
2015/02/13(金) 19:08:27 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
後藤さんの話のサイトにはいろいろツッコみたいところがあるのだけれど…
ただ、最初の写真がISISの公開した動画とは関係なくて、つぶやいた人が作ったねつ造でしかないようなので、この写真を否定するだけじゃ動画がフェイクとは言えないと思いますです

いろいろな自動車が出てるんですね
どれが勝つんでしょうか?
ガソリンスタンドで給油してもらうのは緊張するから、お店で買えるのがいいなあ
…ってお姉ちゃんが言ってました
2015/02/13(金) 17:24:24 | URL | ダメ子 #[ 編集]
>Baby pink amyさん

amyさんの水素エンジンの車ってのは水素をガソリンの代わりに爆発させて走る車なのでせうか?

水素で走る車と言ってもイロイロあるのでありますのです
水素を燃料電池で発電して走る車、ガソリンの代わりに水素を燃やして走る車、そして水素を燃料にしたロケットエンジンで走る車
amyさんはこんなのがお好みなのかな?
https://www.youtube.com/watch?v=We2H9e5XG7k
おっとこれは燃料は水素じゃなかった(笑)
2015/02/11(水) 21:49:23 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
>よしこチャさん

画像がインチキだからといって生きてるとは限らないですね
それにしてもこの事件は音声分析もアッチでは偽物だと言いつつ別のテレビ局では本物と言ったりフェイクが本当に多そうでありますのです

現在の燃料電池車では天然水がどうのこうのはないでしょうけど、空気アルミニウム電池車なんかだとそういうインチキ商売が出てきそうですね
うちの母はまっさきに引っかかりそう(笑)

水はガソリンより高い、ウチの母は、さらにお高いナンチャラ天然水素水とかを買い込んでいたり(笑)
2015/02/11(水) 21:28:46 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
>ポール・ブリッツさん


水酸化ホウ素ナトリウムでどうやって水素を取り出すのかが興味がありますのです
間違ってもフリーエネルギーというわけではないでしょうけど水酸化ホウ素ナトリウムを使うと通常の電気分解より効率がいいのか、なにか優れてるところがあるのかがちょっと気になるでありますのです

WESは以前youtubeで観てインチキだとすぐに分かったでありますのです。
2015/02/11(水) 21:18:33 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
水素エンジンの車は、憧れです。
(=ω=人)❤
ってまたひとり、ピンぼけたこと言ってる?
2015/02/11(水) 16:26:21 | URL | Baby pink amy #[ 編集]
「生死は別として」という事は重要ですね。
乗っかるワケではないですが、この話とは別で
こういう系でフェイクかどうか検証と言いつつ、
検証している方がフェイクだったりのパターンもありますよね。

水自動車。本当に水を入れて動いてくれるようになると…
と考えてしまう事があります。
もしそうなった場合。「天然水の方が効率がどうとかこうとか」
みたいな商売が出てきそうな気がします。

以前記事で書いたのですが、ガソリンより水が高い時代ですけど A^-^;)
2015/02/11(水) 15:11:33 | URL | よしこチャ #[ 編集]
>ドクター中松

HODは要するに水酸化ホウ素ナトリウムを使う燃料電池にすぎないらしいです。水酸化ホウ素ナトリウムがバカみたいに高価で実用に至ってないそうで。

同じようなインチキフリーエネルギーについての詳しい説明こちら。
http://obiekt.seesaa.net/article/100350662.html
2015/02/11(水) 12:50:06 | URL | ポール・ブリッツ #[ 編集]
>ポール・ブリッツさん

キーリーは有名じゃないですよぉ~っ、調べてみて初めて知ったでありますのです
そういえばドクター中松も水で動くエンジンを発明してたような?
調べてみたら国際特許がとられていて意外とまともなもののようでありますのです
今度詳しく調べてみようと思うでありますのです。
2015/02/11(水) 06:15:05 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
「水で動くモーター」といえばキーリーのそれが有名ですね。

「水で動く」と主張しながら実際は隠していた圧搾空気ポンプで動いていた、ってやつです(^^;)

史上もっとも成功した詐欺師のひとりでしょうねえ……。

詳しい説明はウィキの英語版に載ってます。

まあそのくらい前からあるネタだと(^^;)
2015/02/10(火) 23:31:41 | URL | ポール・ブリッツ #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。