ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
ミニ四駆改造してボールベアリングモーターを作ろうと思ったら失敗しちまったけどミニ四駆楽しすぎだぜってタイトルで全部書いちゃった(笑)&ゼータプラスの脛難しいぜ
ぶにゃ~っ!


最近は熊本でもスーパーで普通にペヤング売ってるようになって俺は嬉しいぜっ!
ペヤングヒャッハー!って思ってたらペヤングの激辛売ってたんで嬉しくて買っちゃったい

食った!

口が痛いっ!

悶絶した!

ちなみに写真は撮り忘れたぜ

とまあそんなことはどうでもいいとしてオープニング行ってみよ~!




俺は考える

俺は時々、考えなくてもいいようなしょ~もないことを考えこんで思い悩んでしまう

今回はボールベアリングモーターについて考えてみた



さて、みなさんはボールベアリングモーターというものをご存知だろうか?

ボールベアリングモーターってのは2つのボールベアリングをシャフトで繋ぎ両端のボールベアリング間に電流を流し軽く回転を与えると回転を与えた方向に加速して回転し続けるというものだ
このボールベアリングモーター、通常のモーターに必要な磁石やコイルがない!
ボールベアリングをシャフトでつないで電流を流すだけというシンプル極まりない構造のモーターなのだ

では何故、回転するのか?
ボールベアリングモーターが回転する原理は諸説色々ある

ローレンツ力で回ってるとか、ボールの熱膨張が連続して起こって回ってるだとか、グリスが加熱されて気化して回ってるだとか、色々言われてるけど未だもって回転する原理がハッキリわかってないのだ

原理が解明されていない・・・

そう、俺は宇宙の真理と謎を探求する男キングハナアルキ!
解明されていないならば、この知能指数1300を誇る宇宙一の大天才である(ウソです、どっちかというと大天災)この俺が解明してやろうではないか!!!

WS001918.jpg
ボールベアリングモーターを局部的にアップにした図だ
わかりやすいようにスケスケだ、ん、かえって解り難くなったかな?

WS001919.jpg
まずはボールベアリングの外側から内側に電流が流れる

WS001920.jpg
シャフトを回転させてやるとボールが回り出す
そうするとフレミング右手の法則で・・・って書こうとした時俺は自分が衝撃的勘違いをしてるかもしれないことに気がついた
フレミング右手の法則って磁界中を移動する導体に誘起される電流の向きを示す法則なんだけど磁石を固定して磁界の中を導体を移動させると電流が発生して逆に磁界の中の導体に電流を流すとローレンツ力が発生するってことなんだけど・・・

俺この記事書くまで移動する導体に電流を流すと磁界が発生するって思ってたんだ・・・

あ、あれっ、フレミング右手の法則で検索してみたら磁界中を移動する導体に電流が誘起される、または、磁界中の導体に電流を流すとローレンツ力が発生するってことは書いてあるけど移動する導体に電流を流すと磁界が発生するとは書いてないぞ?
いや、まあ、移動しない導体に電流を流しても磁界は発生するけど・・・

こ、これは致命的勘違いというやつなのか!?

なんてこったい!
頭がパニクって勘違いかどうか検索ワードが思い浮かばないぜ、この知能指数1300の大天才キングハナアルキ様とあろうものが(ええかげんにせい!)

CGまで用意したというのに・・・
これはタライものだっ!
(え~皆様お久しぶりです、タライ落としのお時間がやってまいりました。本来ならばキングハナアルキがボールベアリングモーターの謎を解明してやったぜ、これでノーベル賞は俺のものだぜヒャッハ~!ってボケをかましてるところにツッコミを入れるカタチでタライを落としたかったのですがキングハナアルキが衝撃的かつ致命的な勘違いをしていたっぽいのでそれにツッコミを入れるカタチでのタライ落としに代えさせていただきます、しかし長い括弧閉じだな、というわけで皆様タライのご用意はよろしいでしょうかか?では、3・2・1・0爆撃~!)
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ]
ガ、ガ、ガ、ガ、ガ、ガイ~~~ン!
\(〇_o)/
っ痛ててて、だ、誰だ、タライを立てて落としやがったのは?
カドが当たると痛いんだぞぉ~っ(笑)




ううっ、まだ頭がうずくよ
ボールベアリングモーターの解明には失敗したっぽいけど俺はこのシンプルで謎なモーターを作って実験してみようと考えた

ボールベアリングモーターで検索するとyoutubeやニコニコ動画に結構ボールベアリングモーターの動画が見つかる











これらを見て面白そうだから俺も作ってみようと思った・・・のだけど

ボールベアリングどこに売ってるのかわからねぇ、シャフトどこで買うの?
ブースターケーブル高そうだよぉ、車やバイクのバッテリー高いよう

財布が痛い、無理っ(笑)

だがしかしっ!

天才である俺は思いついた
ミニ四駆用のボールベアリングならば数百円で買える!
ミニ四駆を使えばシャフトやベアリングの固定、電池ボックスなんかもまとめて調達できる!
ヒャッハ~、俺ってやっぱ天才!

というわけでAmazonで買ったぜ!
NCM_0001_20140517215245c8b.jpg
ミニ四駆はフェスタジョーヌだ、ランボルギーニっぽくてカッコイイぜコンチクショウ
実は俺はミニ四駆買うのはこれが初めてなのだ
いや、正確にはこれで二台目というべきなのか?
俺が小学生の頃だったか、ミニ四駆ブーム以前にコミカルミニ四駆シリーズのシティターボを買った事がある
でも本格的なミニ四駆はこれが初めてなのだ
それとミニ四駆用のボールベアリング、ちっせえ~っ
リード線
ピンバイスとドリル、ピンバイスとドリルはホームセンターで買えるぜ

まずはミニ四駆のボディを外す
モーターも外す
ギヤも外す
NCM_0005_20140517215257db4.jpg
そしてピンバイスで軸受けの部分に穴を開ける
穴の大きさは0.8㍉ぐらい?1㍉でもいいかなリード線が通ればいいのだ
写真で見えるかな?
NCM_0006_20140517215252de1.jpg
タイヤとシャフトを外して軸受けに空けた穴に片方だけリード線を通してベアリングをはめ込む
タイヤとシャフトをセットして電池を入れる
電池は以前紹介したコンバットクリーチャーズ用に買ったニッケル水素電池だ
コンバットクリーチャーズといえば
NCM_0007_201405172152592ee.jpg
コンバットクリーチャーズのコントローラーが不調なのだ
NCM_0008_20140517215254ddb.jpg
砲台を上に向けるための青いボタンが接触不良みたいで砲台が上を向かない
コントローラーを分解して接点復活剤を吹いてみたら一時的に治ったけど青いボタンはまた反応しなくなって極稀にきまぐれに反応しやがる
なんでじゃぁ~っ、話が脱線しちまったい

ええっと、タイヤを軽く回しながらもう片方の軸受けに空けた穴にリード線を突っ込んで、さあ回れっ!!!













回らない・・・(笑)


ベアリングをよく見てみるとシャフトが通る穴が黒い、シャフトが通る部分は樹脂製?
それとも塗装してある?
なんか電気が流れなさそうだ

だがしかしっ!

俺にはもうひとつベアリングがあるっ!
実はこのミニ四駆シャフトの断面が六角形なのだが、それを知らずに丸穴のボールベアリングを間違えて買っていたのだった(笑)
丸穴のボールベアリングはシャフトが通る部分も銀色で金属っぽい、六角のシャフトも通らないことはない

で、試してみた










やっぱり回らねぇ(笑)


やはり単三電池二本じゃ無理なのか?
くそう、くそう、くそう、いつかリベンジしてやるぅ~っ!!!


だがしかしっ!

このミニ四駆を使ったボールベアリングモーターの実験に失敗したことでわかったことがある

それは・・・














ミニ四駆めっちゃ楽しいっ(笑)



ミニ四駆こんなに楽しいものとはしらなかったぜ、部品点数も結構多くて作るの楽しいし走らせるの楽しくてやっぱりコースをはしらせたくなるよ
ついついamazonでミニ四駆のコースとかモーターとか探してるうちに我に返ってはっとしてしまったのは内緒だ(笑)



とまあオープニングボールベアリングモーターを考えてたらミニ四駆にハマりそうはこの辺にして本題に入ろう


ゼータプラス脛まで出来た
WS001907.jpg
足首までは作れなかった

WS001908.jpg
だってこの脛作るのスンゴク難しかったからだ

WS001909.jpg
ゼータプラスの脛を見た時から作るの難しそうだなぁって思ってたけど作ってみたら予想以上に難しかったぜ

WS001910.jpg
何がそんなに難しいのかって全体的にややこしい曲面で出来てる上にパネルラインが入ってる

WS001911.jpg
パネルラインは普通の人だったらテクスチャで描くと思うんだけど俺はテクスチャ描くの面倒臭いからパネルラインで分割してパーツを作ろうと思ったのだ(ソッチのほうがよっぽど面倒くさいぞ)

WS001912.jpg


WS001906.jpg
で、こんな感じで分割して作ったのだ

WS001905.jpg
今まで色々作ったけどゼータプラスの脛ほど難しものはなかったよ

WS001904.jpg
こんなバカな作り方するのは俺くらいなものかもしれない(笑)

WS001903.jpg
WS001914.jpg
全体のバランスはこんな感じになる
脛が横に少し細い気がするか?

WS001915.jpg
う~ん、やっぱり脛が横に細い?

WS001916.jpg
バランスはもうチョット修正するかもしれない

WS001917.jpg




ってなわけで今回はこのへんで。
コメント
この記事へのコメント
>とろろさん

おおっ、なんとさすがアキバ、ボールベアリングも売ってるでありますのですか!!!
しかもネット通販まで!
貴重な情報有難うございますでありますのですm(_ _)m

あんまりタライを落とすと私の知能指数まで落ちてしまいそうなのであまり出現はさせたくないのでありますのですが・・・(笑)
2014/05/22(木) 06:08:44 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
ボールベアリング。
たぶん,
アキバの千石電商にあります。
ネット通販売もありますよ~
最近、またタライの出現確率があがってきたような気がします(^^);
2014/05/22(木) 02:29:34 | URL | とろろ #[ 編集]
>ポール・ブリッツさん

バカみたいな単純な原因にみえて実は宇宙の真理と反重力と無限力に関わる「何か」なのかも?(笑)
サールの円盤に構造似てるし。
2014/05/21(水) 21:08:02 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
きっと近いうちに、「バカみたいな単純な原因」が発見されることと思います。

千年はかからないんじゃないかな……(笑)
2014/05/21(水) 20:20:02 | URL | ポール・ブリッツ #[ 編集]
>ピんちさん

ベアリングモーターは調べてみたらミニ四駆用のボールベアリングを使ってエネループ8本直列で成功した人がいたみたいなんでやはり電圧だと思うでありますのです

おおっ、ピんちさんも試して見られるでありますのですか!
ラジコン用のバッテリー、確実にバチっていうでしょうねニッケル水素電池2本でも間違ってショートさせたらシュッて煙が上がったでありますのです。
2014/05/19(月) 06:18:53 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
ベアリングモーターは取り敢えず色んな電圧で試してみるべきですね。
あとベアリングって基本グリスが塗られてるのでそれが通電を妨げてるのかもしれません。一度クリーナーで脱脂してみては?
多分その材料なら全部ラジコンの部品で補えるので暇を見つけて自分も試してみます。
でもラジコン用のバッテリー(7.4V)で試したら間違いなくバチッっていうだろうな(笑
2014/05/19(月) 00:00:24 | URL | ピんち #[ 編集]
>けうけうさん

ゼータもゼータプラスも脛のカタチはあまり違いはないのでゼータを作っても脛はかなり苦戦するはずでありますのです

ボールベアリングモーターは
解ったつもりでいたのでありますのですが致命的勘違いをしていたかもしれないことがわかったので私も今はチンプンカンプンになってしまったでありますのです。
2014/05/18(日) 22:18:08 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
ゼータプラスは、ソリッドなゼータ(オリジナル)と比べて
微妙にヌルっとしてるので、
確かに難しいのかもしれないですね(そうじゃない?)。

ベアリングモーターはチソプソカソプソです(^_^;)
2014/05/18(日) 21:41:17 | URL | けうけう #[ 編集]
>ダメ子さん

以前に紹介した単極誘導モーターと同じ原理じゃないかとも思ったんですけど磁界が発生してるか発生してたら何故発生してるのかがよくわからないし難しいでありますのです
サールの円盤にも構造的に似てるなぁ。
2014/05/18(日) 19:56:09 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
>Baby pink amyさん

ボールベアリングモーターの何がamyさんのツボにハマったのでありますのでせう(笑)
ああっ、ミニ四駆にドはまりしそうな私はどうしたら良いのでありますのでせうか(笑)
2014/05/18(日) 17:29:21 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
初めて知りました
これは難しいなあ…ってわかったら大変かw
ボールの動き方がポイントなんでしょうけど…
2014/05/18(日) 17:26:19 | URL | ダメ子 #[ 編集]
ボールベアリング面白い(=ω=)❤
はははははねぎを振れ~(>∀<)❤
…ミニ四駆へ横滑り?ギャハ!(>∀<)❤
2014/05/18(日) 16:27:38 | URL | Baby pink amy #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック