ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
UFOの飛行原理を考える&なにこのフリエネ?&水着は出来た
うにゃ~ご!

:追記あり



俺は考える

俺は時々、考えなくてもいいようなしょ~もないことを考えこんで思い悩んでしまう

今回はUFOの飛行原理について考えてみた


UFOってどうやって飛んでるんだろう?
みなさんはそう思ったことはないだろうか
いや、誰でも一度くらいはそう考えたことはあるのではなかろうか?

俺はこういうことを考え始めると止まらなくなってしまう
考えて、妄想して、暴走して、アホな理論を導き出してしまう

俺のアホなUFO飛行原理を書く前に現在考えられているまともなUFO飛行原理を色々検証してみよう



重力、反重力推進

UFOの上や下に重力場や反重力場を作って飛んでるという理論
翠星のガルガンティアのチェインバーが頭上に重力球を作って飛んでるような描写してあるけどあんな感じなのだろ
ちょっと聞いただけだと、これが一番UFOの飛行原理に近いと思うかもしれないけど、これはない!
重力場や反重力場をUFOが作って飛んでるとするとUFOの真下にある物体は無重力になったりあるいは2倍以上の重力がかかったりするはずだ
それにUFOの真上や真下なんかに1G以上を発生させるということは地球と同じくらいの質量がそこにあるのと同じようなものだ
ロッシュの限界で地球が壊れてしまうぞ
というわけでこれはないだろう




MHD推進

電磁力推進とも言う
かなり乱暴な説明だけどレールガンと同じような原理でイオンやプラズマを吹き出してその反動で飛ぶというもの
これだとなかの人間にかかる慣性を消せないので、これもUFOの推進原理としてはないと思う





ハチソン効果

カナダの発明家ジョン・ハチソンが1979年に発表した反重力現象などを伴う不可思議な現象
テスラコイルとヴァンデグラフ起電機などを同時に作動させると物が浮き上がったりとかヘンチクリンな現象が起きたらしい
でもこれは再現するのがとても難しいらしくて学会には無視されている


この動画、トリックだとか特撮だとかいう人もいるのだが特撮で同じ物を撮ろうとするのは不可能とは言わないまでもかなり難しいと思う
撮影された年代を考えるとCGとは考えられない

ところでこのハチソン効果、物体の浮遊や破砕、金属の湾曲や、金属と木材との融合、テレポーテーション現象や物体の透明化などが起こっているのだが、これらの現象はあの有名なフィラデルフィア実験で駆逐艦エルドリッジ内で起こった現象とよく似ている

ちなみにフィラデルフィア実験が起きたとされる時期駆逐艦エルドリッジは数百キロ離れたドックで修理中だったらしい
しかもエルドリッジは後で南米に払い下げられてるそうな
フィラデルフィア実験は都市伝説っぽい・・・







プラズマ推進

月刊ムー誌上で飛鳥昭雄氏が提唱している飛行理論
飛鳥昭雄氏はある種の特殊なプラズマに包まれるとプラズマ内の物体の質量や慣性がキャンセルされて飛行できるみたいなことを言っている
そのプラズマの発生方法はマイクロ波のビームを二点交差、あるいは三点交差させるとその交点にプラズマが発生すると言っている
そして交差ポイントを移動させることによりプラズマごと機体を移動するらしい
さらにこの二点交差、三点交差で発生するプラズマは兵器として転用可能でどんな分厚い壁も、地中深くでもマイクロ波の交点を移動させるとプラズマを発生させることが出来て焼きつくすことが可能だとか・・・
そしてそれはプラズナーの名称でアメリカ軍がすでに実用化してるとか・・・

え~っと、なんかもう突っ込みどころ満載なんだけど(笑)
プラズマに包まれても重力を遮断なんて出来ないよぉ~

さらに飛鳥氏は木星はガス惑星ではなく地殻惑星でプラズマに包まれてるから質量が軽く見えてるとか、木星の大赤斑は金星が飛び出した痕跡だとか超飛躍した目眩く飛鳥昭雄ワールドを展開なさっている

飛鳥昭雄氏はさらに太陽を挟んで地球の反対側には反地球、ヤハウェイがあるとか、最近はムー誌上で暗黒天体ラジャ・サンが太陽と地球を触手でナニして妊娠させたとかのたまってらっしゃる
なんて壮大過ぎる宇宙規模のエロ話、しかも触手プレイ!?・・・もう、なんかくらくらするよ

でも、飛鳥昭雄氏の言うことはチョット物理学を知ってるものが聞いたら鼻で笑ってしまいそうなことばかりなのだが俺は「総て」を一笑に付す事はできないのではないかと思っている

ウソを隠すには真実の中に、真実を隠すにはウソの中に隠せばよい

俺は飛鳥昭雄氏の言う事の中には「ほんの少しだけ」真実が隠されているのではないかと思う
例えばプラズナー、飛鳥氏はマイクロ波の二点交差、三点交差でプラズマを発生させるというがマイクロ波は大気や水蒸気で減衰しやすくあまりにもうそ臭い
だが、マイクロ波をスカラー波に置き換えると話が違ってくる
前述のハチソン効果もスカラー波が関係する現象と思われるからだ

スカラー波というと昔、パナウェーブって団体が白装束着て渦巻き模様のシールをペタペタ貼りつけた車に乗ってたのを思い出す人もいると思う
パナウェーブは白装束や渦巻き模様でスカラー波を防げるとか思ってたみたいだけどそんなもんでスカラー波は防げない
どういう経緯で白装束がスカラー波を防げるなんて考えるようになったかは知らないけど渦巻き模様はヒエロニムスマシンの影響なのだろうか?

いや、そんなことはどうでもいい、スカラー波がどんなものか知らない人が多いと思うので説明せねばなるまい
電磁波は空間の横波なのに対してスカラー波というのは空間の縦波のことだ
普通の電磁波が水の表面を伝わる波紋だとすればスカラー波は水中を伝わる音のようなものだ
スカラー波は現代物理学では否定されている
だがスカラー波は別名テスラ波とも言う、そう、あの大天才ニコラ・テスラが発見したものなのだ
普段コンセントから使っている交流電気もニコラ・テスラが推奨したものだし(エジソンは直流を推していた)蛍光灯には必ずニコラ・テスラが発明したテスラコイルが使われている
そのニコラ・テスラが発見したテスラ波をインチキとは考えにくい
ええっと、なんだっけ、話がそれたかなマイクロ波の二点交差、三点交差でプラズマを発生させるというのをスカラー波の二点交差、三点交差に置き換えるとプラズマの代わりにハチソン効果を発生させられると読み解けないだろうか?

真水の中に一滴、泥を落とせばそれは泥水になる、泥水の中に一滴真水を落としても泥水は泥水のままだ

飛鳥昭雄氏はウソの中に真実を、真実の中にウソを混ぜることにより真実を隠そうとしてるのではないかと邪推してしまうのは俺だけだろうか?










リフター

リフターってのは早い話がイオンクラフトだ
電極間に高電圧をかけることにより大気をイオン化させて、そのイオンの移動による反動で推力を生み出すものだ
だから真空中では推力が出ないし、推力自体弱い上に慣性の軽減などの反重力的な効果も全くない
これはUFOの推進原理としては考えにくい






ビーフェルド・ブラウン効果

構造原理がリフターと似てるためにリフターと混同されることが多いが似て非なるものだ
ブラウン効果はコンデンサの陽極を上に、陰極を下にして数万ボルトの高電圧をかけるとコンデンサの陽極側にコンデンサの重量の1%程度の揚力が発生するというものだ
リフターはイオンが移動することにより電流がわずかに流れているのだがブラウン効果は静電圧はかかっているものの電流は流れていないのだ
電流が流れてないということは電力消費なしに推力を発生させられるということにはなりはしないだろうか?
これはフリーエネルギーのヒントになるのか?
また、リフターはイオンの移動の反動で推力を発生するという性質上、真空では推力が出ないのだがブラウン効果は真空中でも推力が出るらしい
このビーフェルド・ブラウン効果を発見したトマス・タウンゼント・ブラウン博士はコンデンサを円盤状にしたユーロフォイルと名付けたものを作り高真空下で10万~20万ボルトをかけるとレールにそって素晴らしい速度で飛んだという
本当かどうか眉唾ものなのだがB-2ステルス爆撃機のもこのブラウン効果が利用されているという噂もある








サールの円盤

イギリスのジョン・サールという電気技師が作った飛行体
その構造は金属の輪の外周に円筒状の磁石をいくつも並べ、その外側に金属の輪を被せその外周に円筒状の磁石をいくつも並べというのを何層かにしたもの
言葉で説明するのが難しいぞ
実際に飛んだと言われていて(制御不能で空高くすっ飛んでいったらしい)飛行中の写真もあるのだが写真はインスタントラーメンの「パッケージの写真は調理イメージです」の注意書き的な感じでトリックというか合成写真だったらしい
そのせいでインチキ扱いされることが多いのだが最近になってロシアの若い物理学者がサール効果を再現して本当のことだったと証明して特許もとったと聞く












複素重力理論

数年前に亡くなられた清家新一氏が提唱されていた重力理論
え~っと、確かトランジスタコイルで発生した三相交流をチタン酸バリウム製のコンデンサに流すと回転電場が発生して逆重力(清家新一氏は反重力を逆重力と呼んでいた)が発生するとか何とかだったような気がする
清家新一氏は昔、たけし・さんま世紀末特別番組!! 世界超偉人100人伝説という番組で紹介されたことがあるので知ってる人もいると思う
火星の乙女からラブレターをもらったとか発言がいろいろアレな人なのだけど、その理論は海外では評価されていたらしい
実は俺は高校生の時、清家新一氏の著作物を読んでその理論に傾倒してしまったことがあるのだ
で、清家新一氏の発明したトランジスタコイルというのを作ってみたかったんだけど電気工学的智識が無くて断念した覚えがある
重力反応炉とか色々作ってたらしいけど結局、浮上することはなかったらしい








空洞構造効果

ロシアの昆虫学者ヴィクトル・S・グレベニコフ教授が蜂の巣を扱ってる時に発見したっていう変な不快感から空洞を保つ構造に植物の成長を早めたり時計や電卓などが正常に作動しなくなる効果があるという

そしてグレベニコフ教授はある昆虫のチキン質殻には反重力効果があることを発見したんだと

グレベニコフ教授はその昆虫の殻をちまちまと板に貼り付けて空飛ぶプラットホームを作ったという

ええっと、俺は大概の事はまず信じてみるのだが、これに関してはおもいっきりツッコミを入れないわけには行かないぞ(笑)
昆虫の殻に反重力効果があるならその昆虫は地上に降りられないじゃないか
空飛ぶプラットホームを作るときに昆虫の殻は飛んで行かなかったのかよっ!
大体昆虫の殻を反重力装置に使おうなんて気持ち悪すぎるぞ
昆虫の殻をちまちま板に貼り付けてるさまを想像してたら数年前に我が家で小さい甲虫が大量発生した事件を思い出してしまう
数年前の秋のことだ、いつのまにか部屋の壁に小さな2~3ミリの甲虫が張り付いてるのを見かけるようになった
取っても取ってもいつの間にかどこからともなく出てきてあちこちの壁や天井に張り付いてる
発生源がまったくわからなかったのだが一週間ほどしてようやく発生源がわかった
水屋の上においてあった素麺の箱だった
箱を開けてみると蓋の裏に小さな甲虫がびっしり!

うぎゃああああああぁぁぁぁぁぁっ!

ああっ、嫌なものを思い出してしまった(笑)

しかし、空洞、つまり「形」自体が不思議な現象や効果を生み出すといえばピラミッドパワーを思い出さずにはいられない
ピラミッドパワーって一昔前は本当のことっぽかったけど最近は聞かないなぁ
ピラミッドの中にカミソリを入れておくと切れ味が回復するというけどカミソリってしばらく置くとピラミッドの中に入れなくても切れ味は回復するものじゃないのか?
俺は2日に一回安全剃刀で髭を剃ってるけど1年以上も刃を変えずに使い続けてるぞ
でも、切れ味は落ちたとは感じない、いや、俺の家はピラミッド型なんかにはなってないぞ

ピラミッドパワーと同じようなものにヒランヤってのもあったっけ、これは買ったことも試したこともないのだがほんとに効果はあるのか?

ヒランヤと似たようなものにエスパーシールってのも一時期流行ったな
エスパーシールが流行った当時はあちこちにエスパーシールがペタペタと貼られてる光景が見られたな
車にもペタペタ貼ってる人も居たっけ
あのいんちき臭いのを今でも貼ってる人っているのだろうか?

あ、空洞構造効果の話が脱線しまくったよ










シャウベルガーの内破機関

第二次大戦中にドイツのビクトル・シャウベルガーが開発した内破機関と呼ばれる一種のフリーエネルギー装置
ナチスドイツが開発してたUFOに使われていたらしい動力源でリパルシンというらしい
ナチスドイツのUFOは他にもジェットエンジン動力のものもあるが、このリパルシンは水を利用して求心力で真空を作って空気を吸い込む反動で飛ぶらしいって・・・ああっ、自分で何書いてるかわからないよ、理解が難しいから説明できねぇ
ええっと、原理についてはリパルシンで検索してもらったほうが俺が説明するより解りやすいと思う
でも、このリパルシン、結構胡散臭い
求心力で真空を作ってとか言ってる割に作動中はエンジンから謎の発光現象が起きたり量子力学的効果があったりするというのだ

うん、これはきっとアレだ!

ドイツの科学力は世界一ィィィィィィッ、不可能はないィィィィィィッ!ってシュトロハイム少佐も言ってるではないか

きっとそういうことだ(どういうことだ?)








電子熱確率制御

ああ~、前置きが長くなったけど、ここからが俺の妄想的UFO飛行原理
前述したとおり俺は高校生の時清家新一氏の理論に傾倒していた
だけど俺は清家新一氏の理論をかなり大雑把にテキトーにいい加減にしか理解できてなかった
ほとんど理解できていなかったのだけど俺は自分なりにUFOの推進原理を考えてみたのだ
それは・・・

アダムスキー型円盤の下部にある3つの球形の部分をコイルではないかと考え、それに三相交流を流すことにより回転磁界を生み出す
そしてアダムスキー型円盤の外周の傘のような部分はコンデンサの構造を逆にしたものではないかと考えた、導体を絶縁体でサンドイッチしたようなものではないかと
3つの球形コイルから生み出された回転磁界が傘のような部分に電圧を発生させる
発生した電圧は電子の軌道に偏向を与え電子の熱運動の確率に偏向を与え上向きの力を生み出すのだ~っ!
これを電子熱確率制御と名付けるっ!
早い話が電子の熱運動を推進方向に偏向を与えブラウン運動の方向を揃えることにより推進力を得ようというのだ
え、何を言ってるのかわからないって?
心配するな、俺も書いてるうちに何を書いてるのか解らなくなってきた(笑)

それじゃだめじゃん!(爆)


ああっ、うまく説明できないっ!

これがうまく説明できるならノーベル賞すら取れるというのにっ(それはね~よ)

え~、皆さんは賢いから勘違いされることはないと思いますが電子熱確率制御云々はキングハナアルキの妄想で想像で空想なので信じないよ~に(笑)

でも本当に妄想で想像で空想なのかっ!
実際に実験してはいないのだ、実験してみなければ分からないではないかっ!

ああっ、俺に電気工学的智識と技術と資金力さえあれば実験してUFOを飛ばせてみせるのに、そうだ、俺の考えたUFO飛行原理はきっと実際に飛ぶに違いないっ!
ふっふっふ、とうとう俺はUFOの飛行原理すら解明してしまったのだ~~っ!(え~、毎度おなじみタライ落としのお時間がやって参りました、タライを落としてキングハナアルキにツッコミを入れましょう、では用意はいいですか?3・2・1・0爆撃~っ!)
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
ガ、ガ、ガ、ガ、ガ、ガイ~~~ン!
\(〇_o)/
っ痛ててててて、だ、誰だ、タライに焼きそば入れて落としたのは?
え、アホなこと考えてないで日清焼そばUFOでも食ってろだって?
そんなこと言っちゃ嫌~ん、でもUFOおいちい

って、結局UFOの飛行原理なんて書いたのはこのネタがやりたかったからだけだったりして(テヘペロッ)



ところでこの記事はテキストファイルに下書きして書いたのだが上書き保存しようとした時にメモリが足りなくて保存出来ませんと出たことがあった
わずか11キロバイト程度のファイルなのに!
タスクマネージャーを起動してメモリを確認したがメモリは余裕で余っていた
そこで名前を付けて保存を試してみたがこれもメモリが不足してるため保存出来ませんと出てしまった

おかしい・・・

これはどういうことだ?
メモリは余裕で余っているというのに
そこで六角大王を起動、黒猫の六角ファイルを上書き保存してみた
こちらはちゃんと保存される

何故だ?

ではこれならどうだ
新規テキストドキュメントを作って今回の記事を全選択して新規テキストドキュメントにコピペ、新規テキストドキュメントの方を上書き保存
これはうまく行った

これはどういうことなのだ?
もしかしてCIAが俺のパソコンを監視して、UFOの飛行原理を解明して公開しようとしてる俺の妨害をしてるのかっ!?

ないない、それはない(笑)
その後同じような現象が起こることはなかったが・・・
一体何だったのだろう?





とまあオープニングUFOの飛行原理はこの辺にしてオープニングPART2行ってみよ~っ!


UFOの飛行原理と関係があるかもしれないのでオープニングPART2とするのはどうかと思ったんだけどハチソン効果をyoutubeで検索していたらトンデモナイ動画を見つけてしまった





ナニコレ?
コイルの近くに磁石を置いてるだけで電気が発生している!?
なにこれ、なにこれ、なにこれ!?
こんなフリーエネルギー装置、見たことも聞いたことも無いぞ!?
あまりにシンプル過ぎてトリックとは思えない
こんな簡単な構造ですぐに真似して検証出来そうなものにトリックを使っても意味が無いと思うがトリックだとしたら電動歯ブラシやシェーバーなどに使われてる非接触型の充電器の応用でIHクッキングヒーターの上でやってるのか?
でも、二番目の動画は屋外撮影で高圧電線みたいなものは辺りには見当たらないし?
なにこれ、すごいぞ!
これなら俺でも実験できそう


そしてもう一つ、サール効果を検索してる時に見つけたものだが

これもまたシンプル過ぎてトリックとは思えない
どういう原理だこれは!
Nマシンと少し似てる気もするが・・・?

:追記 ダメ子さんのコメントによりこの3つの動画はトリックだということが判明した
ああ~ん、完全に騙されたよぉ







とまあオープニング謎のシンプルすぎるフリーエネルギー発生器?はこの辺にして本題に入ろう




水着が出来た
WS001339.jpg
リボンとブラとパンツ


WS001336.jpg
ブラとパンツは簡単にできそうにみえて結構作るのは厄介だったりするんだよなぁ

さて、この黒猫の水着だけどコトブキヤの黒猫 ○○なわけがないver.を参考にしている
なんでかって言うといつも訪問していただいている うはw ふぃぎゅぽん!- Fig-PON! -の尻臼さんがTwitter企画『つぶやきキャンペーン』っていうので『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 ○○なわけがないver.』を当選なされやがったので、ああん、うらやまし~っ、俺も欲しいけどお金ないよぉ~、だったら作ってしまえ~ってなわけで作り始めたのだ

WS001337.jpg
しかし、女の子の裸体を作るのはとてもテンションが上がるのだが裸に服を着せていくというのは何故かテンションが下がるというのは男の性だろうか(笑)

WS001338.jpg
さて、このあとはボーンを入れてモーフィングを付けなければならない
ここからが大変だぞぉ~




ってなわけで今回はこのへんで。
コメント
この記事へのコメント
>とろろさん

水着は生地が少ないほどすばらしい、だって作りやすいんだもんっ

朝になったら服を着せるですと?
ああっ、なんてこと、神よ、願わくば永遠の夜を、さもなくばとろろさんのテンションを朝になっても高いままにしてくださいませ~っ!

2013/06/16(日) 17:15:59 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
生地面積が少ない省エネな水着、時代にマッチしたすばらしいチョイスです。
べ、べつに露出度が高いからほめているんじゃないからねっ!

夜テンションが上がっている状態で絵を描くと、何も特段意識をせず、裸の女のを描くのですが、朝起きると、愕然として出勤前にあわてて服を着せることが多いです。

2013/06/16(日) 16:51:58 | URL | とろろ #[ 編集]
>ゲシュペンストさん

ああっ、私は愚かでありましたのです
ゲシュペンストさんの言葉で世の中には着エロというものがあるということを思い出したでありますのです
世界のエロの総てを統べるエロ大帝と呼ばれたこのキングエロハナアルキともあろう男がっ・・・
そう、裸からの着衣・・・ぐへへへへっ、じゃあ次はこれを着ましょうね、それともこれがいいかな、ぐへへへへっ・・・







・・・うぎゃああああああぁぁぁぁぁぁっイケナイ世界へ堕ちていくぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅッッッ(爆)
2013/06/06(木) 21:20:16 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
こんばんは。

キングハナアルキさん「裸に服を着せていくというのは何故かテンションが下がるというのは男の性だろうか(笑)」

それは全ての男に当てはまることではないと思いますよ。

世の中には裸もいいけど、
着せた方が興奮・・・って、コラッ!

裸からの着衣でその後・・・
グハ!(゜Д゜(☆○=(`Д´ )ダマレッ


追伸:
あまりに下衆いコメントだとと思ったら消してくださって結構です(笑)。
2013/06/06(木) 17:34:02 | URL | ゲシュペンスト #[ 編集]
>よしこチャさん

そうそう、吊るときは逆さに吊ってカメラも逆さにすればバレにくい・・・って、ちが~う(笑)

確かに研究してる人って何やって食べてるのか謎ですよね
飛鳥昭雄氏は本を出版したりムーに記事を書いたりしてるけど他の人は謎ですね、う~ん

飛行機ですら楽しすぎなのにって、よしこチャさん飛行機に乗ったことがあるのでありますのですか?
私はまだ乗ったことがないのですがちょっと怖いかも・・・

とりあえずプラズマにしとけは大槻教授から飛鳥昭雄氏に伝承されたみたいでありますのです
最近は大槻教授よりも飛鳥昭雄氏の方がプラズマ、プラズマ言いまくってるみたいでありますのです。
2013/06/04(火) 21:49:19 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
>風城 徹さん

と、東スポの記事ででありますのですか!?
UFOが東電から盗電!?
東スポの信憑性は置いといてなんかセコいというかみみっちいUFOでありますのですね・・・

きっとUFOは男の夢とロマンという未知のエネルギーで飛んでるに違いないでありますのです。
2013/06/04(火) 21:23:00 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
UFOの飛行原理は、釣り糸かピアノ線か…
またはストッキングの… というのは置いておいて。
こういうのは楽しいですよね。ホンキで研究している方などは
どうやって食べていってるんだろうと思います。
※Donateとかが主だったり?

空を飛ぶって本当に夢があると思います。
(地球外生命体的な)UFOのみならず、
飛行機ですら楽しすぎなのに (ノ_・。)

「とりあえずプラズマにしとけ」みたいな風潮は
今はもうなくなってきているのでしょうか…
2013/06/04(火) 21:04:43 | URL | よしこチャ #[ 編集]
 東スポでUFOが電線から電気を盗んでいる記事があったので、
多分に家庭用電源でどうにもできるのではないでしょうか?

 そう考えると莫大な電力を必要とするシステムは排除されます。

 となると、
未知の力で動いているとしか言えなさそうです。
2013/06/04(火) 19:09:14 | URL | 風城 徹 #[ 編集]
>ダメ子さん

さすがのダメ子さんでもUFOの飛行原理は難しいでありますのですか
フリスビーみたいに・・・私がまだ小学生で日清焼そばUFOが発売されて間もない頃、UFOの空容器をフリスビーみたいにして飛ばしてUFOごっこをしてたのを思い出すでありますのです

フリーエネルギーの動画はトリックだったのでありますのですか!!!
ううっ、英語がわからないからぜんぜん気が付かなかったでありますのです(>_<;)
教えていただいて有難うございますでありますのです
危うく作ってみるところだったでありますのです。
2013/06/04(火) 18:10:51 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
む、むずかしい…
私は魔法少女から取り出したエネルギーを
使ってるんだと思って…はいなくて
フリスビーみたいにして飛んでるってことに
なってるんだとなんとなく思ってましたです

最後の3つの動画はトリックみたい
一つ目の動画は最後のほうで
磁石の中にボタン電池を仕込んでるってネタばらしが
最後のはpart2でネタばらしをしてました
http://www.youtube.com/watch?v=n93iIduG01I

水着を着ると安心して見てられますです
2013/06/04(火) 17:29:20 | URL | ダメ子 #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック