ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
断っちゃった&もしかして?&進捗状況
うにゃ~ご!

最近、ダイヤモンドより硬い物質が作られたそうだ
「超硬ナノ双晶立方晶窒化ホウ素」って名前の物質だそうだ
名前長いよっ、声に出して言ったらお経だよ
チョ~ウコ~ウ~ナ~ノ~ソウショ~ウ、リッポウショ~ウ、チッカ~ホウソ♪
ほらお経に聞こえる(笑)
でもこの、「超硬ナノ双晶立方晶窒化ホウ素」ってのがダイヤモンドより硬いってのは人工ダイヤより硬いってだけで単純に天然ダイヤより硬いってわけじゃないらしい
硬さの単位のビッカース硬度では人工ダイヤは100GPa、「超硬ナノ双晶立方晶窒化ホウ素」は108GPa、天然ダイヤは70から150GPa
天然ダイヤって結構硬さにばらつきがあるんだな~

ダイヤモンドより硬い物質には他にもロンズデーライトってのがあるらしい
ロンズデーライトは炭素の同位体で理論値はダイヤモンドより硬いけどまだダイヤモンドより柔い物しか見つかってないそうな




とまあそんなことはどうでもいいとしてオープニング行ってみよ~っ!



先日、イラストの人材派遣みたいな会社からメールでスマホのソーシャルゲームの3Dモデリングの依頼が来た
こんなことは今まで初めてだったので舞い上がってしまったのだが断っちまったよ・・・

え、なんでって?

だってゲーム用の3Dモデルは、なるべく少ないポリゴンでつくってテクスチャで質感を表現しないといけないからだ
俺の今までの作品を見てきた人なら解ると思うけど俺が今まで作ってきたのはムダにポリゴン数が多くて殆どテクスチャを使わない作品がほとんどなのだ
つまりゲーム用のローポリモデルとはまったく正反対なものなのだ
だから俺はローポリ作品を作れないとは言わないけれど苦手としている
そんな訳だから舞い上がって安直に引き受けちゃって、もし作れなかったら相手に迷惑がかかるからだ

それと断ったのにはもうひとつ理由がある

この依頼引き受けるには仕事をしばらく休まないと無理っぽかったからだ
このブログに載せてるCGを作るのでさえ帰宅後に僅かな時間や休日を食われまくってるのに3Dモデリングの依頼を引き受けたらマジで仕事を休まないと無理だ
いや、休職しようと思えばそれも可能だし依頼を引き受けたほうが収入は多くなりそうな気もするのだけど・・・

そしてもうひとつ断った理由がある

料金の問題だ

俺に依頼してきたイラストの人材派遣みたいな会社は3Dモデリングの外注の依頼をするのは初めてで、どれくらい料金がかかるのか知らないから料金がどれくらいか提示してくれとの事だった

いや、俺も3DCGの料金の相場なんて知らないって(笑)

もしかしてトンデモなく良い条件で仕事を取れるかもしれないけどアマチュアの分際で高すぎる料金をふんだくるのは俺のポリシーに反するし、かと言って安すぎる料金で引き受けちゃったら今後ろくな事になりそうにない
適正料金がまったくわからないので引き受けるわけにはいかなかったのだ

それにしても3Dモデリングの料金の相場っていくらぐらいなんだろう?
モデルを作るために必要な時間から換算すればよいのだろうか?
その場合の時給は?
う~ん、時給1000円くらいは欲しいなぁ
自分が過去に作った作品を時給1000円くらいで計算したら・・・
だめだ~っ、製作時間覚えてね~っ!
う~ん、これからはちゃんと製作時間覚えておいて幾らぐらいで作れるのか考えて作ったがいいのかな?

それにしても勉強のためにもっと詳しい話を訊いておいておいたほうが良かったかな?
必要とされるクオリティとか、モデルデータの形式とか、パーツあたりのポリゴン数とかデータ量とか
クライアントはアマチュアの俺なんかに外注しなければいけないほど人材が不足してたのかな?
この業界そんなに人手不足なのか?
ちょっと惜しいことしたかな~




とまあオープニング断っちゃったはこの辺にしてオープニングPART2行ってみよ~っ!




先日アクセス解析を見ていたら「長さが10光年の宇宙船」というキーワードがあった
過去記事のこれこれこれに引っかかったのだろう

っていうか、「長さが10光年の宇宙船」ってキーワード、このハナアノレキにしか無いだろって思ってグーグル検索かけてみたら・・・
やっぱり一番上にはこのハナアノレキの記事が出てきたのだけど、ちょっと下にpdfで「特殊相対論における2台の宇宙船のパラドックス」ってのが出てきた
おや、っと見ててみたら・・・
なんか凄く難しい書き方してあるけどこのハナアノレキの過去記事とほぼ同じようなこと書いてあるじゃないか!
しかも「長さが10光年の宇宙船」も出てくる!

もしかして、俺の記事読んでこの論文書いたのかって思ったんだけどpdfのプロパティを開いてみると作成日が2007/08/25になってた・・・
くそう、くそう、くそうっ、俺の記事より前に書いてあるじゃないか!
しかし、「長さが10光年の宇宙船」なんてものを発想するなんて俺と同じような頭の中身なのかと思って、この論文の著者の松田卓也って人は何者だって検索してみたらwikiがあった・・・
日本の天文学者、宇宙物理学者。神戸大学名誉教授。理学博士(京都大学)なんだと・・・

へ、へへへ・・・これはもしかして俺の脳味噌は名誉教授並だということなのか?

フワッハッハッハッハ、俺は知能指数1300!
我こそは世界最高の天才にしてハナアノレキ教の教祖キ~ングハナアルキなり~っ、我を崇めよぉ~っ、我を讃えよぉ~っ!!!
(はい皆様、毎度おなじみタライ落としのお時間がやって参りました、タライを落としてキングハナアルキにツッコミを入れましょう、では、3・2・1・0爆撃~!)
  ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
ガ、ガ、ガ、ガ、ガ、ガイ~~~ン!
\(〇_o)/
だ、誰だタライにチョコレート入れて落としたのは?
え、バレンタインチョコだって?
うひゃっは~、ありがとうっ愛してるぅ~っ!

うっ、バレンタイン自演はちょっと悲しいぞ・・・





とまあオープニング長さが10光年の宇宙船はこの辺にして本題に入ろう



75ミリ砲と六連ミサイルを作った
WS001062.jpg
この75ミリ砲、どえらく手間がかかったよ

WS001061.jpg
輪郭線を綺麗に出すために集合演算を使いまくって大変だった

WS001060_20130213224223.jpg
ディティールが多くて死にそう・・・

WS001067.jpg
六連ミサイルの方は75ミリ砲ほどの手間はかからなかった
でも、作るのにかかった時間は75ミリ砲と大して変わらなかったけど

WS001068.jpg


WS001059.jpg
砲塔に付けるとこんな感じ

WS001056.jpg


WS001057.jpg


WS001058.jpg


WS001054.jpg


WS001055.jpg


さて次は脚だ、後ろ足から作っていこうと思う
後ろ足は曲面が厄介そうだ
どうやって作るべか?



ってなわけで今回はこのへんで。
コメント
この記事へのコメント
>とろろさん

また依頼来て欲しいでありますのです
でも料金の相場は本当に悩むでありますのですよ

フッフッフ、私の正体は知能指数1300のルチ将軍!知能指数1300ッ、知能指数1300~ッ!


ウソです(笑)

正体不明の男キングハナアルキでありますのです。
2013/02/16(土) 19:00:57 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
3DCGのことはよくわからないのですが、キングハナアルキさんの作品を見ていたら、プロからの依頼がきても当然のように思えます。
きっと、また、来るかもしれませんね。そのときはもう少し相場や条件探って見るといいですよね(^^)ワクワク

相対論など物理学のネタも多いので、キングハナアルキさんの正体は、大学の先生?
とも思ったのですが、今回の記事から読み取ると、そうではなさそうでありますな。

2013/02/16(土) 18:15:49 | URL | とろろ #[ 編集]
>けうけうさん

確かにこの業界、使い捨てみたいなイメージありますね
私もそれが少しあって、断るのを踏み切らせた要因の一つになったでありますのです

我ながら長いことブログをやっていてこういう依頼が来るのは初めてだったので自分でも結構凄いのではなかろうかなどと思ってしまうでありますのです

本当にチョットお惜しいことしたかなぁ・・・。
2013/02/16(土) 06:17:46 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
とりあえず、どこかから依頼が来るスキル持ちって…
すごいし、羨ましいです。
でもなぁ…その業界って「使い捨て」なイメージがあって(あくまでイメージです)
下手に手を出すと…みたいに警戒しちゃいますね。
ま、自分とこに依頼が来るなんてありえないので
やっぱりすごいし羨ましいです。
2013/02/15(金) 22:57:49 | URL | けうけう #[ 編集]
>よしこチャさん

私が使ってる六角大王というソフトはテクスチャの位置調整がめちゃめちゃ難しくて、そのためゲームに使うようなローポリでテクスチャバリバリなものは作るのが難しかったりするのでありますのです

私も最初モデルをプリレンダした画像かもと思ったのですが最近のスマホのゲームはPS2並みのポリゴンゲームが出来たりするし、とあるものをパーツ単位で作って欲しいとの依頼だったのでテクスチャの必要なローポリモデルだったんではなかろうかと思うでありますのです

今回の依頼はクライアントさんからイラストの人材派遣会社みたいなとこに依頼が来て、そこから私にメールで依頼が来たのですが、イラストの人材派遣会社さんの方も3Dモデリングの依頼は初めてで料金がどれくらいかわからないらしくて、相手から具体的に料金を提示されてたら正直引き受けてたかもしれないでありますのです
よしこチャさんはフリーで仕事をされることがあるのですね
フリーで仕事が出来る人ってプロフェッショナルって感じでカッコイイでありますのです

休職してすぐに復活できるといっても日雇いに近い仕事なもので・・・(^_^;)
2013/02/15(金) 18:37:13 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
3Dモデリングな依頼… すごいです!
業界には詳しくないのですが、たしかにゲームなポリゴンって、
いかにポリゴン数を減らしてテクスチャやグローシェーディングで…
みたいなところがありますね。
わたしが見ると、それでもなかなかポリポリしてたりします。

スマフォなソーシャルゲームで…
リアルタイムレンダリングなのでしょうか。
スマフォだったりするとあくまで「モデル」を(画像として)取り込み…
みたいなイメージもあります。これだとポリゴン数とかは
そんなに関係なさそうな気もします。
※どっちテクスチャは貼りまくりでしょうけど

あぁぁ… 「料金設定」の問題。分かります。
わたしもたまにフリーで仕事が来たりしますが、
ここがとにかく問題で…
それでもネットで調べたらなんとか「相場」くらいは出てきます。
でもでも、3DCGをフリーで受けると…
みたいな情報って少なそうですよね。変に答えて
見当ハズレな答えをしても恥ずかしいし…
あと、めっちゃ損しちゃったりとかもありそうで難しいですよね~。

不安や問題もあってお断りしたようですが、
なんだかもったいない気もします。

ちなみにわたしは、
休職して復活させてもらえるような環境ではないです (o_ _)o
2013/02/15(金) 07:47:50 | URL | よしこチャ #[ 編集]
>風城 徹さん

固い物質というのは結構使い道が多いのではないかと思うのでありますのです
粉末の状態で研磨剤に使ったりとか、粉末を固めてカッターの刃にしたりとか
あとは徹甲弾の弾芯にしたりとか・・・

やっぱり、3DCG業界って人手不足なのでありますのですね、う~ん。
2013/02/14(木) 21:09:11 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
 実際にダイヤモンドは固くても、金槌で割れますからね。
 そこまで硬い物質を作って何に使うかの方が問題だと思うのですが。
 寧ろ加工しづらいのでは?と思うのです。

 3DCG業界(?)の傀儡はかねてより人材不足ですからね。
 ボクには一生縁がないですけど。
2013/02/14(木) 18:39:19 | URL | 風城 徹 #[ 編集]
>ダメ子さん

ダイヤモンドより硬い物質で創られた剣ってのも実現しそうでありますのですね
でも実際に作られるとすると剣の刃の部分だけにダイヤモンドより硬い物質の粉末を塗りつけたものになると思うでありますのです
現実にあるダイヤモンドカッターも刃の部分だけが人工ダイヤの粉末を固めたものらしいでありますのです

う~ん、どうなんでしょう、スマホのゲームだと無理っぽいと思うけどPS3や春に発売されると噂されるPS4なら動かせるのではないかと思うでありますのです
私はPS3持ってないからよくわからないのでありますのですが・・・

な、なんと、ダメ子さんは松田卓也さんの著書の『なっとくする相対性理論』を読んだことがあるのでありますのですか!?
う~む、それは私も一度読んでみなければ!
2013/02/14(木) 18:10:06 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
そうなんですね
漫画とかに出てくる
「この剣はダイヤモンドより固い物質で作られた…」
ってのも本当に可能になるのかな?

おおそれはすごい
ゲームの3Dは粗いイメージだけど
これぐらいのクオリティのも動かせるんでしょうか?

私も読もうかなあと思ったけど断念…
でも確かこの著者のなっとくする相対性理論は
わかりやすかったように思いますです
2013/02/14(木) 17:37:54 | URL | ダメ子 #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。