ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
塩焼そば!?&SAFS半完成!
うにゃ~ご!

毎度おなじみ更新遅れでございます~っm(_ _)m
それもこれも仕事がヘビィだったのがいけないのだ~っ!

三連休?

日曜しか休めてないよぉ~っ

というわけでオープニングいってみよ~っ



チャッチャラチャッチャチャッチャラチャン♪
奥サマの味方、主婦の友、ハナアノレキクッキングタイムのお時間が参りました

さて今日ご紹介するお料理は・・・漢の塩焼そばでございます


そう、今回は塩焼そば!
それも豪快な漢の塩焼そばを作るのだ~っ!

なんで塩焼そばを作るのかって?
だって、コンビニで売っていた富士宮塩焼そばが美味かったんだもん

では材料だ
mini_SH3C0001_20100920212933.jpg
ヤキソバの麺、ネギ、塩、胡椒、レモン汁、ほんだし、ベーコン、あらびきソーセージなどテキトーに
ちなみにキャベツは入れない
ヤキソバは麺を楽しむものだ、キャベツが多すぎるとただの野菜炒めになってしまう
だからいっそのこと全く入れないのだ!(実はキャベツを買い忘れただけだったりする笑)

まずは、塩ダレを作るぞ~っ!
mini_SH3C0002_20100920212934.jpg
お湯少量にほんだしを溶かす
塩も入れるぞ~
量がわからん
テキトーだ、テキトーに入れちまえ~
胡椒も入れるぞ、ドドドッとバババット入れちまえ~


mini_SH3C0003_20100920212935.jpg
さらに必殺の味の素投入!
ウチのお母上様は味の素はからだに悪いと言って使わないけど今日はおあは上様は旅行で不在だ
わざわざ買ってきて入れちまったぜ!
味の素の主成分はグルタミン酸ナトリウム、体に悪いなんていうのは嘘だ


mini_SH3C0004_20100920212935.jpg
レモン汁も入れるぞ
レモン汁を入れると味がさっぱりとするのだ・・・そのはずだ!


mini_SH3C0005_20100920212937.jpg
塩ダレの準備が終わったらネギを切る
適当な長さに切って縦に切れ目を入れて芯を出す


mini_SH3C0006_20100920212938.jpg
皮を細かく刻んで白髪ネギに
このへんの要領はガンプラと同じだ(違うって!)


mini_SH3C0007_20100920213055.jpg
もったいないから芯も刻んじゃえ
ベーコンとあらびきソーセージも切って準備完了!


mini_SH3C0008_20100920213056.jpg
先にベーコンやらなにやらを炒めて油を出す
ちょい油が足りないような気がしたからサラダ油も追加
ギトギトに脂っぽいような気もするけど気にしない(気にしろよっ!)
麺を投入して更に炒める
ああっもう面倒くさいっ!塩ダレもぶち込んダレ

チョ、ちょいと塩ダレ多すぎたかな・・・

なんかベチャベチャして全然ジュウジュウという焼きそばを焼く音がしないぞ・・・(この時点で地雷臭が・・・?!)
いくら炒めてもベチャベチャしたまま・・・もうめんどくせえっ、このくらいで勘弁してやるっ
早く皿に移りやがれ!


mini_SH3C0009.jpg
焦げ付いてしまった・・・
油が足りなかったか?


mini_SH3C0010.jpg
さらに盛りつけたらポテチを二、三枚砕いてトッピングしたら完成
激しく見てくれが悪いけどいい男は気にしない!
おっと、このハナアノレキは女性の訪問者も結構多いんだ
いい女も気にしない!

ネギが少なすぎたか?見当たらないな


では、実食!

うん、見てくれはアレだが結構イケル

パクパク

うぬぬ、だんだん塩辛くなってきたような?
ってか、塩っぺ~っ
み、水っ!水っ!

ぐぬぬ、食えば喰うほど塩辛くなっていく
塩ダレの入れすぎだ!
三分の一くらいの量でよかったのだ

だがしかしッ、気合と根性の男キングハナアルキ

強引に口に入れ飲み込む・・・

mini_SH3C0011_20100920213057.jpg
か、完食・・・な、なんとか食いきったぜ・・・グ、グハァッ!!


         ーーー戦死ーーー



奥サマ、これは悪い見本です
決して真似しないように(誰も真似しないって)



とまあ、オープニング塩焼そばはこの辺にしておいて(塩っぱかった・・・)本題に入ろう



SAFSはまだ骨が入ってない
ボーンはいれてないけどとりあえずポーズをつけてみた
まずは綾波の方をボーンを入れてポーズを付けられるようにしたかったんで綾波にボーンを入れて試行錯誤していたらSAFSにボーンを入れる時間がなくなってしまった
綾波の方もまだ間接が上手く曲がらない
ぐぬ~っ、時間が欲しい・・・。


ボーンはまだいれてないがこのモデルでは間接の中心をパーツの回転の中心にしているので立体回転ツールを使ってある程度のポーズは付けられる
そこで、素立ちのポーズにしてみた
SAFSは横から眺めるのが一番サマになる
SAFSは横から眺めるのが一番様になるなぁ


男の背中には哀愁が漂う・・・中身は綾波だけど

う~ん、早く綾波を仕上げないとSAFS脱ぎかけに出来ない

もう少し派手な色が欲しい

宇宙用のファイアボールの配色がカッコよかったんで白にしているけどオリーブドラブでも良かったかな?

もうちょっとだけ脚を横に太くしたほうが良かったか?

というわけで、ボーンが入ってないんで半完成、
レンダリングもしないと・・・

ってな訳で今回はこの辺で。
コメント
この記事へのコメント
>ぷりゅすさん

なるほど!
味の素は旨すぎて中毒になるということなんですね
勉強になったでありますのです
幸いにも今回は味の素の旨さにしびれる前に戦死してしまいましたでありますのです(笑)
2010/10/10(日) 15:50:47 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
なるほど 塩だれは自分で作れるんだね

こんどトライしてみますよ

でも 富士宮のように腰があって太めの麺が無くて

見つけても結構高い値段なんですよ!

味の素が 身体に悪いというのは

正確には 人間の脳って云うのは旨さ感じるのは

たえず比較することで感じるので 例えば お昼に¥380円の弁当を

食べた後に 夜¥680の定食を食べると 脳はお昼と比較して美味しいと感じるらしいんです

アジノモトの中には 自然界でも希少な旨味の成分 イノシン酸とグルタミン酸が多大に含まれていて

脳は一度その旨さを記憶すると なかなか忘れません

つまり もっと美味しいい物を求めるんですね

麻薬と一緒で かけ過ぎると中毒になってしまうんですよ

本来の自然の旨味が判らなくなるということです

そうすると 旨味以外の栄養が片寄って身体に支障をきたすということらしいです!

体調を崩さないように 楽しい3DANIMATIONを作成して下さいな♪
2010/10/10(日) 14:54:06 | URL | ぷりゅす #[ 編集]
>ほいむんさん

目分量・なんとなく量・テキトー量・だいたい量・入れちゃえ量・
このくらいだいじょーぶ量は私のお母上様直伝でありますのです

白髪ネギってそんなにすごい技だったんでありますのですか?!

今度は失敗しないようにリベンジするでありますのです。
2010/09/24(金) 17:42:16 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
鼻料理長様

目分量・なんとなく量・テキトー量・だいたい量・入れちゃえ量・
このくらいだいじょーぶ量、大賛成です。

それに白髪ねぎ!23年主婦の私でさえ1年に2回くらいしかやらない技!
脱帽ですw

また作ってね^^

2010/09/24(金) 14:27:55 | URL | ほいむん #[ 編集]
>よしこチャさん

スゴイというよりすこしばかり無謀でありますのでした(笑)
塩ダレの作り方はネットで調べたのですが量的なものがよくわからず無謀にもなんとなくこのくらいだろうでやってしまいました(爆)

キャベツは・・・ちょっとだけ本気だったりします。(笑)
2010/09/22(水) 06:03:42 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
塩焼きソバ。タレをご自分で作られるってすごいです。
今のところまったく「塩だれ」のノウハウがなく…
でもでも今回かなり興味を持ちました。
今度調べてチャレンジしてみるかもしれません (´-`*)

「キャベツ」な話はホンキかと思いましたが…
キャベツがあったら少しは塩辛さがやわらいでいたかもですねー。
って「3倍分が薄まる」とすれば大量になりそうですが… ( *´艸`)
それにしてもお見事です <(_ _*)>
2010/09/22(水) 00:41:17 | URL | よしこチャ #[ 編集]
>けうけうさん

あんまり豪快に作りすぎてド派手に失敗してしまったでありますのです(笑)
あんまりしょっぱ過ぎてその後数時間唇を舐めると塩っぱかったでありますのです。
2010/09/21(火) 23:19:02 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
あはは…オトコらしい(?)料理!
ごっつぁんです!
このくらいに豪快な方が、後腐れなく食べられるってモンです!


…そうかなぁ?

:食えば食うほど塩辛くなっていく:
ってあたり、何となく分かって
こっちまでしょっぱくなってきました(^_^;)
2010/09/21(火) 22:56:06 | URL | けうけう #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック