ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
おしえてアインシュタイン!&進捗状況・・・息抜きのつもりが・・・?
うにゃ~っ!

俺は時々しょうもないことを考える
真剣に思い悩んでしまう

何を悩むのかって?
相対性理論とか、そういうこと悩むのは物理学者にまかせとけと突っ込まれてしまいそうなことを悩んでしまう

相対性理論によると光の速さは絶対に超えることはできないという
なんで光の速さを超えることが出来ないっていうのかというと光速に近づくと物体の質量が増大するのだ
乱暴な説明だが質量が増大するとそれを加速するために必要な力も増える、だから光速を越えることが出来ないらしいのだ

え、ちょっとまて!?

だったら重力による加速なら、スイングバイによる加速なら光速を超えられないのかな?
いろいろ相対性理論関係の本読んでみたけどよく解らない・・・
おしえてアインシュタイン!

光速を越えることは不可能なんだろうけど有人の宇宙船だと亜光速で飛行することさえ難しいかもしれない
光速の90%で飛ぶと質量は約2.3倍になる
それは宇宙船の中の人間においても同じだ
血液の質量も2.3倍になる
だから血液の慣性も2.3倍になって血管に血液がぶつかる感触がドクンドクンとハッキリと感じられるかもしれない

光速の99%にもなると質量は7倍になり慣性で血液を送り出す心臓に結構負担がかかりはしないだろうか?
動脈にもかなりの負担がかかるかも
血管の弱い人なら動脈破裂の可能性もあるかも?

光速の99.999%にもなると質量は223倍にもなる
こうなるともう心臓は血液を送り出す慣性が大きすぎて脈打つことすら無理なんじゃないだろうか?

おしえてアインシュタイン!

光速の90%くらいで飛ぶとスターボウが見えることはよく知られている
では光速の90%で飛ぶ宇宙船の中はどう見えるのだろうか?
光行差現象でかなり変なことになるはずだ

光行差現象ってのは雨の日自転車なんかでスピードを出すと雨が上から降ってるにも関わらず顔の前に当たり、前から雨が降ってるように感じられるのと同じだと思っていい

宇宙船の船首方向に頭、船尾方向に足をついて立っているとしよう
そうすると平らな床に立っているはずなのにお椀のそこに立っているように見えるはずだ
さらにほんのちょっと視線を下げると自分のつま先が見えたりするはず
つま先だけじゃない、普段は鏡を使わないと見れないはずの自分の唇も見えるはずだ

さらに青方偏移で船首方向は青っぽく、船尾方向を見ると赤っぽく見えるはずだ
船尾方向に赤いランプが点いていたら赤方偏移で赤外線に変わって点灯してるのが見えないかもしれない
船首方向に向かって椅子に座りコンソールを操作しようとすると光行差でコンソールパネルが船首方向に向かって歪んで見えコンソールに伸ばそうとする手もウニョ~ンとひずんで見えて操作は非常に困難だろう

光速の90%を脳内シミュレーションしてみたんだけどこれであってるよね?
おしえてアインシュタイン!


亜光速といえば長谷川裕一先生の代表作、マップスのコミックス2巻に歌う流星という回がある
何百年も昔の星間戦争で敵の星の太陽を破壊するために歌う流星という宇宙船が亜光速弾に改造され、発射される
亜光速弾っていうのは宇宙船を限りなく光速に近づけることによりブラックホールになるくらいまで質量を増大させ、亜光速で移動するブラックホールを敵の星にぶつけて破壊するというものだ
亜光速だから何百光年も離れた敵の星に当たるには何百年もかかる
その間に星間戦争は終結し歌う流星を止めるために主人公のゲンとリプミラが活躍するわけだが、俺はこの歌う流星の回を読んだときにこれを描いた長谷川裕一先生って物凄く天才だと思った
そして大ファンになった

なぜって?

光速に近づくと質量が増大することは知っていたけど限界まで光速に近づけて亜光速で飛ぶブラックホールにしてしまおうなんてアイデアどんなSF小説や相対性理論の入門書にも出てこなかったんだもの!

だが同時に疑問も抱いた

光速に近づくと見掛けの質量が増大する
マップスの歌う流星の回では見掛けの質量が増大すると重力も増大することになっていたがほんとに重力も増大するのか?
いろいろ相対性理論関係の本を読んでみたけどわからなかった・・・

おしえてアインシュタイン!

ところで、歌う流星のように亜光速で飛ぶブラックホールってどういう性質を持っているんだろう?
回転するブラックホールとかなら物理学者さんたちが色々シミュレーションして研究してるみたいなんだけど
とりあえず俺的に脳内シミュレーションしてみた・・・

亜高速で飛ぶブラックホールの軌跡にはワームホールが出来るはずだ、すぐに消えて無くなるだろうけど

根拠はなんとなくだ!

根拠は多分だ!

根拠はそんな気がするだ!

ホントの所はどうなんだろ?
おしえてアインシュタイン!



ふう~っ!
ひさびさに暴走してしまった
ズル休みすると調子がいいや(笑)

とまあ、オープニング相対性理論はこれぐらいにして本題に入ろう(長いよ!そして難しいよ!だ、誰かついてきた人はいる?)


形が良くわからないものは作るのに時間がかかる
今作ってるmk-54はコミックスとにらめっこしながら作ってる
作ってる時間よりコミックス睨みつけてる時間のほうが長いくらいだ

で、にらめっこするのにつかれてきたから息抜きに女の子作り出してみた
息抜きのつもりで作ったんだけど、本気モデリングになってしまった
わはははははっ!何度目だ?俺は何度綾波を作っているのだ?
しかも息抜きのはずが本気モデリングになってしまっているし
今度の綾波のテーマはアップに耐えられるアニメ顔!

俺はアニメキャラがアップになると鼻の穴とか目の涙腺のとことかブライトさんの白目がどうなっているのかとか気になってしょうがない
遠景の時は描いてなくても気にはならないのだけどアップの時はちゃんと鼻の穴とかちゃんと描いて欲しいなぁとか思ったりするのだ
らき☆すたとかデフォルメのきついアニメなんかだとそれは気にならないのだけどエヴァのキャラグラいのデフォルメ具合だとアップの時、鼻の穴が描いてないと気になるのだ
綾波、作るのもう何度目だ?(笑)

アニメキャラの横顔をそのまま立体化するとどうしても魚顔に近くなり眼球を球で作るのは難しかったりする
涙腺のところに大きな隙間ができたりするからだ
このモデルではアニメの横顔を再現しつつ涙腺のところの隙間を少なくすることになんとか成功している
でも、虹彩とか瞳孔とかはアニメと一緒で楕円にした
虹彩や瞳孔を楕円にしないと綾波に似ないのだ
カタチがわかってるものは作るのが早いのだ
う~む、カタチがわかっているものは作るのが早いぜ
それに女の子の顔は作り慣れてるというのもある

え、mk-54はどうしたのかって?
もちろん作ってるのだ
腕・・・う~ん、まだ手首と関節が残ってる、ああっ!銃と盾持つjくらなきゃ!
上腕部と下腕部が出来た
右腕と左腕で装甲の形状が違う、こちらは右腕
何故か、右腕と左腕の装甲の形状が違うんだな
こちらは左腕
全体のバランスを見るために軽くポーズをつけてみた
完成まであと少しだ、頭がちょいおおきいかな?
完成まであと少しだ
ほんのちょっとだけ頭がおおきいような気がしてきた
後ろから、
うにょ~っ、関節どうしよう?
手首も大変だよ
まだ銃と盾作らなきゃ


ってな訳で今回はこの辺で。
コメント
この記事へのコメント
>tookueさん

宇宙とかSFとか好きで昔、その手の本色々読んでましたのでありますのです

今の技術や理論では光速を超えるどころか亜光速すら無理かもしれませんが私はいつか必ず人類は光の速さを超えてよその太陽系まで飛んでいけることになると信じているのでありますのです
それが証拠に今日もどこかでほら、UFOが!

綾波はmk-54と並行して作って髪も体も作るつもりでありますのです
ただ、服は綾波の服とは思えないかなり毛色の違った物にする予定でありますのです

お楽しみにでありますのです。
2010/06/08(火) 18:21:24 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
こんにちは!
はじめまして!
相対性理論・・読まれるんですね
私は興味あるけど・・さっぱり文字は嫌手~~感じです^^:
理論上光速は無理ですかね?!
いつか・・・かなえて欲しい問題です
アイシュタイン・・脳は保管されてるそうなんですね~
いつかそちらアクセスできるかもですね
倫理とか問題が出るかな!
あやなみ・・・髪が欲しいですね(希望)
これも・・またいいかもです
2010/06/08(火) 13:17:00 | URL | tookue #[ 編集]
>caltecさん

今回は楽しんでいただけるかどうかちょっと不安だったのでありますのですが結構楽しんでいただいてるみたいで幸いでありますのです

制作スピードに関しては女の子の顔は作り慣れてるのであまり時間をかけると進歩のないやつと思われるので(笑)
あ、でもmk-54の方の制作スピードが遅すぎる~っ
うわぁぁぁぁぁっ。
2010/06/08(火) 06:06:40 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
相対性理論がオープニングとは度肝を抜かれましたよ。
超面白かったです。
今回も中身が濃かったですね。
それにしても制作スピード半端無いっす!
2010/06/08(火) 04:17:43 | URL | caltec #[ 編集]
>Baby pink amyさん

アインシュタイン博士は既に他界して天国におられます
これでは答えが聞けません・・・

いいアイデアがあります!
イタコに頼んでアインシュタインを降ろしてもらうのです

ではイタコさんお願いします!

(イタコ)はにゃまかほにゃまかアインシュタイン降りませい~っ!

おおっアインシュタインが降りたっ!
ではアインシュタイン博士教えてくださいっ

(イタコ)ごめんなさい、ドイツ語がわかりません!

んなアホなぁ・・・。
2010/06/07(月) 23:38:11 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
…どこまでがリアルで、どこからが「理論」なの???
教えて!アインシュタイン!
2010/06/07(月) 23:00:06 | URL | Baby pink amy #[ 編集]
>アッシュさん

うわわわわわっっっムツカシイ話でごめんなさいと書こうとしたらさすが現役の院生!さらにムツカシイことをおっしゃられるのであられまする

ひええええええええっ、大学院生様にはかないませんでありますのです
ゴメンナサイ、ゴメンナサイ、ゴメンナサイ。
2010/06/06(日) 23:40:22 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
こんばんわ!!
ハナアルキさん こんばんわ!!
そしてスミマセンでした!!><
せっかく拍手コメまでして頂いていたのに!!
本当有難うございました^v^

おぉう…どうしよう、ムツカシイお話が!!(((゜□゜;)))
確かに相対性理論では質量を加味しますもんね(-" -;
かと思えば同じように確立された「量子論」は粒子は質量を持たないと定義している訳で…(・Λ・;)
でも両者をつなぐ「超ひも理論」の10次元のヒモならブラックホールを生みだすので
その時は素粒子は少なくとも光速に近い…のかな???(焦)
おしえて アインシュタイン!!笑
こんなムツカシイこと、アッシュは時間が有り余っても考えたくないのに…
ハナアルキさん 凄いです…!!(#゜△゜#
2010/06/06(日) 23:06:43 | URL | アッシュ #[ 編集]
>けうけうさん

わはははははっ難しくてごめんなさいっm(_ _)m
アホな妄想するの好きなんです

たしかに、私のしょ~もないこだわりはこの辺からきてるのかもしれないでありますのです。
2010/06/06(日) 20:07:46 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
うがーーー!難しい!
ヒマ(?)な時にそんな事を考えるとは、
さすがというか何というか…

でも、ハナアルキさんのコダワリ魂は
そんなところから出てきているのかな?
とか思ってしまいますね。
2010/06/06(日) 19:24:42 | URL | けうけう #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック