ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
体は完成!
ふにゃ~ご!
今回はオープニング飛ばしていきなり本題だ
決してネタが尽きた訳じゃないぞ(笑)ホントだぞ!ホントなんだからな!(尽きたんだ・・・。)


体が完成した
体部分完成!
前回より少しだけ縦に長くなってるのだけどわかるだろうか?
簡単に縦に伸ばしたり潰したりバランス調整が可能なのがDCGのイイトコロ
横から見るとSAAの特徴的なシリンダーが覗いている
横から見るとSAAの特徴的なシリンダーというかサスペンションみたいなものが見える

ところで、このmk-54の画像を見てエッジの輪郭線が出てなかったりエッジが全体的にタルイというかシャープさに欠けると思った人はいるだろうか?

そう見えた人は正解なのだ
これは、わざとエッジをタルくしてあるのだ

3DCGでシャープなエッジを出そうとするとそれはどんなにアップにしてみても果てしなくシャープなエッジになる、まるで砥石で研いだように

だけど人間が触る道具はよく見ると大抵のものはエッジがタルい、というか丸い
モノを作る工作精度でそんなにシャープなエッジは必要ないことが多いし、あんまりエッジがシャープだと手を切ったりしかねない
それは、軍用兵器であっても同じことがいえるとおもうのだ

これが、20メートルとかの巨大ロボットならエッジをタルくする必要など無いのだけど、このmk-54は等身大のパワードスーツ、アップにしたときに感じるエッジのタルさは無視出来ないものだと思うのだ

そんなわけでこのmk-54ではパーツの角をあまりシャープにせず少しタルくしているのだ

このエッジをタルくする処理は、六角大王の加工>鋭角率の設定>で、鋭角率80%とか95%、98%などに設定しているんだけどこの処理を行うと六角大王のバグ?のせいでレンダリングしたりアニメ立体に設定したりすると鋭角率1~99%の部分の鋭角率がゼロになってしまい形状が崩れてしまうのだ

これを防ぐには完成した後、曲面形状で等分割という処理をすればいいんだけどそうするとポリゴンが四倍とか八倍とかになってしまう
う~ん、これはアニメーションさせるのは無理かもしれない・・・

背面、ディティールが良くわからないので漫画を見ながら適当に・・・
背面は漫画を見てもディティールがよくわからなかったので適当、でも一応マンガのディティールに近くはしてる・・・と思う

アタリをとるために入れていた仮の体を消してみたとこ、機械鎧って感じ
アタリをとるための仮の体を消してみたとこ
機械鎧って感じ

謎の箱、多分武器なんだろうけど劇中ではまだ未使用、ディティールがわからないので適当
↑この部分が一体何に使うのか不明・・・なにか意味ありげな装備なんだけど?
上面にヒンジみたいなものがあるから伸長させて使うものなのだろうか?
レールガンではないかとも思ったんだけどウィキペディアによると左手に持っている盾の裏に装備されている銃がレールガンだという
でも、12巻の劇中で一度だけ使ったシールド裏の銃はレールガンとは明確に描写されていない
シールド裏の銃は対戦車ライフルかグレネードランチャーかもしれないのだ

最新の14巻でバックパックの謎の装備がなんであるかハッキリするのではないかと思ったんだけど14巻ではこのmk-54の装着者、主人公のグラハルト・ミルズ少佐の出番がなかった・・・全くなかった・・・
いや、14巻どころかその前の13巻でも主人公のグラハルト・ミルズの出番がない!全く無い!(笑)

主人公の出番が単行本2巻分もないマンガって・・・(笑)

戦闘の描写が濃いのだ!濃すぎるのだ!
主人公以外の超人的なキャラの強さを描くための一回の戦闘をまるまる一巻を使って描写してたりするのだ、このマンガは(笑)


さて、次は脚を作るぞ
しかし、このmk-54、膝曲がるのか?


ってな訳で今回はこの辺で。
コメント
この記事へのコメント
>あんにゅいさん

アニメーションだけでなくレンダリングでも無視されるのも困るでありますね
早くバージョンアップして星でありますのです。
2010/05/05(水) 11:33:42 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
ご存知でしたか、かたじけない。
確かにそうですね~、単純な形状以外は不便かも、ですね!鋭角率は、アニメーションで無視される仕様をなんとかしてほしいですよね・・・
いやしかし「手抜き」ではないですよ~いかにして目的地に早く到達するかの手段ですとも!・・・・??
2010/05/05(水) 00:09:09 | URL | あんにゅい #[ 編集]
>あんにゅいさん

ども~、はじめましてでありますのです

私も面取りで処理しようかな~と思ったのでありますのですが六角の面取りは単純な形状ならよいのですが、あまり複雑な形状の面取りをするとポリゴンがシッチャカメッチャカになっちゃったりひどいときには六角が落ちたりするので、六角の面取りは信用出来ないのでありますのです
それと、面取するよりは鋭角率いじった方が簡単だったりしちゃったりなんちゃったり・・・あ、これって手抜き?ち、ちがうッ、断じて違うでありますのですよぉ~っ。
2010/05/04(火) 23:41:11 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
はじめまして!いつも楽しく拝見しています。
ワタシも六角使いなのですが、思い当たる節がありましたので・・・
「加工」→「面取り」で幸せになれるかもしれません。
なんとなーく使ってきたので、こんな機能があるのを初めて知り、感動しています。
「だるいエッヂ」を作るためにワタシも曲面化+鋭角率で、まったく同じことで悩んでいたものでして。
2010/05/04(火) 22:27:59 | URL | あんにゅい #[ 編集]
>Baby pink amyさん

しばらく更新がないなぁ~と思ったら入院されておられたのでありますのですね

病気なのでしょうか?
怪我なのでしょうか?

いずれにせよ早く完全復活されますことをお祈りしておりますのです。
2010/05/04(火) 21:03:55 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
こんにちはです~o(=Δ=)❤
一時帰宅のamyですよ。
メカメカしいものが出来上がっておりますね。
拍手コメント、ありがとうございました。励まされました。
これからも宜しくお願いいたします~mm
2010/05/04(火) 18:48:37 | URL | Baby pink amy #[ 編集]
>けうけうさん

ありえないです!ありえません!でもこれ、少年漫画なんです(笑)

13巻から読み始めるとだれが主人公かわからないと思うのでありますのです(笑)
2010/05/03(月) 10:38:04 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
いやぁ、細かい部分へのこだわりがすごいです。
確かに、身近な物を見ても大概は丸っこくなってますもんね。

しかし主人公が全然出てこないマンガ…
少年マンガじゃありえないですよね。
2010/05/03(月) 08:47:41 | URL | けうけう #[ 編集]
>虫@貯蓄さん

このmk-54を作り始めたのはかなり前のことで、当時は動かすことなど全く考えてなかったので今から動かせるようにするのはちょっと難しいかもです・・・

実はコミックス11巻でも主人公の出番がまるまるなかったり・・・。(笑)
2010/05/03(月) 06:51:05 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
>caltecさん

このマンガは連載されていた雑誌が潰れているし(でも単行本で続いている)本屋でもなかなか見かけることが出来ないマイナーなマンガですが戦闘の描写が本当に濃くってめちゃめちゃ面白いのでブックオフなどで見かけたら是非一度読んで見られることをおすすめするのでありますのです。
2010/05/03(月) 06:50:46 | URL | キングハナアルキ #[ 編集]
先に進みましたね(*´ω`*)
このキャラが動くのが楽しみですが、
なかなか厳しいのですか(´・ω・`)

単行本2冊出てこない主人公には笑わせてもらいました(*ノ∀ノ)
2010/05/03(月) 05:13:31 | URL | 虫@貯蓄 #[ 編集]
>それは、軍用兵器であっても同じことがいえるとおもうのだ

確かにそうですよね。
あと、市街戦とかだと、ものにも引っかかったりする可能性も出てくるし。

しかし、主人公の出番が単行本2巻分もないマンガとは・・・濃い漫画ですねえ。

機会があったら読んでみたいです。
2010/05/03(月) 04:38:20 | URL | caltec #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック