ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
パンティ買っちゃった♡&ΖPlus腕も出来た、でも先は長い・・・。
ひにゃ~ご!


う~ん、みんな忘れてるだろうけどマレーシア航空機まだ見つからないなぁ、どこへ行ったのだろう?

とまあそんなことはどうでもいいとしてオープニング行ってみよ~!



パンティ、それは男のロマン!

パンティ、それは男のあこがれ!

パンティ、それは男の心のふるさと!


俺はパンティが好きだ、大好きだっ、愛しているっ!

パンティがあれば変態仮面になれる、無敵になれるっ!

だが俺はパンティを持っていない・・・ならばっ、買えばいいっ!!!

と、いうわけで・・・買っちゃった♡





































NCM_0002_20140528165948876.jpg
Panty& Stocking with Garterbeltのパンティちゃんだ(笑)

俺が本物のパンティ買うような変態野郎なわけないだろう?
え、誰だ嘘つけ本物の変態のくせになんて言ってる奴は?

いやまあ、確かにこんなフィギュア買う時点ですでに変態さんなわけなのだが(認めちゃったよ、ついに)
でも、さすがに本物のパンティ買うような変態じゃないぜ
い、いや、でも、秋葉原に売ってるとういう伝説の冷やしパンティなら欲しいかもしれない(笑)

で、フィギュアのほうだが、これはPanty& Stocking with Garterbeltっていうアニメのパンティという名前のキャラなのだ
俺はPanty &Stocking with Garterbeltっていうアニメは最初知らなくて尻臼さんのブログでこのフィギュアを知ってエロツボにストライクしたからポチったのだが尻臼さんにこのアニメはイロイロな意味で酷いアニメだけど面白いと教えていただいて見てみたんだけど・・・本当に酷い(笑)

何が酷いって主人公のパンティとその妹のストッキングは天使なんだけどパンティの方は超ビッチ!マジでビッチ!天使なのにビッチ!でヤりまくり
WS001946.jpg
こんな風に(笑)
オマケにこのパンティちゃん第一話でトイレに吸い込まれてウ○コ塗れに・・・
ひでぇ・・・(笑)
妹のストッキングの方はビッチではないものの甘いモノを食いまくりで大何話でだったか太りすぎて巨大化してるし、ストッキングは男の趣味がでたらめに悪かったり


え、絵がフィギュアとぜんぜん違うって?
このアニメはアメリカのcartoon調の絵柄で描かれているのだ
WS001944.jpg
こんな感じで
でも変身シーンではこのフィギュアみたいなリアル等身に逆作画崩壊したりするのだ
WS001952.jpg
WS001953.jpg
WS001954.jpg
WS001955.jpg
でもすぐ元の絵に戻るけど
ちなみにこのアニメ、エヴァンゲリオンやトップをねらえ!を作ったガイナックスがつくているのだ
だからめちゃめちゃ面白い

ああいけね、フィギュアの話だった

買ったはいいけどこのフィギュア顔が怖い
NCM_0013_201405281700505f9.jpg
顔色が悪くてゾンビみたいに見えるのと口の端が切れ上がってるのが原因だろうなぁ
デコマスではもっと可愛く見えたのに

NCM_0005_20140528170001262.jpg
腕は銃を持った状態に付け替えできる

ちなみにこの銃はパンツが変化したものだ、だからノーパン(笑)

NCM_0008_20140528170007dd9.jpg
おしりは凄く可愛いんだけどなぁ

NCM_0009_2014052817000744d.jpg
このフィギュア誰かに似ている気がする・・・

NCM_0011_201405281700518f8.jpg
やっぱり顔が怖いっ、モッコス様ほどではないけど邪神に見えてきた、天使なのに・・・

いや、誰かに似てると思ったら友人M(男)に似てるんだ
友人M(男)はこんなに目が大きくないけどなんとなく雰囲気が似ている、ゾンビっぽいところとか表情とか・・・

ああっ、ダメだっ、友人M(男)に似ていると気がついてしまったら友人M(男)にしか見えなくなってしまった
こ、これじゃあ萌えないよぉ~~~っ!

チョットだけ買ったのを後悔してしまったキングハナアルキであった


う~ん、これ、口の端を直すだけでずいぶん違うと思う
NCM_0004_20140528170009293.jpg
この画像を画像処理ソフトで口の端の切れ上がりを修正してみた
NCM_00040101.jpg
これだけでかなり可愛くなったと思う
あと、顔色が悪いのもヤダな、タミヤウェザリングマスターでチョットお化粧してみた
NCM_0019_20140528170101d3c.jpg
うん、良くなった、というよりエロくなった?

パテを買ってきて口の端を修正しなきゃだな


は、こんな記事を書いちゃったらまた女性訪問者様にドン引きされてしまうっ!!!
こ、こうなったらタライを落としてごまかしてしまえ~~~っ!!!
(と、いうわけで、タライ落としのお時間がやってまいりました。では皆さん用意はいいですか?3・2・1・0・爆撃~~~っ!)
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・  ・[
   ・ ・
   ・・
ガイ~~~ン!
\(〇_o)/
っ痛ててて、だ、誰だっ、タライに食パンと紅茶入れて落としたのは?
え、パンとティーでパンティーだって?
さ、寒いっ・・・




とまあオープニングパンティー買っちゃったはこの辺にして本題に入ろう




ゼータプラス、足首と腕が出来た
WS001932.jpg
まずは足首

WS001933.jpg
足首は造詣は楽だったけど脛との大きさのバランス取りや可動軸をどこにするかで苦労した

WS001934.jpg
足の裏

WS001935.jpg
ΖPlusのロゴのテクスチャも作った
ロゴは画像処理ソフトではなくポリゴンで描いて、それをキャプチャしてテクスチャにした

WS001942.jpg
俺の場合画像処理ソフトで描くよりポリゴンで作ったほうが早いのだ

WS001936.jpg
腕、03の文字はポリゴンで作った

WS001937.jpg


WS001940.jpg


WS001941.jpg


肘の関節はプラモや設定画のように二重関節ではなく関節はひとつ
そして肘の付け根に設定画やプラモにはない回転軸を追加している
人間の腕は手首を回転させる時、手首から回転するのではなく肘の付け根から回転するからだ
自分の腕の腕毛を見ながら手首を回転させてみとよくわかる
え、腕毛生えてないって?
うん、そういう時はアレだ、リアップとか発毛剤を塗るのだ(笑)
ΖPlus 肘稼動テスト01


腕が出来たからやっと全体が見えてきた
WS001931.jpg




WS001928.jpg
腕を真っ直ぐ下ろすために腰のビームカノンを後ろに逃がしている

WS001929.jpg
前回の記事の時より脛のボリュームを増しているのでバランスが良くなってると思う


WS001930.jpg


WS001943.jpg
胸のVMsAWrsのロゴもポリゴンで作った
VMsAWrsってのはバリアブル・モビルスーツ・アンド・ウェイブライダー・システムの略なのだ

WS001924.jpg
さて、あとは背中のウイングバインダーとテールスタビレーターにビームスマートガンを作らなきゃ
まだまだ先は長いな・・・



ってなわけで今回はこのへんで。
ミニ四駆改造してボールベアリングモーターを作ろうと思ったら失敗しちまったけどミニ四駆楽しすぎだぜってタイトルで全部書いちゃった(笑)&ゼータプラスの脛難しいぜ
ぶにゃ~っ!


最近は熊本でもスーパーで普通にペヤング売ってるようになって俺は嬉しいぜっ!
ペヤングヒャッハー!って思ってたらペヤングの激辛売ってたんで嬉しくて買っちゃったい

食った!

口が痛いっ!

悶絶した!

ちなみに写真は撮り忘れたぜ

とまあそんなことはどうでもいいとしてオープニング行ってみよ~!




俺は考える

俺は時々、考えなくてもいいようなしょ~もないことを考えこんで思い悩んでしまう

今回はボールベアリングモーターについて考えてみた



さて、みなさんはボールベアリングモーターというものをご存知だろうか?

ボールベアリングモーターってのは2つのボールベアリングをシャフトで繋ぎ両端のボールベアリング間に電流を流し軽く回転を与えると回転を与えた方向に加速して回転し続けるというものだ
このボールベアリングモーター、通常のモーターに必要な磁石やコイルがない!
ボールベアリングをシャフトでつないで電流を流すだけというシンプル極まりない構造のモーターなのだ

では何故、回転するのか?
ボールベアリングモーターが回転する原理は諸説色々ある

ローレンツ力で回ってるとか、ボールの熱膨張が連続して起こって回ってるだとか、グリスが加熱されて気化して回ってるだとか、色々言われてるけど未だもって回転する原理がハッキリわかってないのだ

原理が解明されていない・・・

そう、俺は宇宙の真理と謎を探求する男キングハナアルキ!
解明されていないならば、この知能指数1300を誇る宇宙一の大天才である(ウソです、どっちかというと大天災)この俺が解明してやろうではないか!!!

WS001918.jpg
ボールベアリングモーターを局部的にアップにした図だ
わかりやすいようにスケスケだ、ん、かえって解り難くなったかな?

WS001919.jpg
まずはボールベアリングの外側から内側に電流が流れる

WS001920.jpg
シャフトを回転させてやるとボールが回り出す
そうするとフレミング右手の法則で・・・って書こうとした時俺は自分が衝撃的勘違いをしてるかもしれないことに気がついた
フレミング右手の法則って磁界中を移動する導体に誘起される電流の向きを示す法則なんだけど磁石を固定して磁界の中を導体を移動させると電流が発生して逆に磁界の中の導体に電流を流すとローレンツ力が発生するってことなんだけど・・・

俺この記事書くまで移動する導体に電流を流すと磁界が発生するって思ってたんだ・・・

あ、あれっ、フレミング右手の法則で検索してみたら磁界中を移動する導体に電流が誘起される、または、磁界中の導体に電流を流すとローレンツ力が発生するってことは書いてあるけど移動する導体に電流を流すと磁界が発生するとは書いてないぞ?
いや、まあ、移動しない導体に電流を流しても磁界は発生するけど・・・

こ、これは致命的勘違いというやつなのか!?

なんてこったい!
頭がパニクって勘違いかどうか検索ワードが思い浮かばないぜ、この知能指数1300の大天才キングハナアルキ様とあろうものが(ええかげんにせい!)

CGまで用意したというのに・・・
これはタライものだっ!
(え~皆様お久しぶりです、タライ落としのお時間がやってまいりました。本来ならばキングハナアルキがボールベアリングモーターの謎を解明してやったぜ、これでノーベル賞は俺のものだぜヒャッハ~!ってボケをかましてるところにツッコミを入れるカタチでタライを落としたかったのですがキングハナアルキが衝撃的かつ致命的な勘違いをしていたっぽいのでそれにツッコミを入れるカタチでのタライ落としに代えさせていただきます、しかし長い括弧閉じだな、というわけで皆様タライのご用意はよろしいでしょうかか?では、3・2・1・0爆撃~!)
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ]
ガ、ガ、ガ、ガ、ガ、ガイ~~~ン!
\(〇_o)/
っ痛ててて、だ、誰だ、タライを立てて落としやがったのは?
カドが当たると痛いんだぞぉ~っ(笑)




ううっ、まだ頭がうずくよ
ボールベアリングモーターの解明には失敗したっぽいけど俺はこのシンプルで謎なモーターを作って実験してみようと考えた

ボールベアリングモーターで検索するとyoutubeやニコニコ動画に結構ボールベアリングモーターの動画が見つかる











これらを見て面白そうだから俺も作ってみようと思った・・・のだけど

ボールベアリングどこに売ってるのかわからねぇ、シャフトどこで買うの?
ブースターケーブル高そうだよぉ、車やバイクのバッテリー高いよう

財布が痛い、無理っ(笑)

だがしかしっ!

天才である俺は思いついた
ミニ四駆用のボールベアリングならば数百円で買える!
ミニ四駆を使えばシャフトやベアリングの固定、電池ボックスなんかもまとめて調達できる!
ヒャッハ~、俺ってやっぱ天才!

というわけでAmazonで買ったぜ!
NCM_0001_20140517215245c8b.jpg
ミニ四駆はフェスタジョーヌだ、ランボルギーニっぽくてカッコイイぜコンチクショウ
実は俺はミニ四駆買うのはこれが初めてなのだ
いや、正確にはこれで二台目というべきなのか?
俺が小学生の頃だったか、ミニ四駆ブーム以前にコミカルミニ四駆シリーズのシティターボを買った事がある
でも本格的なミニ四駆はこれが初めてなのだ
それとミニ四駆用のボールベアリング、ちっせえ~っ
リード線
ピンバイスとドリル、ピンバイスとドリルはホームセンターで買えるぜ

まずはミニ四駆のボディを外す
モーターも外す
ギヤも外す
NCM_0005_20140517215257db4.jpg
そしてピンバイスで軸受けの部分に穴を開ける
穴の大きさは0.8㍉ぐらい?1㍉でもいいかなリード線が通ればいいのだ
写真で見えるかな?
NCM_0006_20140517215252de1.jpg
タイヤとシャフトを外して軸受けに空けた穴に片方だけリード線を通してベアリングをはめ込む
タイヤとシャフトをセットして電池を入れる
電池は以前紹介したコンバットクリーチャーズ用に買ったニッケル水素電池だ
コンバットクリーチャーズといえば
NCM_0007_201405172152592ee.jpg
コンバットクリーチャーズのコントローラーが不調なのだ
NCM_0008_20140517215254ddb.jpg
砲台を上に向けるための青いボタンが接触不良みたいで砲台が上を向かない
コントローラーを分解して接点復活剤を吹いてみたら一時的に治ったけど青いボタンはまた反応しなくなって極稀にきまぐれに反応しやがる
なんでじゃぁ~っ、話が脱線しちまったい

ええっと、タイヤを軽く回しながらもう片方の軸受けに空けた穴にリード線を突っ込んで、さあ回れっ!!!













回らない・・・(笑)


ベアリングをよく見てみるとシャフトが通る穴が黒い、シャフトが通る部分は樹脂製?
それとも塗装してある?
なんか電気が流れなさそうだ

だがしかしっ!

俺にはもうひとつベアリングがあるっ!
実はこのミニ四駆シャフトの断面が六角形なのだが、それを知らずに丸穴のボールベアリングを間違えて買っていたのだった(笑)
丸穴のボールベアリングはシャフトが通る部分も銀色で金属っぽい、六角のシャフトも通らないことはない

で、試してみた










やっぱり回らねぇ(笑)


やはり単三電池二本じゃ無理なのか?
くそう、くそう、くそう、いつかリベンジしてやるぅ~っ!!!


だがしかしっ!

このミニ四駆を使ったボールベアリングモーターの実験に失敗したことでわかったことがある

それは・・・














ミニ四駆めっちゃ楽しいっ(笑)



ミニ四駆こんなに楽しいものとはしらなかったぜ、部品点数も結構多くて作るの楽しいし走らせるの楽しくてやっぱりコースをはしらせたくなるよ
ついついamazonでミニ四駆のコースとかモーターとか探してるうちに我に返ってはっとしてしまったのは内緒だ(笑)



とまあオープニングボールベアリングモーターを考えてたらミニ四駆にハマりそうはこの辺にして本題に入ろう


ゼータプラス脛まで出来た
WS001907.jpg
足首までは作れなかった

WS001908.jpg
だってこの脛作るのスンゴク難しかったからだ

WS001909.jpg
ゼータプラスの脛を見た時から作るの難しそうだなぁって思ってたけど作ってみたら予想以上に難しかったぜ

WS001910.jpg
何がそんなに難しいのかって全体的にややこしい曲面で出来てる上にパネルラインが入ってる

WS001911.jpg
パネルラインは普通の人だったらテクスチャで描くと思うんだけど俺はテクスチャ描くの面倒臭いからパネルラインで分割してパーツを作ろうと思ったのだ(ソッチのほうがよっぽど面倒くさいぞ)

WS001912.jpg


WS001906.jpg
で、こんな感じで分割して作ったのだ

WS001905.jpg
今まで色々作ったけどゼータプラスの脛ほど難しものはなかったよ

WS001904.jpg
こんなバカな作り方するのは俺くらいなものかもしれない(笑)

WS001903.jpg
WS001914.jpg
全体のバランスはこんな感じになる
脛が横に少し細い気がするか?

WS001915.jpg
う~ん、やっぱり脛が横に細い?

WS001916.jpg
バランスはもうチョット修正するかもしれない

WS001917.jpg




ってなわけで今回はこのへんで。
ウロボロス&大腿部まで出来た
ふみゃ~っ!


ウロボロス
それは自分の尻尾を食べる蛇

以前、よしこチャさんに蛇が自分を食べるっていうのを見てみたいというコメントを頂いた
蛇が自分の尻尾を食べるとどうなるのか、以前自分でも考えてみたことがあったのだが頭の中でシミュレートすると頭の中がこんがらかってよくわからなくなるのでそれ以上考えることはなかった
しかし、よしこチャさんのコメントで考える男であるこのキングハナアルキは蛇が自分の尻尾を食べるとどうなるのかちゃんと考えてみることにしたのだっ!

だがしかしっ!

頭で考えてたらワケが解らなくなる
そこで俺はCGで考えてみることにした

WS001887.jpg
ヘビだっ!
え、ヘビに見えないって?
い、いいのっ、世の中にはヘビが苦手な人も多いからヘビに見えないくらいで丁度いいのっ(笑)
え、しっぽが変だって?
いいのっ、諸般の事情でこういう尻尾になっちゃったのっ!
イイ男は細かいこと気にしちゃいけない、イイ女も細かいこと気にしちゃいけない(笑)

WS001888.jpg
で、ヘビが尻尾を飲み込み始める
諸般の事情により尻尾を飲み込むというより尻尾が伸びていっているのだが細かいこと気にしちゃいけない

WS001889.jpg
さあどんどん入っていくよぉ、なんかヘビさんが(|| ×m×)オ、オェ・・ってキそうな図だな

WS001890.jpg
更に飲み込んでいって一周してまた口に入るぞぉ

WS001891.jpg
頭の中で考えるとこのくらいが限界かな?

WS001892.jpg
二周目いきま~すっ!

WS001893.jpg
もうこれ以上は同じことの繰り返しだな、ヘビが自分の尻尾を飲み込むとこうなるのだ

ウロボロス01
なんかちょっとエロいと感じる俺は触手エロアニメの見過ぎなのだろうか(笑)

謎は解けた!

だがしかしっ!

これではまだ不完全だ
ヘビには肛門がある、いや、ヘビの場合は肛門とは言わず総排泄孔というのだが
ヘビは肛門から前が胴体、肛門から後ろが尻尾なのだそうだ
そして胴体には肋骨があって肛門から後ろの尻尾には肋骨はない
そんなことはどうでもいいのだが、自分の尻尾を飲み込んだヘビの肛門から尻尾が出るとどうなるのだろう?

WS001880.jpg
再びヘビさん
え、尻尾がさらに変になってるって?
い、いいのっ、諸般の事情でこんな形になっちゃったのっ!
肛門はどこだって?
丸くなってる内側のカクカクなってるところが肛門なのっ!
え、肛門に見えないって?肛門が後ろすぎるって?
諸般の事情なのっ、細かいこと気にしちゃいけない!
尻尾の先が赤いのはわかりやすくするための目印だ、え、目印が小さすぎて目印になってないって?
だから細かいこと気にしちゃいけないって・・・

WS001881.jpg
しっぽくわえま~す!

WS001882.jpg
飲む飲む

WS001883.jpg
尻尾、肛門から出ました、肛門に見えないけどここが肛門です、肛門のつもりです(笑)

WS001884.jpg
二周目いきま~す!

WS001885.jpg
もうあとは同じことの繰り返しだな

ウロボロス04

ウロボロスには他にも互いの尻尾を食べ合う二匹の蛇のバージョンも有るのだけど時間的に無理なのと、更に頭がこんがらかるのと、CG作るのがややこしいので今回は見送った
二匹の蛇のバージョンは、いずれ日を改めて作ってみようと思う




とまあオープニングウロボロスはこの辺にして本題に入ろう




今回作ったのはこの部分
WS001895.jpg
大腿部とビームカノンだ
これが結構手間がかかったのよ

WS001894.jpg


WS001896.jpg
腹部と大腿部の間がスカスカにならないようにバランスをとるのに苦労した


WS001897.jpg


WS001898.jpg


ポリゴン割はこんな感じ
WS001899.jpg
手間がかかってるのがわかるだろうか?

WS001900.jpg


WS001901.jpg



ってなわけで今回はこのへんで。