ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
断っちゃった&もしかして?&進捗状況
うにゃ~ご!

最近、ダイヤモンドより硬い物質が作られたそうだ
「超硬ナノ双晶立方晶窒化ホウ素」って名前の物質だそうだ
名前長いよっ、声に出して言ったらお経だよ
チョ~ウコ~ウ~ナ~ノ~ソウショ~ウ、リッポウショ~ウ、チッカ~ホウソ♪
ほらお経に聞こえる(笑)
でもこの、「超硬ナノ双晶立方晶窒化ホウ素」ってのがダイヤモンドより硬いってのは人工ダイヤより硬いってだけで単純に天然ダイヤより硬いってわけじゃないらしい
硬さの単位のビッカース硬度では人工ダイヤは100GPa、「超硬ナノ双晶立方晶窒化ホウ素」は108GPa、天然ダイヤは70から150GPa
天然ダイヤって結構硬さにばらつきがあるんだな~

ダイヤモンドより硬い物質には他にもロンズデーライトってのがあるらしい
ロンズデーライトは炭素の同位体で理論値はダイヤモンドより硬いけどまだダイヤモンドより柔い物しか見つかってないそうな




とまあそんなことはどうでもいいとしてオープニング行ってみよ~っ!



先日、イラストの人材派遣みたいな会社からメールでスマホのソーシャルゲームの3Dモデリングの依頼が来た
こんなことは今まで初めてだったので舞い上がってしまったのだが断っちまったよ・・・

え、なんでって?

だってゲーム用の3Dモデルは、なるべく少ないポリゴンでつくってテクスチャで質感を表現しないといけないからだ
俺の今までの作品を見てきた人なら解ると思うけど俺が今まで作ってきたのはムダにポリゴン数が多くて殆どテクスチャを使わない作品がほとんどなのだ
つまりゲーム用のローポリモデルとはまったく正反対なものなのだ
だから俺はローポリ作品を作れないとは言わないけれど苦手としている
そんな訳だから舞い上がって安直に引き受けちゃって、もし作れなかったら相手に迷惑がかかるからだ

それと断ったのにはもうひとつ理由がある

この依頼引き受けるには仕事をしばらく休まないと無理っぽかったからだ
このブログに載せてるCGを作るのでさえ帰宅後に僅かな時間や休日を食われまくってるのに3Dモデリングの依頼を引き受けたらマジで仕事を休まないと無理だ
いや、休職しようと思えばそれも可能だし依頼を引き受けたほうが収入は多くなりそうな気もするのだけど・・・

そしてもうひとつ断った理由がある

料金の問題だ

俺に依頼してきたイラストの人材派遣みたいな会社は3Dモデリングの外注の依頼をするのは初めてで、どれくらい料金がかかるのか知らないから料金がどれくらいか提示してくれとの事だった

いや、俺も3DCGの料金の相場なんて知らないって(笑)

もしかしてトンデモなく良い条件で仕事を取れるかもしれないけどアマチュアの分際で高すぎる料金をふんだくるのは俺のポリシーに反するし、かと言って安すぎる料金で引き受けちゃったら今後ろくな事になりそうにない
適正料金がまったくわからないので引き受けるわけにはいかなかったのだ

それにしても3Dモデリングの料金の相場っていくらぐらいなんだろう?
モデルを作るために必要な時間から換算すればよいのだろうか?
その場合の時給は?
う~ん、時給1000円くらいは欲しいなぁ
自分が過去に作った作品を時給1000円くらいで計算したら・・・
だめだ~っ、製作時間覚えてね~っ!
う~ん、これからはちゃんと製作時間覚えておいて幾らぐらいで作れるのか考えて作ったがいいのかな?

それにしても勉強のためにもっと詳しい話を訊いておいておいたほうが良かったかな?
必要とされるクオリティとか、モデルデータの形式とか、パーツあたりのポリゴン数とかデータ量とか
クライアントはアマチュアの俺なんかに外注しなければいけないほど人材が不足してたのかな?
この業界そんなに人手不足なのか?
ちょっと惜しいことしたかな~




とまあオープニング断っちゃったはこの辺にしてオープニングPART2行ってみよ~っ!




先日アクセス解析を見ていたら「長さが10光年の宇宙船」というキーワードがあった
過去記事のこれこれこれに引っかかったのだろう

っていうか、「長さが10光年の宇宙船」ってキーワード、このハナアノレキにしか無いだろって思ってグーグル検索かけてみたら・・・
やっぱり一番上にはこのハナアノレキの記事が出てきたのだけど、ちょっと下にpdfで「特殊相対論における2台の宇宙船のパラドックス」ってのが出てきた
おや、っと見ててみたら・・・
なんか凄く難しい書き方してあるけどこのハナアノレキの過去記事とほぼ同じようなこと書いてあるじゃないか!
しかも「長さが10光年の宇宙船」も出てくる!

もしかして、俺の記事読んでこの論文書いたのかって思ったんだけどpdfのプロパティを開いてみると作成日が2007/08/25になってた・・・
くそう、くそう、くそうっ、俺の記事より前に書いてあるじゃないか!
しかし、「長さが10光年の宇宙船」なんてものを発想するなんて俺と同じような頭の中身なのかと思って、この論文の著者の松田卓也って人は何者だって検索してみたらwikiがあった・・・
日本の天文学者、宇宙物理学者。神戸大学名誉教授。理学博士(京都大学)なんだと・・・

へ、へへへ・・・これはもしかして俺の脳味噌は名誉教授並だということなのか?

フワッハッハッハッハ、俺は知能指数1300!
我こそは世界最高の天才にしてハナアノレキ教の教祖キ~ングハナアルキなり~っ、我を崇めよぉ~っ、我を讃えよぉ~っ!!!
(はい皆様、毎度おなじみタライ落としのお時間がやって参りました、タライを落としてキングハナアルキにツッコミを入れましょう、では、3・2・1・0爆撃~!)
  ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
ガ、ガ、ガ、ガ、ガ、ガイ~~~ン!
\(〇_o)/
だ、誰だタライにチョコレート入れて落としたのは?
え、バレンタインチョコだって?
うひゃっは~、ありがとうっ愛してるぅ~っ!

うっ、バレンタイン自演はちょっと悲しいぞ・・・





とまあオープニング長さが10光年の宇宙船はこの辺にして本題に入ろう



75ミリ砲と六連ミサイルを作った
WS001062.jpg
この75ミリ砲、どえらく手間がかかったよ

WS001061.jpg
輪郭線を綺麗に出すために集合演算を使いまくって大変だった

WS001060_20130213224223.jpg
ディティールが多くて死にそう・・・

WS001067.jpg
六連ミサイルの方は75ミリ砲ほどの手間はかからなかった
でも、作るのにかかった時間は75ミリ砲と大して変わらなかったけど

WS001068.jpg


WS001059.jpg
砲塔に付けるとこんな感じ

WS001056.jpg


WS001057.jpg


WS001058.jpg


WS001054.jpg


WS001055.jpg


さて次は脚だ、後ろ足から作っていこうと思う
後ろ足は曲面が厄介そうだ
どうやって作るべか?



ってなわけで今回はこのへんで。
幽体離脱一歩手前?&あの曲は何?&進捗状況無駄にディティール多すぎだよぉ
むにゃ~っ!

くそう、くそう、くそうっ!
嫌な時期が来やがったぜ、バレンタインデーが近づいてきやがった・・・
バレンタインデーの何が嫌だっていうとバレンタインデーが近づくとチョコレートが買いづらいんだよぉ~っ!

俺は考え事したり、CG描いたり、ブログ書いたりする前にチョコ食べると頭が回って調子がいいんだよ
でもこの時期チョコを買うと男なのにチョコかってるみたいな感じで見られそうで非常に買いづらいのだ
バレンタインが過ぎても一週間ぐらいはチョコが買えない
だってチョコもらえなかったんだって思われそうだよぉ~っ!(もらえないわけだが笑)

というわけで、誰かギブ・ミー・チョコレート!!!





とまあそんなことはどうでもいいとして



最近、アニメやマンガのヒロインの名前で六花ちゃんて多いような気がするのは俺だけか?

チャンピオンREDで連載されてる「エクゾスカル零」のヒロインも初夜六花ちゃんだし、「中二病でも恋がしたい」のヒロインも小鳥遊六花ちゃんだし「ドキドキプリキュア」のヒロインの一人も菱川 六花ちゃんだし、最近のヒロインの名前のトレンドは六花なのだろうか?

この時期にヒロインの名前に「六花」なんて珍しい名前が集中するのはシンクロニシティなのだろうか?



とまあそんなことはどうでもいいとして




皆さんは幽体離脱をしたことはあるだろうか?

俺はない!(振っておいて無いのかよっ!)

無いけど幽体離脱一歩手前みたいな体験はあるのだ
いや、アレを幽体離脱一歩手前といっていいものだろうか?
似て非なるものかも知れない

俺は昔、疲れすぎて夜眠れないときにちょっとした遊びをしてたことがあった
遊びというのは幽体離脱一歩手前まで意識を持って行くというものだ

やり方は仰向けに寝て全身の力を抜く、いや、全身の力を抜くというのは正しくない
呼吸する以外に筋肉を動かす信号を与えないといったほうが解りやすいか?
全身をまったく動かさずに体の感覚だけに意識を向ける、そうするとあちこち体がむず痒くなったり服や布団のちょっとしたズレとか歪みとか疲れとかが気になりだしてくるのだが、どうしても無視できないむず痒さや歪みなどを修正したらあとはひたすら体を動かさず、体の感覚を無視し続ける

そうすると突然意識が部屋中いっぱいに広がると同時に果てしなく収縮していくような(説明が難しいのだ)感覚に襲われたり、肉体の感覚としては確かに寝てるのに意識だけが10センチ位ブワッと浮き上がったような感覚を味わったりすることがあったのだ

意識だけが10センチ位浮き上がったような感覚の時には、このまま体を抜けだして幽体離脱ができるのでは?って思うのだけれど体を抜け出すことの恐怖が頭の何処かにあるのか、どうしても意識が体を抜け出すことは出来なかった
でも、その代わり臍を中心に縦や横に、グルンと意識だけが回転するような感覚は味わうことが出来た

以前は寝るときにソレをよくやってたのだが最近忘れててまったくやってなかった
最近思い出して寝るときに試しているのだが、最近は寝付きが良すぎて体を動かさないようにしてるとそのまま寝てしまってできなくなってしまったりする
眠れないくらい疲れてる時か布団を掛けなくていい夏などのほうがやりやすいかもしれない


幽体離脱といえば10年以上昔になるのだが寝てる時に突然心臓がドクッ、ドクドクッって感じで変な動き方をして目がさめたことがあった
そして魂というべきか意識というべきか、とにかくもう一つの俺が体からズルズルと抜け出ていくような感覚!
体の感覚はちゃんとあるのだが意識で出来た体が頭のてっぺんからズルズルと抜け出ていく
その時なぜか少年?の声が聞こえたのだ

「そのまま抜け出ちゃうと死んじゃうんだよねぇ」

たしかにそんな声が聞こえた
俺は慌てて手を握ったり開いたりした
手を握ったり開いたりする感触をはっきり意識することにより意識が体から抜け出て行くのを防いだのだ
しばらくは心臓のドキドキが止まらなかったよ

次の日病院に行って診てもらったが心臓が普通より少し小さいくらいで異常はなかった

でも俺はあの時、意識が体から抜けてたら死んでたんじゃないかって思ってる






とまあオープニング幽体離脱もどきはこの辺にしてオープニングPART2行ってみよ~っ!




俺は、とあるCMソングを探している
あれは20年、いや30年ぐらいまえの九州電力、あるいは九州電気事業連合会のCMだったと思う

お~とこたちよ~♪前へ前へ~進め~♪男たちよ~あしたへ未来へ~つなげ~♪

って感じの歌だった
やたら高そうな高圧電線の上に乗って電線を点検している作業員の映像と一緒にこの歌が流れていたっけ

なんかそのCMがやたらかっこよくて今になってもう一度聴いてみたくて探してるのだけどなんて曲なのか誰が歌ってるのかわからない

「九州電力 CMソング」とか色々キーワードを工夫してGoogle検索やyoutubeで探しているけど見つからない
誰の曲かすらもわからない

そこで俺はあることを思い出した

鼻歌検索だ!

そういえば以前、鼻歌で検索できるようになったと何かのニュースで聞いたことがあった

だめだ、俺のパソコンにはマイクが付いていない・・・いや、まて!
スマホにはマイクが付いている!
スマホで「鼻歌検索」と検索してみる
こんなサイトを見つけた
くそう、ダメだ、スマホのマイクとブラウザは連動してないみたいだ

だがしかし!

AndroidのアプリでSoundHoundというアプリを見つけた
早速インストールしてみる・・・




だめだ~っ、鼻歌検索アプリでも見つけることはできなかった

だが、この鼻歌検索アプリ凄く面白い!
使える!
他の歌で試してみたけど俺の下手な鼻歌でも、ハミングでもちゃんと曲を聴きとって曲名を出してくれる!
曲を探し出すことが出来ないこともあるけど何回か試したら見つけてくれることもある

iPhone用の鼻歌検索もあるみたいだしスマホ持ってる人やパソコンにマイクがついてる人は是非試してみてほしい


それにしても鼻歌検索でも出ない、あの歌のタイトルは何なのだろう・・・?




とまあオープニング鼻歌検索はこの辺にして本題に入ろう




今回作ったのは前回作りきれなかった腰の部分のディティール
WS001044.jpg
う~っ、こんなトコ完成したらほとんど見ないのだけど

WS001045.jpg


それと砲塔、左右に付く六連ミサイルと七十五ミリ自動砲は作るのが間に合わなかった
WS001046.jpg
あ~っ、まったくこの砲塔は形状がややこしい上に左右非対称で無駄にディティールが多くて難儀したぜ

WS001047.jpg
左右に七個ずつついてる円筒はスモークディスチャージャーに見えるけどGUNHEDではマルチ・ディスチャージャー
熱弾を発射するらしい・・・熱弾ってなんだ?
本編でも撃ちまくってたけど、これ、砲身が微妙に外側に向いている
正面に撃てないじゃん!

WS001048.jpg


WS001051.jpg


WS001052.jpg


WS001049.jpg


WS001050.jpg


WS001053.jpg
うう~っ、チョコが買えないから頭が回らなくて文章が出てこないぜ



ってなわけで今回はこのへんで。