ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
人の定義&プリキュア完成!でもチョット納得がいかない
うにゃ~ご!

うわあああああぁぁぁぁぁっ!
クリスマスに更新間に合わなかったァ~~~~~っ!
と言っても、クリスマスに関して書くことなどなかったりするのだが(笑)

とか何とか言ってる間に、もう今年もあと僅かじゃないか!
それでは今年の更新納めというわけでオープニングいってみよ~っ!




俺は考える

俺は時々、考えなくてもいいようなしょ~もないことを考えこんで思い悩んでしまう

今回は人間の定義について考えてみた


人間の定義ってなんだ?
俺は、俺のことを人間だと断定できる
これを読んでるアナタもそうだろう

今あなたの目の前にあるPCのモニター、あるいはケータイは人間ではない、これも断定できる

では、人間と人間ではないものとの境界線はどこにあるのだろう?
実はこれ、凄く難しい問題だったりするのだ

人として欠かせないものは何だろう?



人の胎から生まれたという事実

人としての遺伝子、肉体

人としての知性、人格



人としての絶対条件として考えられるのはこの3つだと思うのだが、この3つの項目すべてを満たさなければ人として認められないというわけではない




人としての肉体という項目だが身体障害者の人は体の一部が損傷して欠けていたりするが人間ではないという人はいない
いや、欠けてる人だけではない
体の部分が、例えば指や腕、足などが普通より多くついてる人だっている
頭が2つある人だっているのだ
そういう人達を人ではないという者はいないだろう

だけど、身体の部品、パーツの一部、あるいは総てが人とは、かけ離れていたら?

人の遺伝子を持ち、人の胎内から生まれたにも関わらず、時として信じられないような奇形(グロ注意!耐性がない人は踏まないで!)が生まれてくることがある
上のリンクにはブヨブヨとした頭に眼が4つあり、腰から下に足がなく尻尾みたいになっていて、臍の緒が付いたままの人間の赤子の画像が紹介されている
どう見ても人間の赤ん坊には見えないのだが間違いなく人の子なのだそうだ

体の一部のパーツ、例えば顔が人間のものではないとしたら?

単眼症という先天奇形がある
文字どうり目が一つしかないというまれに見る症例の奇形だ
俺はこの単眼症の画像をネットで見かけてトラウマになってしまった
単眼症は無脳症を併発することが多くわずか一日か2日で死んでしまうことが多いらしいのだが、もし死ぬことなく生存して大人になったら?

人としての人格と知性を持っていなかったら?

あるいは人としての人格と知能を持っていたら?

あなたは人として接することが出来るだろうか?
俺は裸足で逃げ出してしまう自信はある

もし単眼症に興味を持って検索してみようとか考えたのなら、それはオススメしない
トラウマになるくらい恐ろしい姿をしてるから

ところで、植物やバクテリア等を除く地球上の生物は、ほとんど眼が2つ、あるいは複数あるのだが単眼の生物というのは俺は知らない

何故だろう?

蟻などの昆虫は複眼が2つと単眼が3つあるものが多い
クモは単眼が4つから6つ
ミジンコだって目は2つある
ウニは全身が眼なのだそうだ
いずれにせよ地球上の生物には眼は複数あるのだ
それがなぜか考えるのはまた別の機会にするとして単眼症を恐ろしい姿と感じるのは地球上の生物としての理りから外れているからなのだろうか?

2006年にインドで生まれた単眼症の赤ちゃんは成長できる見込みが高いらしいという記事をネットで見かけたのだがその後どうなったのだろう?





人の胎内から生まれ、人の遺伝子、肉体を持ち、でも人しての人格、知性を持っていれば人間なのか?

こういうケースはどうなるのだ?

以前、世界まる見え!テレビ特捜部で野人と人とのハーフだという者の映像が放送されたことがあった

これはモザイクがかかっているが、放送当時はモザイク無しのチンコもろ出しの映像が食事中のお茶の間に流れて大変ビックリしたのだが・・・
野人と人とのハーフだから人ではないので放送コードにかからないからOKという考えだったのだろうか?

この野人と人とのハーフの信憑性は置いておいて、野人というのは人の定義には当てはまらないのだろうか?
では、もしネアンデルタール人とか、北京原人とかが、現代に現れたとしたらどのあたりまでが人としての人権を得られるのだろうか?

野人と人とのハーフの場合は少なくとも半分は人の遺伝子を持っている
そして人から生まれている
人としての人格、知性はあるのだろうか?
あまり知性は高くはないように見えるのだが?

この野人と人とのハーフとは逆に、人としての知性、人格を持ち、人の肉体を持ったものが動物から生まれたら?
ありえない話だが、どこかのバカな科学者がそういうことをやらないとも限らない
眉唾ものの話だがダルシー地下実験場でそんなような実験が行われてるとも聞く



ところで、人間は、どこまで人間らしくなくなれば人間ではなくなるのだろう?

アニメやマンガではサイボーグという存在が出てくることがある
広義の意味では入れ歯やコンタクトレンズなどをつけた人もサイボーグになるのだが俺のイメージ的には体の一部を機械などの人工物に置き換えて健常者以上の能力を身に付けた人って感じだ
ここではサイボーグを上記の様に体の一部を機械などの人工物に置き換えて健常者以上の能力を身に付けた人と定義付けて話を進めるとする

サイボーグというと俺の場合最初にサイボーグ009が思い浮かぶ
サイボーグ009は脳以外の肉体殆どを機械化している
だが、彼は機械ではなく人間だ
脳が人間のものならば他が機械でも人間なのか?
サイボーグが必ずしも人間の姿をしているとは限らない
キャプテン・フューチャーのサイモン教授は脳を漿液(培養液)入りの透明金属のケースに入れて空中にふわふわ浮いている

人間として一番重要なのは脳なのだろうか?
では、脳にまで機械を入れてしまったら?

攻殻機動隊の草薙素子少佐は完全義体のフルサイボーグだ
しかも電脳化までしている
電脳化ってのはナノマシンを脳に注入してコンピューター等にインターフェイスなしに直接リンクして操作したり出来るような感じらしい
もう人類を超えてるんじゃないかとも思えるのだが、草薙少佐も、まだまだ人間だと言える

では、ロボコップはどうなのだろう?
ロボコップの劇中でマーフィーはクラレンスに頭を撃ち抜かれて絶命する
だがその直後にオムニ社によって脳や肉体の一部をロボコップの部品として使用されロボコップとして蘇る
ロボコップではマーフィーは法医学的に死亡しているのだ
だから劇中でロボコップは警察署の備品扱いなのだ
だけど人としての意識はある
人としての記憶がフラッシュバックする

ロボコップは人の胎から一部は生まれ、人としての遺伝子、肉体を一部持っていて人としての知性、人格もある
しかし、法的には死亡していて警察署の備品扱い・・・

現実には倫理的にロボコップのような存在は出来ないのだろうけど、もしロボコップが出来たなら、それは人と人ではないものの境界線上の存在になるだろう



ところで、宇宙人は人なのだろうか?

宇宙の人と書いて宇宙人なのだから宇宙人も人なのだろうけど・・・?

SFの世界には様々な宇宙人が出てくる
俺の愛読書にマップスというマンガがあるのだが、そのマップスには実に多種多様な宇宙人が出てくる
顔のディティールが少ない超能力を使う宇宙人、カワウソみたいな体つき、大きさで怪力の宇宙人、メロンみたいなケイ素系宇宙人、惑星サイズの巨大生首宇宙人だって出てくる

それらの宇宙人は人類と呼べるのだろうか?
これらの宇宙人はフィクションだが、将来、我々が宇宙人と付き合うことになったなら宇宙人を人間扱いしなかったら宇宙的外交問題になる

ここで俺は人間の定義についてちょっと面白い定義付けを閃いた!



人間とは現時点において宇宙に進出していなくても、将来的に宇宙に進出していくことが出来る種族に属するもの


これでどうだろうか?


これなら宇宙人も地球人も一緒に人間と定義付けられると思うのだ


う~ん、やっぱ俺って天才だね!
現代のレオナルド・ダ・ビンチだね!
俺様頭いい~っ!
(ええっと、皆様もうお分かりですね、タライ落としのお時間がやって参りました。今年の締めくくりとしてキングハナアルキにタライを落としましょう。では、3・2・1爆撃っ!)
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
ガイ~~~~~~ン!
\(〇_o)/
っ痛ててててててっ、だ、誰だっ、タライに餅入れて落としたのはっ!
アチッアチチ、髪についた~~っ!

とまあ、オープニング人間の定義はこれくらいにして本題に入ろう




プリキュア完成した・・・
でもこの出来はチョット納得が行かないのだ

なんか納得が行かない出来だ
光の使者、キュアブラック!


アニメみたいな表情にならない
光の使者、キュアホワイト!


アニメみたいなパースは無理っ!
ふたりはプリキュア!


何が納得いかないかっていうと表情がアニメみたいな感じにならないのだ
それと、アニメと同じポーズをつけてもパースの関係でアニメみたいに決まらない
のだ
ふたりはプリキュア!


表情やポーズが決まらない原因はわかっている
口が大きく開けないせいだ
アニメでは顔の半分くらいまで口を大きく開けてたりすることがあるのだけど俺が作ったポリゴンモデルでは現実の人間が開けられる程度しか口を開けられない
これ以上口を開けようとするとポリゴンが破綻してしまうのだ
それに、3DCGであんまり口を大きく開けてしまうとグリグリ動かして眺めたときに気持ち悪くなってしまう
解決法としては口や眼をテクスチャで描いてしまえばいいのだけど、そうすると3Dでやる意味があるのかとチョット悩んでしまうことになる

ポーズがアニメのように上手く決まらないのはアニメの作画のパースがウソのパースで描かれているからだ
3DCGの正確なパースでポーズを取らせるとどうしてもアニメみたいに決まらないんだよなあ

でも、このプリキュア、全部が納得いかないわけではない
ふたりはプリキュア!
デフォルトにしているこの表情はすごく気に入ってるしポーズも簡単なものなら結構決まる

まわるプリキュア1

で、ポーズが上手く決まらないからアクションで決めてやると思ったのだけど・・・

だがしかしっ!

俺はここで重要なことに気がついた
敵の怪人を作らなきゃアクションできないじゃないか!

ということでチョコット敵の怪人をつくってみようかと思う
ザケンナーならディティールが少ないから簡単に出来そうだ


ってなわけで良いお年を!
まだ完成してない・・・という訳でキュアホワイト顔芸
うにゃにゃ~っ!

くそぉ~っ、時間が欲しいっ!
時間がまるで足りないよぉ~っ!!

3DCGが作りたいっ、アニメが見たいっ、ゲームがしたいっ、漫画が読みたいっ、本が読みたいっ、ガンプラが作りたいっ、ツーリングに行きたいっ、!

物はそこにある、しかし時間がないのだっ・・・

え、もうすぐ正月休みだろうって?
ダメだ、そんなもんじゃ全然時間が足りそうにないよ
それに、正月は正月番組を観なけりゃならないじゃないか!
俺は正月番組が三度の飯より好きなのだ

ああっ、なんで仕事なんてしなけりゃいかんのだ?
仕事してる時間が惜しいッ!
誰か仕事しなくても食べていける方法を発明してくれ~っ!

いや、待てよ・・・きっとこのハナアノレキを読んでる人の中には超能力者がいるに違いないっ!
そうだっ、君っ!
君だっ、エスパーな君だ!
君のエスパーな力で地球の自転をチョイと遅らして一日の長さを200時間くらいに延ばしてくれっ
そしたら8時間だけ働いて、あとは食っちゃ寝、食っちゃ寝しながら有効に時間を使えるのだ



とまあ、バカなボヤキはこの辺にして、オープニングいってみよ~っと思ったのだが、いざ構想していたオープニング記事を書こうとしたら一日や2日で書ける量の記事ではないことに気がついてしまった
という訳で今回はオープニングは飛ばして本題に入ろう


ゴメンナサイ、ゴメンナサイ、ゴメンナサイッ!
プリキュアまだ完成してません
というわけでとりあえず、キュアホワイトの顔芸で勘弁してくだちゃい


まずはにっこり
にっこり

そして顔の運動
キュアホワイト顔芸


キュアホワイトさん、セクシーな感じでお願いします

怒るわよ!
怒るわよっ!



そんな事言わずにそこをなんとか・・・

だ~め~で~すっ!
だ~め~で~すっ!


ならば仕方がない、強硬手段だっ!
とりゃ~っ!

あんっ!
あんっ!


ここかぁ、ここがええのんかぁ~?

ああっ、・・・
セクシーに


どや、どや、どや?

あんあんあんっ!
キュアホワイトあんあんあんっ!



さらにセクシーな感じで
キュアホワイトれろれろ
れろれろれろ

なんか凄くえっちな感じがするけど乳首も局部も出てないから18禁じゃないよ
とはいえ、このブログの中には乳首はいっぱいあったりするのだが(笑)



は、私何してたのかしら?
はっ!私何してたの!?


あ~ん、もうお嫁に行けな~いっ!
あ~ん、もうお嫁に行けな~いっ!


ってなわけで今回はこのへんで。
はやぶさのカプセル見に行ったらゲーセンの魔物に捕まってフィギュア買いすぎって何じゃそりゃ?&プリキュアまだ完成しないからキュアブラックの顔芸で勘弁してくらはいって、タイトル長いよ~っ
うにゃ~っ!

衛宮切嗣のトンプソン・コンテンダーのモデルガンが激しく欲しいと思う今日この頃などということはどうでもいいとして、また更新間隔が空いてしまった
今年もう何度目だ?m(_ _)m

とりあえず、オープニングいってみよ~っ!



ゲーセンには魔物が棲んでいる、UFOキャッチャーの魔物が・・・

魔物というのは形而上学的存在だ
人々の心の中に概念としてだけ存在することが出来る
だが時に、それを信じる人の思いが閾値を超えると物理的存在として現実世界に具象化することがある
ポルターガイスト現象やルルドの奇跡のように・・・




それは、11月の26日のことだ

俺は、人工衛星はやぶさのカプセルが特別展示されてるのを見に熊本博物館へバイクを走らせた
CIMG0002_20111204133142.jpg

はやぶさの大気圏突入カプセルの展示は入場無料だ
でも写真撮影は不可・・・
え~っ、ケチ~っ、減るもんじゃないのにっ!

はやぶさのカプセルの大きさはチョット大きめの洗面器ぐらい
内部が見えるカッタウェイモデルも展示してあった
カプセルの周りには柵がしてあり警備員が四人ほど並んでいて2メートルくらい離れたところからじゃなきゃ見えなかったよ

カプセルは、こんがり真っ黒焦げに焼けていて大気圏突入時の断熱圧縮の熱の凄さがよくわかったね(大気との摩擦熱と書かない所が通なのだ)
って、写真がないと盛り上がらないな~
なんで写真撮影不可なんだろ?
写真を撮られたら魂が抜けるとでも思ってるんだろうか?

見終わってプラネタリウムで、はやぶさの映画を上映してるので観ようと思ったんだけどすでに満席で入れない
二回目の上映は一時間後だというので博物館内を見てまわって時間を潰すことに
熊本博物館は三十年くらい前、小学生の頃一度入ったことがある
その時は物凄く心躍る素敵な場所だと思ったのだが、大人になって再び入ってみるとショボイ、ショボすぎる・・・
つまらない展示物しかない上に面白そうな展示物はみんな調整中、解りやすく言うと壊れてる・・・
しかも、展示物のほとんど総てが30年前に見たことがあるような・・・
おいおい、30年も展示物が変わってないんかいっ!
あまりにもつまらない展示物ばかりだったのだが少しは面白い展示物があったので紹介しておく

CIMG0003_20111204133148.jpg
ロビンソン式R22型ヘリコプター

なんか凄く小さい、かわいいっ、
でも、こんな小さいものが本当に空を飛べるのか不思議に思えてくる

CIMG0004_20111204133155.jpg

小さいエンジン!

CIMG0019.jpg
コクピット内部、中には入れないけどスンゴク狭いのが判る
軽自動車より小さいから大人二人が乗ったらメチャメチャ窮屈そう
キャノピーが紫外線による劣化で傷だらけなのが悲しい

CIMG0018_20111204133626.jpg


F86セイバーのジェットエンジンもあった
CIMG0023.jpg
戦闘機のエンジンにしては意外と小さい感じ


CIMG0007_20111204133201.jpg
ビーチG18S

こんな大きくて重そうな金属の塊がよく飛べるなという感じ
あれ、ヘリの時は小さいのによく飛べるなと書いたような・・・どっちだよ!
表面はリベットびっしり
この飛行機観てると宮崎駿の世界って気がする

CIMG0006_20111204133208.jpg
蒸気機関車~~~~っ!
黒いっ、でかいっ、硬いって書くと卑猥だな

CIMG0008_20111204133214.jpg
汽車は~♪闇を抜~けて♪ひか~りのう~みへ~♪
こんな大きくて重そうなものがよく飛ぶな・・・飛ばね~よっ!

CIMG0013.jpg
この機関車は運転席に登ることが出来る
CIMG0014.jpg
ボイラーの熱で暑いだろうな~

心が踊ったのはこれぐらいだった

博物館があまりにもつまらなさ過ぎたのでプラネタリウムの次の上映まで待てずに帰ることにした

俺は帰りに年末ジャンボ宝くじを買うことにした
そこで、バイクを辛島地下駐輪場に停めると熊本市一番の繁華街、下通りに向かった

宝くじ売り場へ向かう途中、ゲームセンターが目に止まった
今から考えればゲーセンの魔物の魔力が俺の眼をゲーセンの方に向けさせたのかもしれない
その店はクレーンゲーム専門の小さな店だ

「そういえば最近ゲーセンに入ってないな、最近のUFOキャッチャーの景品はどんなのが出てるのだろう?」

俺はクレーンゲームで遊ぶつもりはなく、良さげな景品があればネットで買おうと思って店の中に入ってしまったのだ

俺は入ってしまった・・・

そこにクレーンゲームの魔物が爪を研いで待っているとも知らずに

店に足を踏み入れると同時に、そこそこ可愛い女の子の店員が駆け寄ってきて一回無料券を手渡してくれた
いや、クレーンゲームするつもりはないのだが・・・チョット困った

どんな景品があるのかと筐体をのぞき込んでいると女の子の店員がこれはここを狙ってこう引っ掛けると取れるんですよって懇切丁寧に取り方を解説してくれやがる
は、ははは、ちょっと待て、俺はまだ筐体を覗いただけだぞ
まだこの台の景品に何があるか確かめてるだけだってばさ

次の筐体に移って景品を観ようとすると女の子の店員が取り方の解説を始めやがった
まだ朝の十時前後で店が開いて客が俺ひとりきりしかいない
店員もその女の子しかいないようだった
あまりに熱心な撮り方の解説に圧倒されて俺は愛想笑いしつつ三代目の筐体に逃げる
あんなにしつこく取り方を解説されると筐体にお金を突っ込まないわけには行かなくなるじゃないか
三代目の筐体に良さげなフィギュアがあったので試しに俺の魂の欠片、百円銀貨を一枚投入してみる
ああ、こりゃ取れないな、被害が大きくならない内に帰るかと思ったその瞬間!
女の子の店員がここぞとばかりに駆け寄ってきた
「一回無料券使いますね」
そう言うと素早く俺の手から一回無料券を受け取ると筐体を操作する
更には筐体を開けて手をツッコミ、指をさしてここを狙うといいんですよと解説してくれる

俺はこのとき確信した

この、そこそこ可愛い女の子の店員
彼女こそがゲーセンに巣食うクレーンゲームの魔物が具象化した姿なのだと!

一回無料券でも取れない
取れるはずがない
そう簡単に景品が取れるようならゲーセンが儲からない

クレーンゲームの魔物はあと一回で取れるのにとかなどとは絶対に言わない
ただ、ここを狙ってここに引っ掛けると取れると解説するだけだ
だがそれは言外の圧力として俺に取れるまで百円を入れ続けることを促す魔法だった

次の百円を入れる

取れない

女の子の店員は俺と一緒になってああ残念と一喜一憂してくれる
止めづらい・・・
こんなに一喜一憂してくれて撮り方を解説までしてくれると止めづらいよぉ~

財布から百円が消える

次の瞬間、俺は両替機を探していた
クレーンゲームの魔物の罠にまんまと引っかかってしまったのだ
俺の魂の一部である千円札が砕かれて百円銀貨十枚に替わる
また、筐体に俺の魂の欠片が喰らい尽くされていく

ようやく取れた

だが、しかしっ!
俺は魂の欠片を二十枚も失うという深手を追っていた

俺が魂と引換に手に入れたものは魂を削るだけの価値があるものだった

それで止めておけばよかった・・・

調子づいてしまった俺は次の筐体へとふらふらと足が向いてしまう
クレーンゲームの魔物が駆け寄り、また解説を始める
俺はその解説通りにクレーンを動かす
魂の欠片が四枚、喰われた

その時、ようやく俺の自制心という名の心の天使が眼を覚ました
「ここが引き際だな」
俺はかっこ良くセリフを決めるとコインの投入を中止する

早いとこ宝くじ買って帰ろう

あ、ちょっと待て!
この、UFOキャッチャーの景品どうする?
このまま手に持って帰るのか?
ここからバイクまでは1キロ近くある、人通りは多い・・・
いやあああああぁぁぁぁぁぁっ、は~ず~か~し~い~っ!!

「あ、じゃあ袋に入れますね」

クレーンゲームの魔物はアフターケアーも万全だ、この時ばかりは魔物が天使に見えたね(笑)



で、俺が魂の欠片二十枚と引き換えに取った景品がこれだ
CIMG0027.jpg
スク水の長門有希だっ!

CIMG0028_20111204133939.jpg
か~わ~い~いっ!

という訳で俺はこのフィギュアを手に入れたのだが、11月の後半に俺が購入したフィギュアはこれだけではなかったのだ(笑)

まずはこれ↓
CIMG0025.jpg
え、以前見たような気がするって?
そう、これは俺が今年の八月に東京旅行したときに買ったのと全く同じフィギュアなのだ
CIMG0026.jpg
口元は速攻で改造した
呂蒙子明は口元にホクロがあるのだが口元にホクロがないのは改造する前から

え、なんで同じ物を買うのかって?
だって~っ、良い物はいくつ持っててもいいのだ
アマゾンで九千円だったから買っちゃったのだ

で、これをアマゾンで買おうとしたら、これ、マーケットプレイスだったのね
マーケットプレイスの商品はクレジットカードかアマゾンのギフト券じゃないと買えないから俺は一万円のギフト券を買ったんだけど送料分ほんのチョット足りなかった
だから、三千円分のギフト券を買いたしたんだけど、余りがもったいないからもう一つ別のフィギュアを買っちゃったんだ(笑)

これ↓
CIMG0029.jpg
インフィニット・ストラトスのシャルロット・デュノア

CIMG0031.jpg
この拗ねたような顔が堪らんっ!

で、まだあったりするのだ・・・(笑)

俺はチャンピオンREDを毎月購入してるんだけど付録でついてきたんだ、フィギュアが
SH3C0011.jpg
スタイリッシュ授乳アクションアニメ、聖痕のクェイサーのヒロイン、まふゆちゃんだ
付録でフィギュアを付けてくるマンガ雑誌は数あれど、全裸フィギュアを付録で付けるのはチャンピオンREDぐらいなものだ、クレイジーっ!
来月号には燈ちゃんのフィギュアがついてくるぜヒャッハーッ!

さらに、これと、これと、これまでポチってしまったorz

・・・まったく、自制心という名の心の天使は何してたのだ?
自制心という名の心の天使はイボヂで入院してたんだよ、きっと・・・

こ、細かいこと気にしちゃいけないっ!


とまあ、オープニングはやぶさで博物館でゲーセンの魔物でフィギュア買いすぎはこの辺にして(なんだそりゃ)本題に入ろう



プリキュアまだ完成しね~っ!
モーフィングが大変すぎるんだよぉ~
モーフィングはすでに完成してる形を頂点を加えたり減したりしないで別の形に再構成しないといけないから大変なのだ

キュアブラックの方は顔のモーフィングは出来たけど手のモーフィングがまだだ
手のモーフィングは付けなくてもボーンで動かせるんだけどモーフィングつけとかないと一々ボーンで指を動かすのは大変だし、腕をアニメーションさせたときに途中のフレームで指が変な方向に曲ってしまうことがあるのだ

キュアホワイトの方は眼のモーフィングは出来たのだけど口がまだだ


ということで今回はキュアブラックのモーフィングによる表情イロイロ顔芸で勘弁して欲しい


WS000111.jpg
ウインク


WS000116.jpg
軽く微笑んでみた

キュアブラック顔芸1
本当はアニメみたいに口をガバ~って大きく開けるようにしたかったんだけどこれ以上口を大きく開けると口の周りのポリゴンが破綻して変なシワが出るのでこれが限界だった
人間の口だとこれくらいでいいけどアニメだと少し物足りないな

WS000115.jpg
あ~ん、これが限界の口の大きさ

WS000112.jpg
ちょっとエッチな感じで♡

チョットHな感じ?
さらにエッチな感じで♡

WS000117.jpg
もひとつエッチな感じで♡

WS000114.jpg
なにさせんのよぉ~っ!


ってなわけで今回はこのへんで。