ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
買っちゃった(≧∇≦)&骨が入らねぇ~っ!
ぐにゃ~っ!


更新間隔が空いちまったよ~っ!

GW明けたら仕事がヘビィで帰宅したらぐったんこになったり、ユニコーンガンダムの骨入れが難航してたからなのだ
本当はもっと完全に仕上げてから更新したかったのだけどこれ以上更新を開けたくなかったんでユニコーンガンダムを動かすのは完全には出来上がってないβ版ってことで、ほんのちょっとだけよってな感じだ


でも、その前に・・・オープニングいってみよ~っ!


男には・・・

男には買わなければならないものがある

買わなければ確実に後悔するであろうものがある

たとえ、それがどんなに大きな犠牲を払うことになろうとも!!



自慢じゃないがこのハナアノレキ、女性の訪問者が結構多い
世の中の半分は女性なのだから当たり前といえば当たり前なのだが

これから書く記事は女性の方が読まれるとドン引きされてしまうかもしれない

だが、しかしっ!

俺はあえて書こうっ!
書かなくてはいけないのだ・・・

いや、違うっ!

書きたいのだ!
書きたくてたまらないのだ!
何故なら、これから紹介するものが素晴らしいものだからだ

え、それは何かって?

買っちゃったのだ、これを↓
SH3C0002_20110520204318.jpg
いつもならサムネなど使わずど~んと大きい画面で紹介するところだがこれはさすがにサムネを使わないとちとばかし恥ずかしい(笑)

ネイティブから発売された石恵氏のイラストをフィギュア化した「智恵」だ

これはいいものだ!

ああっ、だめだっ、このフィギュアについてあれやこれや書こうと思ったんだけど恥ずかしくて書けないっ!
このフィギュアについてもっと詳しいことが知りたいって人は石恵 フィギュア レビューで検索してくれっ(って、グーグルに丸投げかいっ)

ああっ、諭吉さんが一人彼方へ旅立ってしまわれた・・・
東京旅行のための貯金なのに・・・
いや、これは東京旅行を決める前から予約していたものなのだ
これは予定調和なのだ

だが、しかしっ!

俺は今月ぎりぎりの倹約生活をしなければならないだろう
でも、後悔はしない!
何故ならっ、これはいいものだからだっ!



とまあ、オープニング買っちゃったはこれくらいにして本題に入ろう


ユニコーンガンダム ユニコーンモード 武器有り2-rq2
レンダリングは簡単にできるのだ

ユニコーンガンダム ユニコーンモード 武器有り4-rq2


ユニコーンガンダム ユニコーンモード 武器有り5-rq2
ここまではレッドクイーンでレンダリングしたもの


↓これは六角大王の押すだけ簡単明るい屋外高画質でレンダリングした画像
ユニコーンモード六角レンダテスト3
六角のアンチエイリアスはチョットばかし粗いので少し大きめにレンダリングしてみた
レッドクイーンででのレンダリングと比べても遜色の無いリアルっぽさだと思う
六角の押すだけ簡単明るい屋外でレンダリングするときは材質設定ウィンドウで自己発光を10%前後いれてやると擬似的にグローバルイルミネーションっぽい感じになるような気がする


ではお待ちかね、変身!


まずは、足
ユニコーンガンダム変形アニメ 足首


そして膝
ユニコーンガンダム変形アニメ 膝



ユニコーンガンダム変形アニメ 腰



ユニコーンガンダム変形アニメ 胸


背中
ユニコーンガンダム変形アニメ 背中



ユニコーンガンダム変形アニメ 頭


アップできる容量の関係で画像が小さいのだけど
ユニコーンガンダム変形アニメβ版

ちょっとだけ大きいのをよつばを借りて

変形アニメは骨を入れなくてもできるんだけど(というより骨を入れると無理)イロイロポーズをつけて動かすのは骨を入れないと無理
骨を入れるのに難航してるのでこれ以上は動かせない
骨が上手く入ったらもっと完全な形で公開できると思う


ユニコーンガンダム デストロイモード 武器有り1-rq2


ユニコーンガンダム デストロイモード 武器有り3-rq2


ユニコーンガンダム デストロイモード 武器有り4-rq2
ここまではレッドクイーンでのレンダ


↓これは六角大王押すだけ簡単明るい屋外高画質
六角レンダテスト8
六角のレンダリングはアンチエイリアスが粗くて口元のへの字が潰れてキレイに出なかったので大きめの画像でレンダリングした


ってなわけで今回はこのへんで。

スポンサーサイト
ダーウィンを蹴っ飛ばせ、進化ってなんだ?&あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らないにツッコミを入れてみる&ちょっとだけ動画紹介&モデリング完了!でもレンダリングと動かすのはもちょっと待ってね・・・ってタイトル長すぎだぞ
うみゃ~っ!

俺は考える

俺は時々こんな事考えるのは学者にでも任せておけというようなことを真剣に考えて思い悩んでしまう

今回は進化について考えてしまった

進化ってどういう原理で起こるのだ?

ウィキペディアによれば突然変異と自然選択でど~たらこ~たらと書いてある
本当にそうなのか?!

それだけでは説明がつかないんじゃないかと思うようなヘンテコな生物が世の中には多数いる

ツノゼミってセミがいる
手っ取り早く言うと角の生えたセミなんだけど、この角が多種多様で実に変な形をしてる上になんのためについているのか全く判っていない
中には角で擬態してるのもいるけど、こんなモノ付けてると邪魔になるだけなんじゃないかと思うものも数多い

こいつらの場合、突然変異まではいいが自然選択、自然淘汰、が関わると今までよく生き残ってこれたのが不思議に思えてならない

擬態といえば昆虫の擬態も進化の仕組みを考えると不思議でならない
昆虫の中には実に見事に植物などの葉や花などに擬態してるものがいるが、これって昆虫が「ああ、この花の形に成りたいなぁ」って思ってそれが何世代も積み重なって花の形などに自分の体の形を変えていったのか?

違うっ!

進化に目的があるというのは誤解なのだそうだ
「高いところにある葉を食べるためにキリンの首は長くなった」とか言われるけどそれは間違いで、突然変異に目的などなくたまたま突然変異でちょっとだけ首が長くなったキリンの先祖が何世代もの世代交代の間に自然選択で首の長いものが多く生き残りだんだん首が長くなっていったのだという

本当にそうなのか?!

たしかにそういう進化を遂げた生物も数多いだろう
でも、昆虫の擬態はそれで説明するのには無理が有るような気がする
ムラサキシャチホコなんて突然変異と自然選択で出来たなんて信じるのは無理だ

では、どうやって花や葉に擬態した昆虫はそんな姿に進化したのだ?
仮に昆虫が自分の意志の力で(昆虫に意思があるかどうかは別として)目的を持って葉や花に擬態しようとして自分の体を変化させたとする

どうやって変化させるのだ?

手足が長くなぁ~れ、色が白くなぁ~れなどと必死で念じるのか?

無理だ!

俺だってチ○コがもっと大きくなぁ~れと毎日念じてるけどなかなか大きくならないぞ(勃たないという意味ではない、最大値を大きくしようという意味だ・・・って、いかん、こんなコト書いたら女性訪問者に引かれてしまう、女性訪問者の方、見なかったことにして)
百歩譲って身体を変化させられたとしよう
今度はこの変化を子孫に残さねばならない
例えば昆虫が頑張って足を長く変化させることに成功したとしよう

足が長くなったことは遺伝子に刻まれたのか?

否!

多分刻まれてはいない
人間だって空手家が拳を鍛えて拳ダコができることがあるだろう
でもその拳ダコが子供に遺伝するのか?

しない!

拳ダコの情報は遺伝子に刻まれてないからだ
体の変化の情報を子孫に伝えるには遺伝子に刻む必要がある
それは遺伝子を書き換えるということだ
すべての細胞の遺伝子を書き換える必要はない
生殖細胞の遺伝子を書き換えればいい

でも、どうやって?

体の変化をどうやって遺伝情報に書き写す?
何が、その情報を生殖細胞まで運ぶ?
生殖細胞の遺伝子を書き換えてしまったら免疫で拒絶反応とかでないのか?

無理だ・・・

どう考えても進化に目的が無いというのはくつがえせそうにはない

それでもやっぱり昆虫の擬態が突然変異と自然選択でそういう姿になったとは信じられない

食虫植物は進化的に考えると昆虫の擬態よりももっと不思議だ

ハエトリグサウツボカズラなどの食虫植物、なんで植物が虫を食うのだ?
いったい、どこをどんな風に突然変異と自然選択をすればこんな姿になるというのだ?
植物には目も耳も鼻もないのに(花はあるけど)どうやって昆虫の存在を感じ取って、それを捕食しようなどという方向性に突然変異して自然選択で生き残っていけたというのだ?

でもそう考えると花をつけるすべての植物も不思議だよ
昆虫が地球上に出現してわずかに数億年しか経っていないというのに花粉の受粉を昆虫に依存してるものが多い
そんな短い時間でそこまで進化できるのか?


さらに突然変異と自然選択での進化を疑うような生物がいる

セナガアナバチというやつだ

このハチはゴキブリに針をさして逃避反射を司る神経に毒を打ちゾンビにしてゴキブリの触角を引っ張って巣穴まで歩かせて、そこでゴキブリに卵を産み付けてしまうというブラックジャックも真っ青になるくらいトンデモナイ外科手術ができるハチなのだ

無理!

突然変異と自然選択で外科手術が出来るかいっ(笑)

他にも無茶苦茶なのがいる

ロイコクロリディウムって寄生虫だ
これに寄生されたカタツムリは普通は暗いところを好むのに明るいところを好むようになり触角に移動したロイコクロリディウムはカラフルに膨らんで芋虫みたいになって鳥にカタツムリを捕食させて最終的に鳥に寄生するという寄生虫だ

ぎゃあぁぁぁぁぁっ!気持ち悪イィぃぃぃぃっっっ!

一体どうやってカタツムリの好みを変えるんだよぉぉぉっ
突然変異でカタツムリの好みがわかるようになるとでもいうのか?

身近なところではハリガネムシも不思議だぞ、カマキリのお尻から出てくるアレだ
ハリガネムシは宿主の昆虫を自殺させるんだぜ!

ハリガネムシは成体になると宿主の昆虫を水辺に行くように仕向けて入水自殺させるそうな・・・(°_°;)



ツノゼミ、セナガアナバチ、食虫植物、ムラサキシャチホコ、ロイコクロリディウム、ハリガネムシ・・・
これらの、変な生物を知ってしまったら生物の進化が突然変異と自然選択だけで起こるとは到底思えなくなってくるよ

どう考えても人為的、作為的、恣意的な何かを感じざるをえない!

これらの生物は何者かが作った作品ではないのか?
え?じゃあ、神様が進化に手を加えてとか言い出すんじゃないかって?

違うっ!


この変な生きものたちが天使を引き連れて光輪背負ってそうなキリスト教の神様や(イメージです)坐禅組んで印を結んですまし顔っぽいお釈迦様や(イメージです)髭面でいかつい顔してそうなアラーの神様(イメージです)が作ったように思えるのかい?

俺には思えない!

こいつらを作った奴の顔を想像してみなよ
どう想像してみてもボサボサの爆発ヘア~に牛乳瓶の底みたいなメガネを掛けた白衣のマッドサイエンティスト(例えばバック・トゥー・ザ・フューチャーのドクやアップルシードのドクトルマシューみたいな)がドヤ顔で「こんなのつくってみたけど、どうよ?」といってる姿しか想像できないぜ

生物の進化を何者かが人為的に操ってるとして、それは何者なのか?
その何者かを作った、進化させたのは何者か?
さらに、その何者かを作った何者かを作ったのは何者なのか?

堂々巡りだ・・・

わからん!

わからんのでその何者かについてはまた別の機会に考えるとしよう

おっといけねえ、なんか今回は宗教臭くなってしまったな・・・
宗教臭い?

そうだ!

これをハナアノレキ教の教義にしてしまえ!
そう、私はハナアノレキ教の教祖、キ~ングハナアルキなり~っ!
我を崇めよぉ~っ!(さあ皆さん、毎度おなじみタライ落としのお時間がやってまいりました、皆さんタライの用意はいいですか?では、タライ爆撃開始っ!3,2,1,0)
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
ガイ~~~~~~~ン!!!
\(〇_o)/

だ、誰だ~~~っタライにハリガネムシ入れて落としたのは~っ!
気持ち悪イィぃぃぃぃっっっ!


っ痛てて・・・とまあ、オープニング進化ってなんだはこれぐらいにしてオープニングパート2いってみよ~っ


ゴールデンウイークで時間が出来たので、やっとあの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない(タイトル長いから以下あの花と呼称する)を見ることが出来た

あちこちで結構話題のこのアニメ、確かにめんまちゃん可愛くて泣けるんだけどなんか物凄くツッコミどころが多いぞ(笑)
ツッコミどころが多すぎて泣けるはなしなのに泣く前にツッコミ入れまくって笑いのほうが先に出てきてしまう~っ

まずは、めんまちゃん!っていうかほとんどめんまちゃんに関するツッコミなんだけど・・・
このめんまちゃん、めちゃめちゃ可愛いんだけど幽霊だ!
幽霊なんだけど物理的にモノに触れる・・・ってオイッ本当に幽霊かっ?
主人公のじんたんに抱きついたりしちゃってるし、幽霊なのに部屋に入るときにちゃんと襖を開けて入るし部屋を出るときはちゃんとフスマを閉めてる!
それでいて主人公にしか見えないっていうのはどうよ?

おまけに飯を食うっ!

幽霊なのに食べ物を食べるのだ(笑)
主人公が父親と一緒に飯を食ってる時に主人公の箸から肉をパクっと盗み食いしてやがる(笑)
主人公の父親がよそ見してた瞬間だったけど、よそ見してなかったらどう見えていたのだ?
って、それより肉はどこ言った!?

さらに、めんまちゃん幽霊なのにゲームをする
主人公の携帯ゲーム機を手に持ってゲームしてるのだ(°O°;
めんまちゃん、主人公以外には見えないんだよね?
主人公以外の人が見たら・・・ポルターガイストじゃん!

そしてめんまちゃんは蒸しパンまで作る!
あんまり美味しくはなかったらしいけど・・・
・・・おいおい、幽霊に火を使わせていいんかいっ!

危ないぞっ!

幽霊に火を使わせて火事になったらどうする(笑)


トドメは仏壇だ!
めんまちゃんは幽霊でありながら主人公の母親の位牌に仏壇で手を合わせる!

おいっ!(笑)

シュールだ・・・シュール過ぎるぞぉ~っ(笑)
そんなことをしてお前は成仏せんのかいっ!
いや、成仏せんでいいぞ、こんな可愛くて、会話ができて、触れて料理までしてくれる幽霊なら成仏しなくていいから俺のところへ化けて出てくれっ(笑)

しかし、主人公はなんでめんまちゃんにツッコミを入れない?


とまあ、オープニングパート2あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らないにツッコミを入れるはこれくらいにしてオープニングパート3いってみよ~っ(まだ続くんかいっ!)


俺が愛してやまないPSPのゲームにカルネージハートエクサというのがあるのだが、そのカルネージハートエクサの非常に面白い動画があるので紹介したい

カルネージハートエクサっていうのはロボットの動きをプログラムしてロボット同士を戦わせるというゲームなのだが、このロボットにダンスを踊らせてしまおうという強者達がいるのだ




とまあ、オープニングパート3エクサダンス甲子園はこれくらいにして本題に入ろう(やっとかよっ)


や~っと、モデリングが完了した
この画像だけ観るとそんなに難しい形には見えないかもしれないけど作ってみるとスンゲェ難しい
この形だけ見るとそんなに難しい形には見えないかもしれないけど作ってみるとスンゲェ難しいのだ

シールドの裏側は気力が尽きて少し手抜きっぽいのであまりジロジロ見ちゃダメ!
シールドの裏側は気力が尽きてチョットばかし手抜きっぽいのであんまりジロジロ見ちゃダメ!

このシールド、スライドして長くなるわけだけどスライドする部分に穴が開いていたり羽根状のものが展開したりするせいで展開時にシールド下部を支持する箇所がほんのチョットしか無かったりする
これ、ミサイルとか喰らったりしたら簡単に折れそうな気がするぞ
いや、絶対折れるって!


ビームマグナム
なんでこんなにややこしい形してやがるんだよこのビームマグナムはっ!
なんでこんなにややこしい形してやがるんだよこのビームマグナムは!
ややこしいけど作るのは難しくはなかった
手間はかかったけど

ビームマグナムッ!!
ビームマグナムッ!!

ユニコーンモード、まだボーンを入れないとポーズが付けられない、え?ポーズなら付いてるだろって?簡単なポーズなら付けられるように調整してあるのだ!
ユニコーンモード
まだボーンを入れてないのでポーズを付けられない
え?ポーズなら付いてるだろって?
簡単なポーズなら付けられるように立体の回転中心を関節の回転中心に合わせてあるのだ

ユニコーンモード正面、まるで白騎士!
ユニコーンモード正面
まるで白騎士!

ユニコーンモードもカッコイイんだよなぁ
ユニコーンモードもカッコイイんだよなぁ
でもユニコーンモードでの活躍が少ないのが悲しい・・・

ユニコーンモード後ろ姿
ユニコーンモード後ろ姿
お尻にビームマグナムの予備カートリッジを装備させた

ぐへへへへぇ、ようやく完全な姿になったぜぇぇぇっ!
ぐえっへっへっへっ、ようやく完全な姿になったぜぇぇぇっ!

デストロイモード正面
デストロイモード正面

シールドの裏側はあんまし見ちゃダメ!
シールドの裏側はあまり見ちゃダメ!

デストロイモード後ろ姿
レンダリング画像はもうちょっと待って下さいませ

ふうっ、とりあえずモデリングは完了したけど、まだボーンが入ってない
ボーンを入れて動かして・・・
ガンダム地獄はまだまだ続く!


ってなわけで今回はこのへんで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。