ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
gif難航中・・・もちょっと待ってくださいまし
ふみゃ~ご
連休は結局日曜しか休めなかったざます
ま、その前が連休みたいなもんだったからいいけど・・・

gifアニメは難航中なのであります
何せかなりテキトーにボーン組んだから動かし難いったらありゃしないのでありんすよ
そんで今、ボーンを入れなおして少し動かしやすくしてる途中であるのです

ということで、も少し待ってくださいまし

今回の更新は短くてゴメンナサイなのだ。
あんまり書くことがないけど画像追加
エヴァ初号機 六角 曇った屋外 三時間四十六分四十二秒
ぐりぐりっとgifアニメさせようと試みてるんだけど難しい・・・
もちょっとかかりそうだよ
エヴァインチキアニメ調
↑GIMPで加工してインチキ臭いアニメ調に
こんな感じもいいかもしれない
エヴァ初号機 暴走 レンダリング時間二時間五十六分三十八秒
あお~ん!
暴走じゃ暴走じゃ!
エヴァ初号機 暴走 レンダリング時間二時間五十六分三十八秒 2
今回はあんまし描くことがないのでこの辺で。
エヴァンゲリオン初号機リフトオフ!・・・でレンダ地獄!
エヴァンゲリオン初号機リフトオフ!
ってことで初号機完成した
エヴァ初号機三時間十三分三十一秒
今回は六角大王でレンダリングしてみた
チョイとばかしメタメタメタルな仕上がりになっちまったい
というのも、紫色というのはなんか難しいのだ
光沢を抑えてリアルな感じにしようとするとどうにも質感が軽くプラスチックみたいになるし、重厚感を出そうとすると色を暗くして反射光沢を強く出さないとみたいな?
エヴァ初号機三時間八分十秒
しかし六角のボーンはポーズをつけるのがめっちゃ大変だ
S6になってから大分ポーズを付けやすくはなったけどボーンの可動制限と衝突判定がないのがきつすぎる
終作さま~っ次のヴァージョンではボーンの可動制限と衝突判定を付けてくださいませ~っ
エヴァ初号機二時間五十一分五秒
メタルメタルした質感もちょっとアレなんでメタル感を抑えてレンダしてみた↓
エヴァ初号機 曇った屋外二時間三十九分十五秒
うん、結構いけるでないかい?
この感じでレンダしなおそうかな?

で、いつものレッドクイーンでもレンダリングしてみたんだけど
レンダリング時間が何故か半端なく長い・・・
エヴァ初号機 レンダリング時間六時間十九分四秒-rq2
↑これが六時間十九分四秒かかった
で、lwo形式で書き出しなおして再びレンダしなおしたところ約二時間でレンダリング完了した↓
これはいつものレッドクイーンでのレンダ
ここで問題です
このレンダリングの時間の差は何故でしょう?




答え:わかりません(爆!)



今回のレンダリングはあまり納得の行くものではないのでもうしばらくはレンダリング地獄を見なくてはいけないかもしれない



う~む、それにしてもお台場ガンダムみたいな質感にしたいんだけどなかなか出来ないんだよね
正解は見えてるんだけどそこに近づけるのが難しいのだ
あのガンダムを一目見たときからこの質感を出すのは難しいだろうなぁと直感してたんだけどやっぱり難しかった
でもいつも使っているレッドクイーンより六角の方があの質感は出しやすそうな気がする


グリグリ~はも少しお待ちを。

モデリング完了!後は骨を入れてレンダするだけ!
やっとこさモデリングが完了した
しかし、またしてもエヴァのデザインのアバウトさには参ったざますよ
ここのマークが五角形がったり六角形だったり七角形に見えたりイラストや模型ごとにまちまちだったりするから困る・・・。
↑このマークがイラストやフィギュアによって五角形だったり六角形だったりいちいち違ってたりするのだ
魂スペックやリボルテックのフィギュアでは六角形だし映画のパンフでは五角形だし別のフィギュアでは緑と黄色の部分がなくて黒だけだったり・・・
結局パンフに載ってる設定画を参考にしたけどええかげんだなぁ~
腕のポリゴン割りはこんな感じ
腕のポリゴン割りはこんな感じ
手のひらのポリゴン割
エヴァの手は普通のロボの手と違って人間の手そっくりだ(だって人造人間だもの)だから他のロボから流用できない
ということで新造した

実は手を最初から作るのは今回がはじめてだったりする
ロボの手は結構作っているのだが人間の手は作ったことがない
いつもはめんどくさいのでライブラリの人間の手を改造して使ってたりするのだ
やっぱり手はめんどくさいけど自作した方が見栄えがいいね
後ろから
あとはボーンを入れてレンダリングするだけだ
下からのあおり
ボーンを入れないとガトリングガンを待たせられない
でも、ボーンを入れるのがまた大変なんだよなぁ
横から見たとこ
ところで、話は変わるけどアニメに出てくる博士って専攻が不明な万能博士が多いよね?
赤木リツ子さんも専攻が不明だよね
コンピューターのマギの専門家だとおもったら綾波のクローン作ってたりして生物工学の専門家っぽかったり・・・
コンピューターと生物工学の専門家だからこそエヴァの開発に携われるのかもしれないけど
モデリングは完了、あとは骨を入れてレンダリング
さらに話は変わるけどエヴァの手には爪があるっぽいけどちゃんと爪は切っているのだろうか?
エヴァの爪を切るのはめちゃめちゃ大変だと思うぞw
俺は深爪愛好家なのでそういうしょ~もない事がみょ~に気になるのであった
正面から、膝を少し曲げての立ち方がデフォだから蟹股になるぅ~w
さて、早いとこボーン入れてレンダするべ。

EM-226evangelion専用携帯型回転式多砲身440mm機関砲 あ~長い名前
ゴメンナサイ、まだ腕を作ってません
何で腕を作ってないのかというとちょこっと小物を作っておきたかったから
腕を作って完成させてしまうとそれで満足してしまって小物を作る気力がなくなりそうだからだ

で、作った小物がこれ↓
ガトリング砲

EM-226evangelion専用携帯型回転式多砲身440mm機関砲
なんて長い名前なんだ
序の第五使徒戦で初号機が使っていたガトリング砲だ
横から~
設定画の画像が見つからなかったため魂スペックのフィギュアの画像を見ながらなるだけ忠実にわからないところは適当にごまかしたりアレンジを加えながら作ったのだ(忠実とはいえないなw)
もひとつ横から~
このガトリング砲、カッコイイのだけど給弾機構が謎だ
銃器に詳しくない方にはわからないだろうけど昔ガンマニアやってた俺の目から見るとなんじゃこりゃ?と首を傾げたくなるデザインなのだ
ポリゴン割
まず変なのは排莢口の後方にマガジンがあること、これが給弾機構を謎にしている
実在の銃器はマガジンのすぐ上に排莢口があるのが多い
給弾機構の関係でそうなることが多いのだ
それと機関部が短すぎてボルトの後退量を稼げない
ガトリングガンの内部機構を知ってる人ならわかると思うのだけど説明しにくいなぁ
ガトリング回転

で、デザイン的に納得いかなかったから実際にあったらこうなるだろうってな感じでデザインをアレンジしたヴァージョンを作ってみた
チョイとアレンジしてみた
マガジンを前にやり、機関部を延長して排莢口の位置を調整して駆動用のモーターみたいのを付けてみた
チョイとアレンジしてみたの横から

チョイとアレンジしてみたの横からの反対側

アレンジ無しのものと比較するとこうなる↓
上が公式下がアレンジ

ガトリング砲アレンジデザイン回転
なんか他にもいろいろ書こうと思ったんだけど疲れて手が動かないや
というわけでまた次回。