ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
あと一息、でも重ろ~っ!
もう一息で完成
あと一息、小さな二連リングを作れば完成する
この段階でやたら重い
完成させてレンダリングするためにメタセコデータに変換したらどんだけ重くなるのやら・・・。

しかしこれ、バランス取るのがやたら難しい
リングがいくつか連なった構造をしてるのだがリング状のものというのはパースがどのくらいかかっているのか非常にわかりづらい
このストレンジクラフトの写真はおそらくかなりの望遠レンズで撮っているのではなかろうか?
六角の画角を90ミリくらいに合わせてバランスとってみたんだけどこのバランスであっているのか疑問だ
ところでこのストレンジクラフト、パースの付き方とディティールの感じをみると巨大なものを遠くから望遠レンズで撮ったように思えるのだけど実際の大きさはどのくらいだろう?
倉庫みたいな建物を背景にした明らかにCGと判る画像はかなり小さい感じだがこういうものは巨大な方がロマンがあると思う

この部分の形状がよくわからない
ドローンズはどれもそうだが上から撮った画像がないので上面が良くわからない
特にこの部分は影で黒く潰れてしかも画像の解像度が低いのでかなりのところ想像で作っている

この棘の配置が画像によって微妙に違うような気がするのは気のせいか?
ディティールを確認するために穴が開くほどドローンズの画像を見ていたんだけど、どうもこの部分の棘の配置がスチール写真と動画のものとでは微妙に違うような気がする
俺の気のせいか?
動画とキャレットプログラム云々は誰かが面白がって作ったCGなのは間違いないのだろうけどスチール写真の方は本物のUFOではないかという気がしてきた
99パーセントCGなんだろうけど1パーセントくらいは本物じゃないかと思ってたほうがロマンがある

もう一息、早く完成させたいが最近忙しくてなかなか製作時間が取れない
え、忙しい割にはカルポの大会に毎回参加してるじゃないかって?
それはそれ、これはこれだよん
■二脚限定!夏休み9・16・25チップ大会エントリー
今回の更新はカルネージハートポータブルに関して

■二脚限定!夏休み9・16・25チップ大会が開催される
当然のごとくエントリーしたのだがこの大会、早くエントリーしたほうが有利なのだ
エンブレム作っていたら、あ~っ出遅れた~っ

今回エントリーしたのは綾影
150mm対徹 F12ショット デス タイフーン 冷盾盾の突撃機だ
開幕でタイフーンを撃ってから急速移動で近づきカノンは伏せでかわしそれ以外の弾は遠距離格闘で蹴り飛ばし、というか見なかったことにして強引に接近
デスとショットガンの移動射撃で押しまくる
自分で発射したデスを踏んでしまうこともある困ったちゃんだ


今回もうひとつ5×5でトリンカーも作ったのだがどう見てもトリンカーのほうが強い
何度戦わせてもトリンカーのほうが勝つ
カノンアラクネーなどと戦わせてもトリンカーが勝ってしまう
何故そのトリンカーを出さなかったのかというとそのトリンカーはスプー機に弱かった
今回、デス搭載機とスプー機がかなり多いらしい
綾影のほうは盾二枚装備してるし格闘を見ると距離に関係なくバックジャンプショットガンするようにしているのである程度スプーにも対応できる
それにトリンカーのほうはある程度対空戦闘も可能なので他の大会に出すことも出来るし綾影は対地特化でこの大会をのがすと他の大会では弱すぎて使えないし何より綾影のほうがカッコイイ!

でもやっぱりトリンカーのほうがよかったかなぁなぁんて思っちゃったりなんちゃったりして。
無駄にハイポリ・・・。
う~む、俺の悪い癖だ
無駄にハイポリになってしまう
現在の進捗状況

今のところこのぐらい出来たのだが下部の鳥かごみたいなところ、実に無駄にハイポリになってしまった
プリミティブの長方形の棒の断面の形を作ってからナイフで切ってグニグニ曲げて鳥かごみたいな部分の太いところを作ったのだけど、チョイ角ばってしまったかな~なんて思ったりなんてしたものだから曲面形状で等分割で二分割なんてしてしまった
さらにそれを曲面化してたりする
てなわけで鳥かごみたいな部分は無駄にハイポリだ
無駄にハイポリ・・・。

さらに無駄なのは羽根?見たいなモノがついているドーナツ状のパーツ
六角柱から成型して作ったんだけど、ほとんどカタチが出来てからこれでは分割がたりなくて角かくして見えるなぁ、なぁ~んて思っちゃったりなんちゃったりしちゃったもんだからやっぱり曲面形状で等分割の二分割
六角柱の段階でやっておけば良いものをほとんど形かできてからやるものだから完全に横線の半分は無駄になってまする~っ!

しかしいくらなんでももう少しローポリで作らないといかんと思う、我ながら・・・。
いくらなんでももう少しローポリで作れよ俺・・・。

でも、ストレンジクラフト、あるいはドローンズと呼ばれるものを作るのはなんか楽しいからついついハイポリになってしまうのだ
なんて浮気性なボクチン!
忙しいのと夏バテで最近更新が滞ってしまった

それにしても俺はなんて浮気性なんだ
またしてもmk-54ほったらかして変なもの作り始めている
さてこれは何でしょう?
なぜかこんなもん作っている方がノッてくるのだ

それはそうとニコニコ動画でこんなもの見つけてしまった

あんましかわいいので俺もマウスカーソルをはちゅねさんにしてしまった
このはちゅねを改造して三角口バージョンと居眠りバージョンを作ってみた
はちゅね三角口

はちゅね眠り

三角口の方はバックグラウンドで作業中に、居眠りの方は待ち状態に設定してみた
少し使いにくいけどカワエエ!

コメント分担大会&超遅ればせながら第六回団体戦感想
今回の更新はカルネージハートポータブルの大会について

まずは超遅ればせながら第六回団体戦の感想から
ほんとはもっと早く書こうと思っていたんだけど夏バテでへばっていたので書けなかった
第六回団体戦で気になる機体が二、三あったので感想を書いておく

まずは髭レッドさんのプロトタイプ アヤクマ
スプー綾影だ
綾影はまっすぐスプー前進させるのが難しいのだがこの機体は下段格闘と急速前進そして急速右移動をキャンセルで組み合わせることによりまっすぐ前進させている
敵に近づいたらデススフィアを置いておいて下段格闘と急速前進のキャンセル格闘で敵を蹴り飛ばす
カッコイイ!
決して強くはない、おそらくこれ以上強くすることも難しいかもしれない機体なのだが俺の心はこのアヤクマに完全に奪われてしまった
あまりのかっこよさに模倣機まで作ってしまった
模倣機、アヤクマレプリカはロケットとソニック装備だったりかなりアヤクマとは仕様が違うのだがアヤクマの魅力を少しは再現できたと思う、大会に出すことはないと思うけど
それにしても髭レッドさんは機体はアラクマーといいプロトタイプアヤクマといいこうも魅力的な機体ばかり作りなさるのだ
アヤクマは決して強くはないのだけれど二脚の夢とロマンに溢れている

次はまのさんのチャベスLv.2
この機体にも俺は魅了されてしまった、またもや模倣機を作ってしまった
チャベスLv.2の模倣機はコメント分担大会に出してしまった
なんか模倣機ばかり作っているな俺
チャベスLv.2は加速装置二枚同時起動でキャンセル下段格闘の迫力が凄まじい機体俺が団体戦に出した王牙 弐式との対戦で王牙は格闘に対してバックジャンプショットガンで対抗するようにしてあるので大丈夫とたかをくくっていたのだがシールド二枚でひるまないわ加速二枚で速いわでジャンプするまもなく刈り取られてしまった
これで完全に俺は魅せられた
魅せられてしまってその後チャベスLv.2の戦いは見ないようにした
なぜなら見てしまうと完全なマネっこしか作れなくなるような気がしたからだ
そんなわけで作った模倣機がGULFIN25だ
これはコメント分担大会に出場させた


コメント分担大会だが先にスクリーンさんとDumboさんにあやまっておきます
かなり短めのコメントしかかけなくてごめんなさい
仕事中コメント考えていた時は結構長めのコメントになると思っていたんだけどいざ帰宅してキーボードに向かうと考えていたコメントが完全にぶっ飛んで真っ白になってしまった
鳥頭だ・・・orz

今回出場させたGULFIN25は六位だったそこそこいい線いったかな?
いただいたコメントが改良すべき点がわかって実にありがたいものだった
コメントを元に早速改良してみた
敵のジャンプに対して上段格闘を合わせていたのをキャンセル下段格闘のままに、地雷に対してガードを、複数被ロック時は伏せではなく特殊アクションによる回避を、ジャミング対策は指摘されるまで完全に失念してました・・・さて冥界でどうジャミング対策したらいいものやら・・・。

それと今回優勝した大犬太さんの三十六計酒酔零式甲について書かないわけにはいくまい
コメント書くためにリーグ回して見ていたら、あれっ?大犬太さん一機しか機体が入ってないぞ?ミスったのかな?と思ったらアイヤーッたまげた驚いた急速後退キャンセルで逃げ回る速い速い!
そういうことかぁ~っ!
逃げ機体ならば一機しかいないほうが有利!
こりゃまたまさにコロンブスの卵的発想!
誘導妨害がついてないが敵から撃たれたムラマサが追いつけずはるか前方ですべて自爆!こんな光景初めて見た、カコイイ!
これは本大会に出たら優勝間違い無しのチーム(単機でもチームなのか?)だ
きっと本大会では対策されるのだろうけどこの戦法対策が難しい
ジャミングか地雷を広範囲に撒くぐらいしか思いつかない
あるいは戦闘開始直後に敵が一機しかいなければ自チームを左右に展開させて挟み撃ちにするか?
それで効果はあるのか?

あと三十六計酒酔零式甲と好対照なのがまのさんのシャルロLv.4だこれも逃げ機体なのだがこちらは結構攻撃的だ
集中ロックしてミサイルを放ち敵が被弾=ECMが無いと見るや情け容赦なくミサイルを全弾発射!すばやく敵の一機を落とし数的有利を作り逃げ回る
ゼウス2のときの逃げモッキンを彷彿とするチームだ
集中ロックしてミサイルだけ撃ち敵が被弾したらECMが無いと判断するというのは逃げ以外の機体にも使える戦法だと思う
面白いので手持ちのチァーイカにやらせてみよう


それと大会とは関係ないのだが前回放送のマクロスF、ケーニッヒモンスターのノーズアート!あれはなんだっ!アレは完全にケシカランエンブレムではないかぁ~w!
わははははっマクロスの製作スタッフにカルポやっている人がいるのか?
それともマクロス製作スタッフの魂は俺の魂にシンクロしているのか?
ケシカランエンブレムは俺の専売特許だぞォw
なぁ~んてケチな事は言わないからもっとやってくださぁ~いw

M66重過ぎるよ・・・ということでmk-54製作再開
M66に色々ポーズをつけようと思ったのだけどあまりにもアホな髪の作り方しまったために重すぎてちょっとしたポーズをつけるのもどえらい大変だったりする
しかも足を動かそうとするとどうしてもパンツ部分に内股が干渉してしまうことが判明してしまった
ということでここは気分を変えて製作を中断していたmk-54の製作を再開することにした
ポリゴン荒削り
通常俺はロボットなどを作る時はまず頭を作りそれにあわせて胸、腹、腰と作って頭との対比でバランスをとっていくのだけどこのmk-54だとなんかバランスがとりにくい気がする
いつもは胸を完全に作ってしまってからでないと腹や腰を作らないのだけどmk-54に限ってはそういう作り方ではバランスが取れないのでポリゴンを荒削りに削りだしてバランスをとっていくことにする

しかし、最近忙しすぎる
あまりに忙しすぎて六角大王を起動しても集中力が三分と持たないのは困ったもんだ