ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
ストレンジクラフト九州某所に現る?・・・うそです
チョット違和感

↑背景と合成してみたのだがなんか違う
あのドキッとするような恐怖感が出ない。
背景となじませるためガウシアンぼかしをかけすぎたか?
あとパースが合ってないというのもあるだろうか?
携帯のカメラの焦点距離って何ミリぐらいなんだろ?
うまく決まらない

なんか違う

正面?

OKE総集編
今回の更新はジュピターにアップしたHANA20.CHPの解説。
ストレンジクラフト

[OKE総集編]の続きを読む
手を合わせて見つめるだけ~で♪
ストレンジクラフト4

チャララ~ン チャラララ~ン♪

ありゃあ~おらが畑仕事していたときだよ
あの山の向こうからパチパチと音を立てながらへんてこりんな物体が飛んできただよ・・・
ストレンジクラフト3

ストレンジクラフト2

ストレンジクラフト1

テクスチャのまずさが目立つなこれは



冗談はさておきストレンジクラフトである。

ストレンジクラフトって何じゃ?って人のために説明しておかねばなるまい。
雑誌ムー7月号№320に掲載されているUFOのことだ。
今年の四月にチャドという人が撮影したUFOでウェブサイト上で公開され、あまりの鮮明さとそれまでにない奇怪でかっこいい形から話題になっているのものだ。

http://www.coasttocoastam.com/gen/page2022.html?theme=light
↑これが元ネタなのだが最初にこの写真を見たときに思ったのが何これかっこいい!でも鮮明すぎてCGかもしれない
なんかわからんがかっこいいから3DCGで作ってみよう
と、いうわけで作ってみた。

背景と合成するとよりそれらしくなるんだろうけど背景に使う写真を撮ろうと思ったら梅雨で雨。
晴れたら写真をとって合成してみようと思う。

このストレンジクラフト本物のUFOなのだろうか?CGなのだろうか?
あまりにも鮮明すぎてうそ臭く見える。
だが鮮明だからうそだと断定することはできない。
最近はカメラの性能が上がってきているから鮮明なUFO写真が撮れないほうがおかしいのだ。

鮮明なUFO写真といえばアダムスキーとマイヤーのものが有名だ。
マイヤーの写真はほぼ間違いなくトリックということが判明している
これは俺も異論がない。
アダムスキーの写真もトリック説が有力だがこれに関しては俺的にはグレーゾーンだ。
アダムスキーのUFO写真がトリックという根拠がアメリカやソ連の宇宙探査でアダムスキーがコンタクトを取った宇宙人の母星である金星や火星がとても生物がすめそうもない環境にあるということが判明したからだ。
だが俺としてはアメリカやソ連が公表している火星や金星の情報に疑問を感じ得ない。
特に金星、90気圧もある炭酸ガスの大気は鉛が溶けるほどの高温と言うのがあまりにもインチキくさい。
大気圧というのは大気の重さじゃなかったっけ?
二酸化炭素がいくら重いと言っても金星の重力は地球の重力よりも少し弱いぐらいなのに90気圧と言うのはどういう理屈だ?
後金星の自転と雲の動きがあっていないと言うのもある。
余談だが俺はアポロ宇宙船が月に着陸したと言うのも疑問を持っている。
月の裏側の写真があるから少なくとも月の周回軌道まで入ったのは確実だろう。
だが本当に月に着陸したのかは疑問だ。
月には大気がない。
だから月の周回軌道から月表面に着陸するためには減速にロケットを使わなければならない。
いくら月の重力が地球の六分の一だといってもあの小さな月着陸船に詰める燃料で減速可能なのだろうか?
さらに月着陸船の上半分は再び月の周回軌道まで打ち上げられねばならないのだ。
月着陸船は座席がなく立って操縦しなければいけないほど狭いらしい。
そんなちっぽけな着陸船のロケットのわずかばかりの推力と燃料で月の周回軌道上まで上がれるのだろうか?月の周回軌道は上空何キロメートルぐらいだろうか?
地球には大気があるので地上100キロメートルぐらいまで上がらないと衛星軌道として安定できない。
月は大気がないのに加えて重力が地球の六分の一しかないためもっとずっと低い軌道のはずだ。
月の周回軌道というのは何キロメートルくらいなのだろう?
地球の衛星軌道に乗るには最低でも毎秒9.8キロメートルの速度が必要だ。
月の重力は地球の六分の一だから単純に9.8を6で割ってみると毎秒1.633・・・キロメートル
実際はそんなに単純なものではないのだろうがかなり大雑把にかなり控えめに考えても毎秒1キロメートルぐらいの速度は必要だろう。
毎秒1キロといえば音速の約三倍近い。
月着陸船のあのちっぽけなロケットエンジンと燃料でそんな速度まで加速できたのだろうか?
たとえそこまで上がれたとしても今度は司令船とランデブーしなければならない。
あの当時の8ビットしかない初代ファミコン程度の性能しかないコンピュータで計算できるのだろうか?

話がずれまくった。
ストレンジクラフトの動画も存在している。
http://www.youtube.com/watch?v=XJiCxWUlgcY&NR=1
↑これはなんか本物っぽい。

http://www.youtube.com/watch?v=FRv3WAEnHMc
↑これはCG

http://www.youtube.com/watch?v=XIfr12XhrZE&NR=1
↑これもCGらしい

http://www.youtube.com/watch?v=WPARke2oLUE&NR=1
↑あきらかにCG

http://www.youtube.com/watch?v=fvnueziF_gk&NR=1
↑これもCG

http://www.youtube.com/watch?v=rBEYc5OUUtw&mode=related&search=
↑凶悪化してますがCG

おれもこれくらいのCG作れるようになりたかとです。

しかし俺もいろいろ作ってきているけどラインナップを見てみると激しくカオスだな・・・。
[手を合わせて見つめるだけ~で♪]の続きを読む