ハナアノレキ
なんとな~く3DCGを公開するのであります。
六角S6ゲットだぜ!
六角S6ゲットだぜ!
ということで、今回はシェリルのモデリングはチョットお休みして六角大王S6の新機能のレンダリングを試してみた

以前作ったものを六角S6でレンダリングしてみた
テスタロッサ六角テストレンダ1
↑これは失敗、パラメーターの勘がわからずテキトーに設定してみたもの
ギンギンギラギラだ
簡単設定の晴れた屋外を使ったと思う(よく覚えてないのだ)
テスタロッサ六角テスト2
↑今度はチョットいい感じだけど光沢が少しきつすぎた
これは寝る前にレンダリングし始めてレンダリング進捗率96パーセントぐらいで出勤時間となりレンダリングを中止しているのでアンチエイリアスがところどころ荒い
時間は4~5時間(忘れちまったんだよ~)ぐらいかかっている
綾波 六角レンダ99テン66パーセント
↑これも失敗、白目が暗くなりすぎて怖い・・・それと肌の影が黒っぽすぎてなんかリアルさにかける

でも首から下はいい感じ、特にレッドクイーンでは上手く出すことが出来ない透明ポリゴンの反射光沢がちゃんと出てる!
こりゃあええっ!

しかしこれも時間切れで進捗率99.66パーセントで中止したもの六角のレンダはレッドクイーンより時間がかかる
しかもマルチコア対応なのでレンダリング中はCPUの使用率が100パーセントになるため他の作業が出来ない・・・いや出来るかもしれないけどフリーズしそうで怖い

レッドクイーンでのレンダならCPU使用率50パーセントぐらいだからレンダリング中でもネットサーフィンぐらいなら問題なく出来るのだが
綾波六角2
↑こえええぇぇ!これも失敗、邪神化しちゃったよ
綾波 六角96パーセント
そこそこいい感じだけどこれも失敗
髪の毛のテクスチャのアルファが上手く抜けないのは六角の仕様なのか?
六角のレンダは光沢の表現は綺麗に簡単に出来るみたいだけど肌とかのマットなつや消しの表面はなんか上手くいかない
なんかじとってした感じに見えるのは俺の気のせいだろうか?
綾波 六角90パーセント
↑可動Fさんのブログで肌には自発光を入れるといいらしいとか知ったので自発光を50パーセントくらいまで上げてみた

上げすぎた・・・orz

あと光の当たらない部分の明るさを100パーセントまで上げた

上げすぎた・・・orz

それにしてもライブラリウィンドゥにプリセットの肌のマテリアルとかあるのは非常に嬉しいのだが肌のテクスチャ付きマテリアルはどう使えというのだ?
UV展開も無いというのに?

広域照明を使ったレンダリングも試してみようと思ったのだけど五時間たっても進捗率が半分ぐらいだったから断念した
ビッグベイジン六角レンダ
↑ドローンズもレンダしてみる
なんかシャープさに欠けるな
これも影が黒すぎる
自発光を入れるといいかもしれない

ちなみに六角の自発光はメタセコの周囲光に相当するのかもしれない

レンダリングすると鋭角率1パーセントから99パーセントの線が鋭角線ではなくなるのが困りものだ
俺のモデリングは鋭角率80パーセントとか使いまくりだからレンダリングする時は曲面形状で等分割しなければならない
そうするとアホみたいに重くなる・・・

失敗作ばかりじゃアレだから
ラーズアングリフ六角レンダ四時間かかった・・・。
光沢が強くなりすぎたけどこれはいいでしょ?
レッドクイーンでのレンダよりいいかもしれない

光沢といえばお台場のガンダムの画像見たけどアレは参考になるなぁ
実物大の光沢はあんなふうになるのか
光沢を実物大のガンダムに近づけてもう一度レンダリングしてみよ~っと

これでレンダリング時間は四時間
レッドクイーンだと二時間ぐらいで済むのだが・・・

でもレンダリング時間が長いのはそんなに嫌いじゃない
人類の英知の結晶であるパソコンの性能を使い切るなんて3DCGのレンダリングぐらいじゃないと一般人には出来ないよね?
それで時間がかかるってことはものすごいことをPCにやらせてるって感じがしてなんか嬉しくなるのだ

六角でのレンダリング中はネットサーフィンは怖くて出来ないのでレンダリング時間が余計に長く感じてしまう
ちなみに俺のPCのスペックはペンD2.66GHzメモリ1.5G

ああいかん!レンダリングにうつつを抜かしてないで早いとこシェリルを完成させないと。
動画誰も落としてないσ(TεT;)
ラーズアングリフの動画まだ誰も落としてないみたい
ちょっと寂しいのでよつばにうpしてみようと思う
ラーズアングリフ動画
ラーズアングリフの12秒ていどの短い動画を作ってみた
F・ソリッドカノンを構えて撃つというだけのものだ
よつばのロダにうpしようかと思ったのだがあまりいい出来ではないかなと思ったので斧にうpしてみた
He_45972.rar
パスはtest
興味があれば落として見てくらはい